トップページ > 治験コーディネーター(CRC)の転職成功事例 > 26名の保健師出身の治験コーディネーター(CRC)の転職成功事例

26名の保健師出身の治験コーディネーター(CRC)の転職成功事例

治験コーディネーター(CRC)の転職成功事例

26名の保健師出身の治験コーディネーター(CRC)の転職成功事例をご紹介します。

他の方がどのように治験コーディネーター(CRC)への転職を成功させたのかをまとめました。治験コーディネーター(CRC)への転職を成功させるための情報やノウハウが満載ですので、他の方の治験コーディネーター(CRC)への転職が成功した要因をご参考にご自身の転職活動にお役立てください。

看護師 臨床検査技師 保健師 薬剤師 管理栄養士 臨床工学技士 理学療法士 作業療法士 臨床心理士 MR CRA経験者

CRC未経験ながら年収500万円スタート

写真
20代後半/男性
千葉県/2017年
看護師、保健師
応募した数
約1社
面接を受けた数
約1社
転職活動の期間
約2週間
満足度
口コミ評価5点
転職前 → 転職後
病院 業種 SMO
看護師 職種 CRC
約500万 年収 約500万
年収にこだわって転職活動をした結果、年収500万近くの提示をもらい大満足です。
前職は看護師として年収500万前後をもらっていました。また、一人暮らしをしていましたので、なるべく年収を下げたくない思いがありました。

CRCばんくの方に治験コーディネーターの年収を確認したところ、選考難易度は高いですが、未経験でも500万近くの年収をもらえる就業先もあるとの説明を受けました。私の経験と応募条件が一致していたこともあり、まずは年収を重視し、その1社に絞って転職活動を行いました。

応募書類の添削や面接練習、筆記試験対策などを受け、なんとか内定をもらうことができました。そして提示を受けた給与は色々な手当も含めればほぼ年収500万前後という非常に良い待遇でしたので、即決で承諾をしました。

非常に満足のいく転職活動になったと思います。

成功のポイント成功のポイント

成功のポイント
看護師から治験コーディネーター(CRC)へ転職する場合は、年収が下がることを懸念されている方が多いようです。実際に下がる方が多数です。

しかしながら、今回の方のように看護師としてきちんとしたキャリアを積んでいれば、年収を下げずに転職できる場合もあります。

CRCばんくでは年収査定を無料で行っていますので、治験コーディネーター(CRC)へ転職した後の年収がどうなるか気になる方は、ご利用してみてはいかがでしょうか。

もしかしたら、あなたも高い年収を維持したまま、治験コーディネーター(CRC)へ転職できるかもしれませんよ。

転職回数が5回以上と多かったですが治験コーディネーター(CRC)へ転職成功

写真
30代前半/女性
京都府/2017年
看護師、保健師
応募した数
約1社
面接を受けた数
約1社
転職活動の期間
約8週間
満足度
口コミ評価4.5点
転職前 → 転職後
役所 業種 SMO
保健師 職種 CRC
約300万 年収 約350万
転職回数が5回以上と多いにもかかわらず保健師から治験コーディネーター(CRC)へ転職できました。
以前から治験コーディネーター(CRC)に興味があり、思い切って転職しようと考えCRCばんくに申込みをしました。

不安に思っていたのは転職回数の多さです。私は色々な事情により転職を繰り返しており、転職回数は5回以上と多く、転職で不利にならないかが心配だったので、CRCばんくに申込みをしました。

まず最初に担当者から確認を受けたのは、転職理由です。そして、担当者から言われたのは「可能性はあるのでがんばりましょう」とのことでした。転職理由と過去のデータから治験コーディネーター(CRC)へ転職できるかが分かるようでした。

その後は、転職理由の多さを書類選考・面接でどのように説明するかを細かく打ち合わせを行いました。転職回数が多いため、かなり時間がかかりましたが、自分が納得するまで相談につきあっていただきました。説明の仕方は一人では考えつかないものがいくつもあり、感心することも多かったです。

その後、紆余曲折をへて無事に内定をもらうことができました。転職回数が多くても、治験コーディネーター(CRC)へ転職できることもあると分かりました。諦めずに相談して良かったです。

