「看護師」が治験コーディネーター(CRC)へ転職する際の注意点

看護師がCRCへ転職する際の注意点

看護師が治験コーディネーター(CRC)へ転職する時に注意すべき点を解説しています。

看護師は治験コーディネーター(CRC)へ転職しやすいと言われていますが、実際には看護師ならではの注意すべき点がいくつかあります。 こちらでは「応募先(SMO・病院)の選択」「応募書類の作成」「面接」「退職手続き」の4つに分けて、看護師が治験コーディネーター(CRC)へ転職する際に、特に気をつけるべきことを徹底的にアドバイスしています。

看護師の方は事前にこちらの記事に目を通して、治験コーディネーター(CRC)への転職活動を有利に進めましょう。

看護師の特集ページはこちら
看護師の治験コーディネーター(CRC)の求人募集
なりたい方はこちら
看護師から治験コーディネーター(CRC)になるには
転職成功事例はこちら
看護師の治験コーディネーター(CRC)の転職成功事例

クエスチョンマーク応募先(SMO・病院)の選択について

看護師は何を基準に応募先を選べば良いのでしょうか?

看護師が応募先を選ぶときには「看護師の比率」「得意な領域」「年収・給料」の3つをチェックする。

看護師がチェックすべき項目

応募先の選択で悩む看護師

看護師が治験コーディネーター(CRC)として働くSMO・病院を選ぶときには「看護師の比率」「得意な領域」「年収・給料」の3つ基準で応募先をチェックしておかれると、自分に適した応募先を見つけやすいです。

たくさんの看護師出身の治験コーディネーター(CRC)が働いており、病院で経験してきた領域を生かせて、なおかつ年収がそれほど下がらない応募先を見つけましょう。

看護師の比率 得意な領域 年収・給料

比率看護師のCRC比率をチェック

看護師のCRC比率をチェック

看護師出身の治験コーディネーター(CRC)の人数が多いほど、働きやすい環境であると言えます。そのため、応募先(SMO・病院)の治験コーディネーター(CRC)のうち、何割ぐらいが看護師であるかをホームページなどから調べます。

看護師比率が高いSMO

※比率は不明だが「医療システム研究所」「クリニカルサポート」の2社も看護師比率が高い

看護師出身CRCの転職アドバイス1
看護師出身の治験コーディネーター(CRC)とは価値観が合いやすいため、一緒に働きやすいようです。

例えば、同僚や上司が看護師出身だと「夜勤辛かったよね~」「看護実習の時は泣きそうだった」「病院は給料が良いから正直に言うと転職を迷った」「医療スキルが衰えることについて不安にならない?」などの会話ができるため、初対面であっても打ち解けやすく、余計な配慮をすることなく一緒に仕事ができる可能性が高くなります。
看護師出身CRCの転職アドバイス2
その他にも、教育担当者が看護師出身だと「あなたが何を学んできて、どのような経験をしているか」を正確に理解してもらえるため、治験コーディネーター(CRC)として一人前になるための無駄のない教育や指導を受けられる傾向があるようです。

薬得意な領域をチェック

得意な領域をチェック

病院で経験した領域、もしくは治験コーディネーター(CRC)として携わりたい領域が応募先(SMO・病院)の治験実績に含まれているかを確認します。

看護師は幅広い領域の治験に対応できるため、経験してきた領域と応募先で行われている治験の領域が合致していなくても、それほど神経質になる必要はありません。

ただし、逆の言い方をすれば看護師は幅広い領域の治験に携われるにも関わらず、特定の領域に治験実績が偏っているSMO・病院へ転職してしまうと、将来のキャリア形成が思うようにできない可能性があると言えます。

