トップページ  > 治験コーディネーター(CRC)の業界研究  > 保健師が治験コーディネーター(CRC)へ転職する際の注意点

保健師が治験コーディネーター(CRC)へ転職する際の注意点

保健師がCRCへ転職する際の注意点

保健師が治験コーディネーター(CRC)へ転職する時に注意すべき点を解説しています。

こちらでは、保健師が治験コーディネーター(CRC)へ転職する際に特に注意すべき点を「必要な経験」「強みと弱み」の2つに分けて、徹底的にアドバイスしています。

保健師の方は事前にこちらの記事に目を通して、治験コーディネーター(CRC)の転職活動に失敗しないように準備をしましょう。

治験コーディネーター(CRC)へ転職するために必要な経験とは 保健師の強みと弱み

QCRCへ転職するために必要な経験とは

保健師でも看護師として働いた経験が問われるんですね。

病院で「看護師として働いた経験」があると治験コーディネーター(CRC)へ転職しやすい。

病院

保健師が治験コーディネーター(CRC)へ転職するためには、過去に病院で看護師として働いた経験があると有利です。なぜなら、治験コーディネーター(CRC)の働く場所は病院だからです。

保健所や保健センターなどの行政機関、企業などの産業保健の経験だけでも転職は可能ですが、過去に病院で看護師として働いた経験があれば、よりスムーズに治験コーディネーター(CRC)へ転職できる可能性が高くなると言えます。

逆に言えば、保健師が治験コーディネーター(CRC)へ転職するためには、病院で看護師として働いた経験さえあれば良く、保健所や保健センターなどの行政機関、企業などの産業保健での経験は必要ないと言えます。

保健師出身CRCの転職アドバイス1
保健師として働いた経験があっても、なくてもどちらでも治験コーディネーター(CRC)へ転職できるみたいですね。

強み弱み保健師の強みと弱み

保健師なのに、なぜCRCになりたいのかを聞かれます。

保健師と治験コーディネーター(CRC)は仕事の目的が異なる。

弱み保健師の弱み

保健師の弱み

病気の予防や健康増進が主な役割である保健師と、薬剤の開発に携わる治験コーディネーター(CRC)では、仕事の目的が異なります。そのため、保健師が治験コーディネーター(CRC)へ転職する際は、病気の予防や健康増進よりも新薬の開発のほうにより興味があることを応募書類や面接で訴える必要があります。

学生時代から病気の予防や健康増進について学んできた保健師の方にとって、「新薬の開発への興味」を訴えることは簡単ではなく、面接などで追求を受けることもしばしば見られます。

治験コーディネーター(CRC)になりたい理由と、保健師を目指した理由が相反することが、保健師が治験コーディネーター(CRC)へ転職する際に苦労する点であり、弱みであると言えます。

保健師出身CRCの転職アドバイス2
「保健師の求人がない」「保健師になれない」という理由で治験コーディネーター(CRC)を目指される方もいらっしゃいますが、選考では病気の予防や健康増進ではなく、病気で苦しんでいる患者様に貢献したいなどの治験コーディネーター(CRC)になりたい積極的な理由をきちんと説明することが求められます。

強み保健師の強み

保健師の強み

治験コーディネーター(CRC)として働くためには様々な能力が必要ですが、看護師経験がある保健師は治験業界で生かせるスキルをたくさん身につけていると言えます。書類選考や面接では、治験コーディネーター(CRC)として生かせる能力をきちんとアピールしていきましょう。

保健師が治験コーディネーター(CRC)へ転職した際に生かせる能力一覧

  • 調整力

治験コーディネーター(CRC)の業務は、様々な部署の利害関係をスムーズに調整していく能力が求められます。この能力は行政の保健師、産業保健師の経験を通して習得が可能です。

  • 事務処理能力

治験を行うためには50種類前後の書類が必要と言われています。そのため、治験コーディネーター(CRC)には高い事務処理能力が求められます。この能力は様々な書類の提出が求められる行政の保健師、産業保健師の経験を通して習得が可能です。

  • カルテをすばやく読み取る能力

治験コーディネーター(CRC)は患者様が治験へ参加できるかを見極めるために、カルテを読むことに慣れている必要があります。この能力は病院で看護師として働く際に身につけられます。

  • 薬や疾患の知識

治験コーディネーター(CRC)は治験薬の作用機序や、疾患の原因について理解していることが必要です。この能力は学校や病院などで学ぶことが可能です。

  • ビジネスマナーや社会常識

SMOで働く場合、治験コーディネーター(CRC)にはビジネスマナーや社会常識が求められます。この能力は大学や、産業保健師の経験を通して身につけられます。

  • 医療従事者や患者様と話せるコミュニケーション能力

治験コーディネーター(CRC)は製薬会社の方以外に、医師などの様々な医療従事者や患者様とコミュニケーションがとれる能力が必要です。この能力は病院の看護師、行政の保健師、産業保健師の経験を通じて培えます。

  • 常に学ぶ姿勢

治験コーディネーター(CRC)は新薬のことを常に学ぶ姿勢が必要です。保健師資格を取得されている方は、向上心が高い方が多く、当然のように常に学ぶ姿勢を持っている方が多く見受けられます。

保健師出身CRCの転職アドバイス3
保健師は治験コーディネーター(CRC)として生かせる能力や知識をたくさん身につけています。そのため、応募書類や面接できちんとアピールできれば、治験コーディネーター(CRC)への転職は難しくはありません。
治験コーディネーター(CRC)の掲示板

転職サポート申し込みはこちら

ステップ1
まずは申し込み。入力は1分で終わります。
ステップ2
希望にマッチした求人情報を提供します。
ステップ3
書類選考・面接
ステップ4
内定・入社
入社後もずっとサポート!
転職相談に申込む

年収査定はこちら

  • 転職するときに、もっとも重視する項目の一つが「給料」。治験コーディネーター(CRC)へ転職した時に自分のキャリアや経験がどれだけ評価されるものなのか、気になりますよね。
    ここでは、あなたのプロフィールなどから、治験コーディネーター(CRC)へ転職した時の年収を割り出します。
    転職活動の目安にしてみてはいかがでしょうか。
年収査定はこちら

合格予想はこちら

  • 臨床経験が少ない、転職回数が多いなど、選考に通過できる自信がなくて応募を迷っている方は意外に多いんです。
    ここでは、あなたのプロフィールなどから、治験コーディネーター(CRC)へ応募した時の書類選考や面接の合格率を予想します。
    前もって合格率が分かると転職活動の無駄な手間が省けますよ。
合格予想はこちら

掲示板で質問をする

  • ちょっとした悩みごとや、ふとした疑問を気軽に掲示板で質問してみましょう。
    面倒な登録が不要ですので、匿名ですぐに質問できます。分からなかったあなたの質問をみんなで解決できます。
    現役の治験コーディネーター(CRC)や人事担当者が回答してくれるかもしれませんよ。
みんなに質問をする
転職成功事例
アンケート謝礼金のご案内
治験コーディネーター(CRC)の口コミ
治験コーディネーター(CRC)の新着求人メール

検討中リスト0件

最近見た求人0件

保存した条件0件

CRAばんく

PAGE
TOP