成功のポイント成功のポイント

成功のポイント
転職回数が増えると、治験コーディネーター(CRC)へ転職できる可能性が減っていきます。

特に20代で2回以上、30代で3回以上の転職をされている方は治験コーディネーター(CRC)へ転職できる可能性が少ないと言えます。

しかしながら、治験コーディネーター(CRC)へ転職できるかどうかは、転職回数だけで決まるわけではありません。そのため、転職回数が多くても治験コーディネーター(CRC)へ転職できた方もたくさんいらっしゃいます。

転職回数が多いと不利なのは間違いありませんが、「どうしても治験コーディネーター(CRC)へ転職したい」という方はCRCばんくの担当者へ相談されても良いと思います。

転職先をCRAからCRCへと変更。無事にCRCへ転職成功。

写真
20代後半/女性
東京都/2017年
看護師、保健師
応募した数
約9社
面接を受けた数
約6社
転職活動の期間
約12週間
満足度
口コミ評価4.5点
転職前 → 転職後
病院 業種 SMO
看護師 職種 CRC
約450万 年収 約390万
最初はCRAになろうと活動をしていましたが、途中でCRCへと方向転換した結果、無事にCRCになることができました。
当初はCRAになりたいと思い、転職活動を行いました。CRAばんくさんの力を借りながら、面接を受け続けるも、全敗。しかも、不採用の理由は私の人格を全否定されるようなものばかり。心が折れすぎて麻痺しました。

不採用→不採用理由を修正→面接→不採用→不採用理由を修正→面接 の無限ループでした。

CRAを目指す転職活動も2ヶ月が経過し、これ以上、転職活動を続けることは難しいと思い、看護師が有利と言われているCRC狙いへと方向転換しました。

ところが、こちらも一社目は面接で不採用。再び心が折れかけましたが、2社目で無事に内定をもらうことできました。

年収が下がってしまいましたが、まずはCRCを頑張って、CRAへの転職は将来の検討材料として残しておきたいと思います。

約3ヶ月の間、色々なわがままにおつきあいをいただいた担当者に感謝です。ありがとうございました。

成功のポイント成功のポイント

成功のポイント
CRAへの転職活動が上手く進まない時は、CRCを目指してみてはいかがでしょうか。

看護師からCRAへの転職は一筋縄では進みません。特に不採用が続くと、皆様、日に日に元気をなくしていかれます。そのような時は転職先をCRAではなくCRCへと変えてみてはいかがでしょうか。

CRAと異なり、CRCへの転職は看護師が最も有利と言われています。有利ということは、CRCは看護師が最も適しているということです。

誰しもが未経験からCRAへ転職できるわけではありませんので、1~2ヶ月転職活動をしてみて、難しい場合はスパッと目標を切り替えることも大切だと思います。

また、最後までめげない心を持ち続けることも心がけましょう。明けない夜はありません。一緒に頑張りましょう!!

初めての転職でしたが、無事に未経験で看護師からCRCへ転職できました。

写真
30代前半/女性
長野県/2016年
看護師、保健師
応募した数
約2社
面接を受けた数
約1社
転職活動の期間
約4週間
満足度
口コミ評価4.5点
転職前 → 転職後
病院 業種 SMO
看護師 職種 CRC
約470万 年収 約410万
転職をしたことがなく、治験コーディネーター(CRC)未経験でしたが看護師から転職できました。
看護師として10年前後、働いていましたが、同じ職場に治験コーディネーター(CRC)の方が来るようになり、仕事に興味を持ち治験コーディネーター(CRC)へ転職したいと思うようになりました。

今まで、きちんとした転職活動をしたことがなく、長野県で治験コーディネーター(CRC)へ転職できるか不安もありましたので、CRCばんくへ申込みをしました。

転職相談では治験コーディネーター(CRC)の仕事内容だけでなく、長野県の治験コーディネーター(CRC)の求人状況などを丁寧に説明してもらい、年収が多少下がるとのことでしたが、看護師の仕事も毎日同じことの繰り返しでしたので、別のこともやってみたいと伝えたところ、いくつか求人をご紹介していただきました。

残念ながら応募のタイミングが良くなかったようで、第一希望のところからは内定をもらうことができませんでしたが、無事に第二希望のところから内定をもらうことができました。

