治験コーディネーター(CRC)の一日と一週間

治験コーディネーター(CRC)の一日と一週間

治験コーディネーター(CRC)の一日と一週間のスケジュールを詳しく紹介します。 訪問型と常駐型ではスケジュールが異なりますので、それぞれについて別々に説明します。

治験コーディネーター(CRC)の業務は、治験実施の準備から始まり、被験者対応、検体処理、医師・スタッフへの連絡など、多岐にわたります。

「治験コーディネーター(CRC)の一日はどんな感じなの?」「治験コーディネーター(CRC)の一週間はどのような流れなの?」「治験コーディネーター(CRC)は何時にどこに出勤するの?」といった疑問をお持ちの方は、ぜひこちらをご覧ください。詳しいスケジュールだけでなく、現場の声や裏話もお伝えします。

それでは、治験コーディネーター(CRC)の一日と一週間を見ていきましょう!

スケジュール治験コーディネーター(CRC)の一日と一週間

訪問型CRCと常駐型CRCの一日は違うんですね。

訪問型CRCの一日

8:45

9:30
オフィスへ出社
メールのチェック新着メールの確認
事務所で新着メールを確認し、必要なものには返信します。
郵便物の確認
事務所に届いた郵便物を開封し、必要な書類や資料を確認します。
現役CRCのコメント9
訪問型のCRCも病院へ直行することが多いです。8時30分から始まる病院であっても、CRCは9時以降に病院に入ることが多いです。朝礼には参加しなくても大丈夫です。新着メールはノートPCを使って病院でチェックすることもできます。
9:30

12:00
一日の準備
打ち合わせ本日の業務を確認
その日の予定を確認した後、他の治験コーディネーター(CRC)や治験事務局担当者(SMA)と情報交換します。
担当施設までの交通経路と時間の確認
遅刻しないように、交通経路を再確認しておきます。
捺印依頼書類の有無を確認
12:00

13:00
昼食
ランチ昼食
駅の地下にあるおしゃれなレストランでランチを食べます。
13:00

13:30
担当施設へ移動
移動担当施設まで移動
訪問先である担当施設(医療機関)へ移動します。公共交通機関を使うことが多いです。
現役CRCのコメント1
担当する施設が事務所から近いと助かります。CRCのかばんにはノートパソコンや大量の資料などが入っており、重いことが多いからです。施設までの距離が遠い場合や、交通の便が悪い場合は、施設に着くまでに疲れてしまうことがあります。
13:30

14:00
業務の準備
担当施設に到着
予約時間の15分前までには医療機関に入るよう心がけます。
あいさつ回り
施設のスタッフにあいさつをします。
カルテのチェック
来院予定の被験者のカルテをチェックします。
前回の来院時の検査結果を確認
事務処理検査内容の確認
今回の検査内容と評価項目を確認します。
検査キットの準備
薬の準備治験薬の準備
被験者名、来院人数、来院時間を医師や看護師に報告
現役CRCのコメント2
CRCの業務には正確性が求められます。ベテランのCRCはきちんとした準備を怠りません。
検査会社へ検体回収の連絡
14:00

15:00
診察への付き添い
面談被験者と面談
予約時間になったら被験者と面談し、体調の変化や服薬状況を聞き取ります。
治験薬の服薬状況と残薬の確認
併用薬の変更の有無を確認
有害事象の有無を確認
医師やスタッフに検査の実施依頼
診察前に検査を行います。治験コーディネーター(CRC)は検査室に採血や尿検査のために付き添います。ここで異常値が出た場合は、薬を中止または減量する必要があるかもしれません。そのため、検査結果を一通り確認して必要であれば診察時に医師に伝えます。
診察医師の診察
医師からの依頼により、被験者に治験に関する補足説明を行います。
現役CRCのコメント3
被験者さんが医師に伝えきれない場合は、CRCから医師に伝えることになります。診察の最後には、次回の診察や検査の予約も一緒にお願いできると業務がスムーズに進みます。忙しい医師の場合は、診察室に入らずにメモで予約などお願いすることもあります。
治験薬の処方の確認
治験薬だけでなく、他の薬についても聞かれることがあるため、何を飲んでいるか把握しておきます。
次回来院日の設定
治験協力費の支払、保険外併用療養費の依頼
治験では会計が通常の診療と異なることが多いので、治験コーディネーター(CRC)も同行します。
15:00