また、がん(オンコロジー)などの一部の領域は積極的に治験を行っているSMO・病院は限られているため、事前に確認しておきましょう。

企業名 主な得意領域
EP綜合 がん(オンコロジー)、脳外科・神経内科、生活習慣病
シミックヘルスケア がん(オンコロジー)、呼吸器、皮膚科
ノイエス がん(オンコロジー)、消化器、脳外・神経内科
アイロムEC 内分泌代謝(糖尿病など)、腎臓、循環器
アイロム がん(オンコロジー)、精神・神経系疾患
医療システム研究所 がん(オンコロジー)、婦人科、皮膚科
看護師出身CRCの転職アドバイス3
病棟で勤務していたり、ICU・HCUなどの救急領域で働いていた看護師さんは、将来携わりたい治験の領域が決まっていることが多く、高難易度疾患へのチャレンジ精神も高いため応募先のSMO・病院の治験実績を気にする傾向があります。

それに対して、手術室(オペ)やクリニックなどで働いていた看護師さんは、携わりたい治験の領域にあまりこだわりがない方が多いようです。

お金年収・給料をチェック

給料

多くの看護師さんは治験コーディネーター(CRC)へ転職すると、給料・年収が下がる可能性のあることを知っています。にもかかわらず、実際に

年収が下がった給与提示を目にすると、治験コーディネーター(CRC)への転職をためらってしまう看護師さんがいらっしゃいます。

そうならないために、治験コーディネーター(CRC)へ転職すると給料・年収がどれぐらいになるかを前もってできるだけ正確に把握しておきましょう。

SMO・病院によっては看護師資格を持っている方に対して、資格手当などをつけて給料を高く設定しているところもあります。

CHECK看護師の給料が高くなりやすいSMOの例

詳しくはこちら

看護師からCRCへ転職した時の年収

※253名のCRCばんくのクチコミ・アンケート調査データをもとに作成(調査期間:2015年4月~2022年10月、有効回答数:N=253)。(残業代は除く)

看護師とCRCの年収比較

※253名のCRCばんくのクチコミ・アンケート調査データをもとに作成(調査期間:2015年4月~2022年10月、有効回答数:N=253)。
※看護師は2018年の賃金構造基本統計調査のデータを独自に加工して作成。。

看護師出身CRCの転職アドバイス4
CRCばんくのアンケートによれば、看護師が治験コーディネーター(CRC)へ転職する時に、一番ためらう要素は給料・年収が下がってしまうことのようです。

特に東京や大阪などの大きな都市で働いている看護師は、500万を超える年収をもらっていることも多いため、治験コーディネーター(CRC)へ転職する際は給料がいくらになるかをシビアに考える人が多いです。

それに対して地方で働いている看護師はそれほど給与が高くないことが多いため、治験コーディネーター(CRC)へ転職した際の収入面については、あまり気にされない人が多いです。

いずれにしても、治験コーディネーター(CRC)へ転職した際にたくさんの給料がもらえるに越したことはないですね。
看護師出身CRCの転職アドバイス5
治験コーディネーター(CRC)は看護師のように年収の柔軟性が高くありません。

例えば、「マンションや家を購入したい」「子供を学費の高い学校へ通わせたい」と考え、急に年収を増やそうと思っても、病院ほど転職先を選べませんし、夜勤シフトへ多く入ることや働く時間を長くすることによって年収を増やすことも難しいと言えます。また、パートとして働くことも難しいことがあります。

そのため、将来の収入計画をきちんと立てたうえで、治験コーディネーター(CRC)へ転職されることをオススメいたします。

応募書類応募書類の作成について

看護師は書類の作成が苦手な人が多いみたい。

きちんとした応募書類が書けていないと、看護師であっても書類選考で落とされる。

看護師が病院へ転職する場合、きちんとした履歴書や職務経歴書を用意していなくても選考に通過してしまうことが多いです。そのため、看護師のなかにはきちんとした履歴書や職務経歴書を作成したことのない人が多くいらっしゃいます。

しかし、治験コーディネーター(CRC)の選考の難易度は看護師に比べて2~3倍ほど難しいと言われており、看護師であっても、きちんとした応募書類を作成できない方は、書類選考に通過できない可能性が高くなります。

  