面接のために東京へ行ったりと慣れないことの連続でしたが、担当者のフォローもあり、安心して転職活動を行うことができました。事前に想定したよりも年収が下がらなかったことも嬉しかったです。

看護師になる時は転職活動らしいことを何もしたことがなかったので、看護師以外の職種へ転職することは結構、大変なんだと改めて感じました。

内定をもらった後は退職の仕方についても色々と教えてもらい、入社日までに退職することができました。

看護師以外の仕事は初めてということもあり、不安もあるのですが、まずは、治験コーディネーター(CRC)の仕事を覚えることに集中したいと思っています。

成功のポイント成功のポイント

成功のポイント
地方にお住まいの方は治験コーディネーター(CRC)について知らない方もまだまだ多いようです。

こちらの方は職場に治験コーディネーター(CRC)の方が来るようになり、仕事のイメージが湧くようになったので転職を決意できたようですが、勇気がなくて、なかなか治験コーディネーター(CRC)への転職を踏み出せない方もいらっしゃると思います。

そのような方は一度、CRCばんくの転職相談をご利用されると良いと思います。一人で転職活動をするよりも、誰かに色々と相談をしながら転職活動をしたほうが、安心して色々決めることができると思いますよ。

新たな業界である治験業界への挑戦

写真
30代前半/女性
富山県/2016年
看護師、保健師
応募した数
約1社
面接を受けた数
約1社
転職活動の期間
約5週間
満足度
口コミ評価5点
転職前 → 転職後
その他 業種 SMO
その他 職種 CRC
約370万 年収 約360万
私と同じ境遇の方のお話を聞けたことが転職決断の最後のひと押しとなりました。様々なサポートも充実しており、万全の状態で選考を進めることができました。
現在の業務に携わる期間が長いせいで、仕事へのマンネリ感が生まれていました。同じ仕事を今後も続けていくべきかを迷うようになり、年齢も30歳を超えていたので、最後のチャレンジと思い、転職活動を始めました。看護師としてはブランクもあったため、病院へ戻ることは避けたかったので、他の仕事を探していたときに、治験コーディネーター(CRC)という仕事があることを知り興味を持ちました。

転職サポートでは治験コーディネーター(CRC)の仕事の内容を説明いただいた後に、私と同じ仕事をしている他の方がどのように治験コーディネーター(CRC)への転職活動をしているかをご説明いただけたので、転職をする決断の最後のひと押しをしていただけたと感じています。

また、現在の仕事内容が少々特殊であるため、経歴を生かした志望動機を作成することに苦労したのですが、色々な相談をするうちに、治験コーディネーター(CRC)を目指す理由もはっきりさせることができました。応募書類の添削を丁寧にしていただき、面接前には面接チェックもしていただけたので、万全の状態で選考を進めることができました。

内定をとった後も色々と大変でしたが、様々なアドバイスをもらうことができ、無事に転職活動を成功させることができました。

成功のポイント成功のポイント

成功のポイント
最初にお問い合わせをいただいた時は治験業界の理解が少し心もとない状態でしたが、打ち合わせを重ねる毎に理解も深まっていきました。

富山県は応募できる求人が少なく、時には選考倍率が高くなってしまうエリアですが、面接ではとても良い評価をもらうことができました。ご自身の経験が治験コーディネーター(CRC)としてどのように発揮できるかを、きちんとまとめられたことが転職成功の勝因だと思います。

育休明けすぐの治験コーディネーター(CRC)への転職

写真
20代後半/女性
千葉県/2016年
看護師、保健師
応募した数
約1社
面接を受けた数
約1社
転職活動の期間
約5週間
満足度
口コミ評価5点
転職前 → 転職後
病院 業種 SMO
看護師 職種 CRC
約500万 年収 約380万
出産育児のブランクのハンデを乗り越えて無事に治験コーディネーター(CRC)へと転職できました。
出産育児明けの就業先を探していたときに、夜勤のない治験コーディネーター(CRC)の仕事を知る機会があり、かなりの苦戦が予想されたのですが、転職活動を始めました。