16:00
打ち合わせ
医師やCRAとの打ち合わせ医師やCRAとの打ち合わせ
カルテやCRF(症例報告書)の記載内容を確認し、医師と打ち合わせを行います。また、CRA(臨床開発モニター)に被験者の状況を報告します。問い合わせがあった場合は可能な範囲で返答します。
SDV
CRA(臨床開発モニター)による直接閲覧の対応を行います。前回のSDVについての問い合わせに回答し、被験者の状態を簡単に伝えます。
安全性報告
国内外で起きた治験の副作用報告の内容をCRA(臨床開発モニター)に確認します。
現役CRCのコメント4
CRAと連携して業務を行います。CRAが病院に来る頻度は、だいたい1ヶ月に1回です。

経験豊富で協力的なCRAが担当であれば、スムーズに進みます。CRAの知識不足で業務が遅れて残業することもあります。日ごろから信頼関係を築くことが大切です。
採取した検体の処理と検査会社への提出
CRF(症例報告書)の作成
後片付け
被験者ファイルや治験薬などを片付けます。
16:00

16:30
業務のまとめ
打ち合わせ本日の業務結果を報告
医師や看護師に伝達事項を伝えます。
被験者の次回来院日を報告
CRAからの伝達事項を報告
次回訪問日を報告
捺印書類の提出を依頼
あいさつ回り
施設スタッフにあいさつをして帰ります。
16:30

18:00
帰社
事務所へ移動
事務所に戻ります。ほとんどの場合、公共交通機関を利用します。
新着メールの確認
事務所で新着メールを確認し、必要なものには返信します。
郵便物の確認
本日の業務について結果報告
その日の業務内容を報告し、他の治験コーディネーター(CRC)と情報交換を行います。
捺印書類の返却
必要書類の作成
今後のスケジュールをパソコンに入力
作業日報の提出
日報を提出すれば業務は終了です。
退社退社
現役CRCのコメント5
CRCが作成する報告書は多岐にわたります。締め切りが迫っているものも多いので、迅速かつ正確に作業する必要があります。パソコンで素早く入力して、早めに終わらせるように心がけます。

訪問型CRCの一週間

曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日
午前 会社の事務所 病院B 病院B 病院B クリニックA
午後 クリニックA 会社の事務所で会議 会社の事務所
  • クリニックを訪問する日は、事務処理のために会社の事務所に立ち寄ることが多いです。
  • 病院を訪問する日は、病院内の事務所で事務処理をします。そのため、会社の事務所に寄ることはほとんどありません。
  • 会社の事務所には、事務処理以外にも、会議や勉強会などに参加するためにも立ち寄ります。
画像

いなり相談を申し込む

「CRC・CRAへ転職を希望される方のサポート」と「CRCばんく・CRAばんくの運営」に携わらせていただいております。

マンガで分かる!治験コーディネーター(CRC)

転職サポート申し込みはこちら

ステップ1
まずは申し込み。入力は1分で終わります。
ステップ2
希望にマッチした求人情報を提供します。
ステップ3
書類選考・面接
ステップ4
内定・入社
入社後もずっとサポート!
転職相談に申込む

年収査定年収査定はこちら

  • 転職を考える際、最も重要な条件の一つは給与です。

    治験コーディネーター(CRC)への転職を考えている方々にとって、自身のキャリアや経験がどの程度評価されるのか、気になることでしょう。

    こちらでは、あなたのプロフィールに基づき、治験コーディネーター(CRC)へ転職した場合の年収を予測します。
年収査定はこちら

合格予想合格予想はこちら

  • 「臨床経験が少ない」「転職回数が多い」といった理由で、選考に通過できるか不安になり、応募をためらう方も多いと思います。

    こちらでは、あなたのプロフィールに基づき、治験コーディネーター(CRC)に応募した場合の書類選考の通過率や面接の合格率を予測します。
合格予想はこちら

掲示板掲示板で質問をする

  • 些細な悩みや、ふとした疑問がある場合は、掲示板で気軽に質問しましょう。

    面倒な登録は必要ありません。匿名で簡単に質問できます。多くの人の協力を得て、あなたの疑問を解決しましょう。

    治験コーディネーター(CRC)や人事担当者などの専門家が回答いたします。
みんなに質問をする
マンガで分かる!治験コーディネーター(CRC)
CRCばんくちゃんねる
EP綜合会社説明会
治験コーディネーター(CRC)の掲示板
転職成功事例
履歴書・職務経歴書自動作成ツール
治験コーディネーター(CRC)のクチコミ
治験コーディネーター(CRC)の新着求人メール

お気に入り

閲覧履歴

検索履歴

CRAばんく

PAGE
TOP