詳しくはこちら
CRCの選考は看護師と比べて何倍ぐらい難しいのでしょうか?
応募書類の作成について

以下では看護師が応募書類を作成する際に特に注意べき3つのポイント「手書きの応募書類」「志望動機」「自己PR」についてまとめましたので、応募書類を作成する際に参考にしてください。

手書きの応募書類 志望動機 自己PR

手書き手書きの応募書類でも大丈夫

手書きの履歴書

臨床検査技師や薬剤師はパソコン(PC)を使ってExcelやWordなどで応募書類を作成される方がほとんどであるのに対して、看護師は現在も1~2割ほどの方が手書きで応募書類を作成されていらっしゃいます。

臨床検査技師や薬剤師に比べてパソコン(PC)が苦手な看護師が多いことや、病院の寮に住んでいらっしゃる看護師はパソコン(PC)を持っていない方が多いためです。

応募書類の作成方法

※50名のCRCばんくのクチコミ・アンケート調査データをもとに作成(調査期間:2015年4月~2022年10月、有効回答数:N=50)。

治験コーディネーター(CRC)への転職に限れば、手書きの応募書類によって書類選考が不利になることはほとんどありません。しかし、手書きで応募書類を作成する場合はいくつかの注意点があることを知っておきましょう。

CHECK手書きで応募書類を作成する場合の注意点

  • 応募書類を作成するために多くの時間が必要になる

手書きで応募書類を作成する場合はパソコン(PC)と比較すると修正が簡単にできないため、時間がかかります。また、複数のSMO・病院へ応募する場合は、応募書類を作成するために何倍もの時間が必要となるため、それだけ他の応募者よりも不利になると言えます。

  • 字のきれいさによって書類選考の結果が変わる

治験コーディネーター(CRC)の選考では字のきれいさによって書類選考の結果が変わる場合があります。パソコン(PC)で応募書類を作成する場合、採用担当者に字のきれいさを判断されることはありませんが、手書きで応募書類を作成された場合は字がきれいでない人の書類選考通過率は下がるため注意が必要です。字をきれいに書けない人は、友人からパソコンを借りたり、スマホで応募書類を作成してくれるサービスの利用などを検討しましょう。

詳しくはこちら

  • パソコンスキルを面接でアピールする

治験コーディネーター(CRC)の仕事は事務作業が多いため、パソコンスキルが必要になります。パソコン(PC)で応募書類を作成すれば、同時に最低限のパソコンスキルがあることを証明できますが、手書きで応募書類を作成した場合は、面接でパソコンスキルがあることを証明する必要があります。

志望動機志望動機は時間をかけて作成する

志望動機は時間をかけて作成する

病院の転職市場において看護師は常に人手不足です。そのため、「ぜひ貴院で働かせてください」と、志望動機でアピールする必要性は低く、面接へ行った瞬間に内定が決まることもしばしば発生します。

しかし、治験コーディネーター(CRC)の転職市場では、看護師だけでなく臨床検査技師や管理栄養士、薬剤師からCRC経験者まで多数の応募者から少数の内定者を選ぶための選考が行われています。そのような選考に通過するためには、看護師であっても志望動機できちんとアピールする必要があります。

CRC未経験者の通過率

※CRCばんくのクチコミ・アンケート調査データ、主要SMOのヒアリング調査をもとに作成。

CRC未経験者の合格率

※200名のCRCばんくのクチコミ・アンケート調査データをもとに作成(調査期間:2015年4月~2022年10月、有効回答数:N=200)。

臨床検査技師や管理栄養士は看護師ほど転職市場が売り手市場でないため、当然のように志望動機をきちんと時間をかけて作成される方が多いです。

しかし、看護師は治験コーディネーター(CRC)への転職を病院と同じように考え「え?応募すれば何もしなくても内定が取れるよ。選考って何?今まで不採用になったことなんて一度もないよ」と、看護師のときと同じ準備をして応募した結果、臨床検査技師などの他の応募者に選考で負けてしまう方がいらっしゃいます。