コンサルタントに相談すると、確かに出産のブランクと育児との両立は大変なことが予想されるものの、応募のタイミングがとても良く十分に内定を取れるチャンスがあると言われました。

正直なところ半信半疑なところもあったのですが、何度も相談をするうちに、治験コーディネーター(CRC)として是非とも働きたいという気持ちが強くなり、初めての転職活動でしたので慣れないことも多かったのですが、コンサルタントの指示を一つ一つ解決してくことによって、無事に内定をもらうことができました。

面接はかつてない厳しさで、事前に知らなければ上手くいかなかったと思いますが、前もって厳しい質問に対して考えをまとめることができたので、なんとか突破することができました。

何度も何度も応募書類や返答を添削していただいたので、コンサルタントの方にはとても感謝しています。

成功のポイント成功のポイント

成功のポイント
ブランクがあり、お子様も小さいという大きなハンデを背負っての転職活動でしたが、無事に治験コーディネーター(CRC)として内定をもらうことができました。

面接では育児と家庭の両立について、面接官からかなり厳しい質問が何度もありましたが、本人の働きたい意思が上回り無事に内定をもらうことができました。

ブランクや育児があっても本人の強い意志や状況が許せば治験コーディネーター(CRC)への転職ができる場合があります。まずは挑戦してみる気持ちが大切です。

30代後半で未経験から治験コーディネーター(CRC)へ転職成功

写真
30代後半/女性
宮崎県/2015年
看護師、保健師
応募した数
約2社
面接を受けた数
約1社
転職活動の期間
約4週間
満足度
口コミ評価5点
転職前 → 転職後
病院 業種 SMO
看護師 職種 CRC
約300万 年収 約400万
30代後半と転職できるか不安な年齢でしたが、無事に治験コーディネーター(CRC)へ転職できました。
病院で看護師を続けるのも正直、飽きてきたときに治験コーディネーター(CRC)という仕事を知り面白そうだと思い挑戦してみることにしました。

ただ、年齢が少し高いことや転職回数が多いこと、治験コーディネーター(CRC)の仕事内容が今一歩理解できなかったため転職相談に申し込むことにしました。

転職相談では治験コーディネーター(CRC)の仕事内容やメリット・デメリットなどを詳しく聞くことができ、理解をより深めることができました。付け加えて、私の経験が治験コーディネーター(CRC)としてどのように活かせるかを教えていただいた結果、自信を持って面接を受けることができました。

また、転職回数が多かったため、転職回数を少なく見せる応募書類の作成方法や、面接での返答の仕方を教えていただき、応募書類の見せ方や面接での述べ方を工夫しました。

他にも、応募先によっては30代後半の年齢でも選考とハンデにならないことを教えていただきましたので安心して転職活動を行うことができました。

成功のポイント成功のポイント

成功のポイント
未経験から治験コーディネーター(CRC)になるためにはご年齢が際どく、しかも転職回数が多い方でした。

しかし、経験が豊富な方を求めている応募先もありますので、ご年齢で治験コーディネーター(CRC)への転職を迷われている方は一度、ご相談いただけたらと思います。

また、転職回数が多い場合は、応募書類の作成の方法や、面接での説明の仕方に一工夫必要です。

地方では応募先は多くありませんので、万全の準備をすることによって少しでも内定をもらう確率を高めて転職活動を行うことが、未経験から治験コーディネーター(CRC)への転職を成功させる秘訣です。

結婚をきっかけに看護師から治験コーディネーター(CRC)へ転職成功

写真
20代後半/女性
東京都/2015年
看護師、保健師
応募した数
約1社
面接を受けた数
約1社
転職活動の期間
約4週間
満足度
口コミ評価5点
転職前 → 転職後
病院 業種 SMO
看護師 職種 CRC
約550万 年収 約390万
結婚をきっかけに友人の勧めもあり看護師から治験コーディネーター(CRC)へ転職しました。
治験コーディネーター(CRC)をしている友人が複数名おり、色々と話を聞く機会があり、日勤で土日もお休みである治験コーディネーター(CRC)に興味をもつようになりました。結婚をすることになり、病棟で看護師として働くことは難しいと考え、治験コーディネーター(CRC)へ転職することにしました。

学生時代を含めて就職活動をした経験がなく、どのように準備をすれば良いか自信がなかったため、転職相談へ申し込みました。

転職相談では主に、どのような準備が必要であるかを教えていただきました。また、治験コーディネーター(CRC)になってから仕事を覚えるまでは育休産休をとることを控えたほうが、30歳以降のワークライフバランスが大きく変わってくることを教えてもらいました。

まずはコンサルタントに協力をしてもらいながら、応募書類を作成しました。また、面接の前には治験業界へ転職する理由をきちんと説明できるように準備をしました。

どうしても治験コーディネーター(CRC)へ転職したかったので、できることは全てやろうと思い準備をした結果、無事に内定をもらうことができました。

人生のなかで一番がんばったかもしれません。(笑

成功のポイント成功のポイント

成功のポイント
友人に治験コーディネーター(CRC)の方がいらっしゃると、仕事内容のイメージがしやすくなるため、比較的スムーズに転職活動を進めることができます。

とても頑張る方で、最初にお問い合わせをいただいてから、面接を受けるまでにかなり準備をされた結果、同じ人とは思えないような変わり身がありました。

治験コーディネーター(CRC)へ転職するにあたり、後悔のない準備をしたいと思っていらっしゃる方は是非、転職相談をご利用ください。専任のコンサルタントが全力でサポートさせていただきます。

転職回数が20代で3回と多いにも関わらずに治験コーディネーター(CRC)へ転職成功

写真
20代後半/男性
秋田県/2015年
看護師、保健師
応募した数
約10社
面接を受けた数
約3社
転職活動の期間
約20週間
満足度
口コミ評価4点
転職前 → 転職後
病院 業種 SMO
看護師 職種 CRC
約340万 年収 約360万
CRAからCRCへと応募先を切り替えた結果、転職回数が多いハンデを乗り越えて、無事に治験コーディネーター(CRC)になることができました。
最初はCRA(臨床開発モニター)への転職を考えていたのですが、転職回数が多いこともありなかなか上手くいきませんでした。

その後、コンサルタントの方から「まずはCRA(臨床開発モニター)ではなく、治験コーディネーター(CRC)として経験を積んだ後にCRA(臨床開発モニター)への転職を検討してみてはどうか」との提案を受け、応募先をCROからSMOへ切り替えて転職活動を行ったところ、なんとか複数回の面接を突破でき、無事に内定をもらうことができました。

コンサルタントは治験業界だけでなく製薬業界にも精通している方でしたので、SMOからCROへのキャリアチェンジの事例などを複数教えていただき、まずはSMOで経験を積もうと考えを変えられたことが転職成功のポイントだったと思います。

振り返ってみればCRA(臨床開発モニター)の転職活動をしていたことが、いざ、治験コーディネーター(CRC)いなろうと思ったときにプラスの効果を生み出せた理由だと思います。

また、転職回数が他の人よりも多かったのですが、面接で必死にアピールした結果、内定をもらうことができました。

最初に相談をしてから転職が決定するまで、2年近くという大変長期に渡りましたが、気長に同じコンサルタントの方にサポートをしていただけたことも安心して転職活動を行えた理由です。

成功のポイント成功のポイント

成功のポイント
治験コーディネーター(CRC)だけでなくCRA(臨床開発モニター)の転職サポートも合わせて行っております。またSMOやCROだけでなく、病院や製薬会社への転職支援も合わせて行っておりますので、幅広いキャリアを考えながら自分に適した職種を探すお手伝いが可能です。

最初にお問い合わせをいただいてから2年後に転職が決まるという、長期に渡るサポートになりましたが、転職回数が多いというハンデをはねのけて無事に内定をもらうことができました。

強い退職引き止めにあいながらも粘り強く転職活動をした結果、治験コーディネーター(CRC)へ転職成功

写真
20代後半/女性
広島県/2015年
看護師、保健師
応募した数
約5社
面接を受けた数
約3社
転職活動の期間
約20週間
満足度
口コミ評価4.5点
転職前 → 転職後
病院 業種 SMO
看護師 職種 CRC
約480万 年収 約400万
病院から強い引き止めにあい、一度は残念ながら内定辞退となりましたが、準備を整えてから再チャレンジした結果、無事に治験コーディネーター(CRC)へ転職できました。
一度は治験コーディネーター(CRC)の内定をもらって喜んでいたことがあったのですが、病院から強い引き止めにあい、採用条件通りの入社日を守ることができなくなった結果、残念ながら内定取り消しとなってしまった経験があります。病院を退職することがこれほど難しいとは思いませんでした。しかも、かなり前から退職の意思を伝える必要があるため、治験コーディネーター(CRC)への応募のタイミングとどうしても上手く調整ができませんでした。そのため、一度、転職相談を利用してみようと思い、連絡をしました。

転職相談ではまず、病院の退職の実状をご説明いただきました。同様の悩みは他の多くの看護師も一緒であることを知りました。特に転職経験がない方にとっては、病院を上手に退職することは簡単ではないと言われました。

その後、病院の退職方法について色々なケースの説明を受けました。退職方法の説明だけで1時間以上かかったと思います。話を聞いて思ったのは、前回、退職に失敗したのは自分の知識不足だったことを痛感しました。同じ失敗を繰り返すわけにはいかないため、現在の自分の状況をコンサルタントに詳しく説明をして、どのようにすればベストなのかのアドバイスを受けました。目からウロコが落ちるようなアドバイスもあり、そのような方法もあったのかと驚きました。

また、早めに内定をもらえる応募先を教えてもらい優先的に応募しました。なぜなら、早く内定をもらえれば、退職の意思表示を早く行うことが出来、スムーズに転職ができると考えたからです。コンサルタントは各求人の状況や締め切りを詳細に把握されており、豊富な情報量はとても役に立ちました。

現在は無事に治験コーディネーター(CRC)として働けています。

成功のポイント成功のポイント

成功のポイント
初めての転職の方、その中でも大きな病院にお勤めの看護師さんは退職手続きを甘く考えていはいけません。

なかには、強い引き止めにあい、予定通りに退職できずに内定を泣く泣くあきらめる方もいらっしゃいます。

スムーズな退職をするためには、「正確な法律知識」「臨機応変な対応力」「強い決意」に加え、少しのずるさも必要です。

退職方法のアドバイスも万全を期しておりますので、スムーズに退職ができないため、治験コーディネーター(CRC)への転職をあきらめている方は事前に一度、ご相談ください。
件数 26 件中 1 ~ 10 を表示中
治験コーディネーター(CRC)の掲示板
治験コーディネーター(CRC)の新着求人メール

転職サポート申し込みはこちら

ステップ1
まずは申し込み。入力は1分で終わります。
ステップ2
希望にマッチした求人情報を提供します。
ステップ3
書類選考・面接
ステップ4
内定・入社
入社後もずっとサポート!
転職相談に申込む

年収査定はこちら

  • 転職するときに、もっとも重視する条件の一つが「給料」です。

    治験コーディネーター(CRC)へ転職したときに自分のキャリアや経験がどれだけ評価されるのか、気になりますよね。

    こちらではあなたのプロフィールから、治験コーディネーター(CRC)へ転職したときの「年収」を予想します。

    転職活動の目安にしてみてはいかがでしょうか。
年収査定はこちら

合格予想はこちら

  • 「臨床経験が少ない」「転職回数が多い」など、選考に通過できる自信がなくて応募を迷っている方は意外に多いんです。

    こちらはあなたのプロフィールから、治験コーディネーター(CRC)へ応募した時の「書類選考の通過率」や「面接の合格率」を予想します。

    前もって合格率が分かると転職活動の無駄な手間が省けますよ。
合格予想はこちら

掲示板で質問をする

  • ちょっとした「悩み」や、ふとした「疑問」を気軽に掲示板で質問してみましょう。

    面倒な登録をしなくても、匿名ですぐに質問できます。分からなかったあなたの質問をみんなで解決できます。

    現役の治験コーディネーター(CRC)や人事担当者が回答してくれるかもしれませんよ。
みんなに質問をする
マンガで分かる!治験コーディネーター(CRC)
転職成功事例
履歴書・職務経歴書自動作成ツール
アンケート謝礼金のご案内
治験コーディネーター(CRC)の口コミ

お気に入り

閲覧履歴

検索履歴

CRAばんく

PAGE
TOP