治験コーディネーター(CRC)へ転職するために、他の応募者は時間をかけて準備をしていることを知っておきましょう。

志望動機の例文1 志望動機の例文2 志望動機の例文3 志望動機の例文4 志望動機の例文5 志望動機の例文6 志望動機の例文7 志望動機の例文8 志望動機の例文9 志望動機の例文10 志望動機の例文11 志望動機の例文12

看護師の志望動機の例文(1)
 病院では化学療法中の難病患者を担当する機会が多くありました。そこでは、新薬の登場を心待ちにしている患者様の切実な声を聞くことが多く、看護業務以外に患者様のために自分にできることがあるのではないかと考えている時に、治験コーディネーター(CRC)の仕事を知りました。
 今後は治験コーディネーター(CRC)として、新薬の開発をサポートすることによって、病気で苦しむ全国の患者様の症状を緩和するために頑張りたいと思います。
看護師の志望動機の例文(2)
 治験コーディネーター(CRC)として患者様の役に立ちたいと思い応募いたしました。 私の親類は抗癌剤治療をしています。色々な薬剤を投与していますが、次第に効果が薄れていく様子を目のあたりにし、看護師として力になれない歯がゆさを感じていたました。
 その後、何か役に立てる方法がないかと考えていた時に、新薬の開発を病院でサポートする治験コーディネーター(CRC)という職種があることを知り、興味を持ちました。
 現職のICUでは幅広い領域の疾患を経験することができました。また、様々な勉強会に積極的に参加し、自己研鑽に努めてまいりました。病棟では患者様に十分に説明した上で同意を得ることを心がけ、コミュニケーション能力を身につけることができました。
 今後はこの経験を治験コーディネーター(CRC)として発揮してきたいと思います。よろしくお願いいたします。
看護師の志望動機の例文(3)
 認可が下りたばかりの新薬が効奏し、患者様自身での管理が容易になったり、疾患が緩和されるなどの効果が見られたりするようになる場面を見て、新薬や治験業界に興味を持つようになりました。
 また、現職では退院支援が必要な患者様が多いため、家族の協力を得るだけでなく、他職種との連携をスムーズに行うことによって、患者様をサポートする経験を積んできました。
 今後はこの経験を生かして治験コーディネーター(CRC)として新薬開発に携わりたいと思います。よろしくお願いいたします。
C看護師の志望動機の例文(4)
 治験コーディネーターに興味を持ったのは... ログインor無料の転職相談に申込みをして閲覧する
看護師の志望動機の例文(5)
 私は看護師として治療を受けても回復の見込みがない患者様と関わったことや、身内ががんに罹患したことから病気に悩む方々の希望となる新薬開発に興味を持ちました。CRCは実際に被験者様と接して精神的なサポートができることや、治験に関わる医師や製薬会社の方々との連携や調整を行う役割に魅力を感じています。今後はこれまで医療現場で培ったコミュニケーション能力や知識を、CRCとして活かしていきたいと考えています。
 貴社のCRCとして治験が安全かつ確実に遂行され、未来の患者さんの健康に貢献できるよう誠実に業務に取り組みたいと思っています。よろしくお願いいたします。
看護師の志望動機の例文(6)
 私は精神科病棟で働いており、向精神薬への反応が強く副作用が出現しやすい患者さんを担当していました。院内採用していた向精神薬では副作用出現のリスクが高い状態でしたが、新薬の内服により副作用が軽減しました。副作用が軽減した患者さんから趣味を再開できるようになったと笑顔で報告を受けた時は新薬への期待と興味が高まったのを覚えています。
 それ以降、患者さんが新たな薬を選択できるようにしたいという思いが強くなり、看護師の資格を活かして新薬の開発に携われる治験コーディネーターを志望しました。今後は新薬の開発を通して医療の発展に貢献していくとともに、委員会での多職種との関わりで培ったコミュニケーション能力や問題解決能力を活かして貴社の求める人材へと成長していきたいと考えております。
C看護師の志望動機の例文(7)
 末期の癌患者の家族が最後の望みをかけて認可の... ログインor無料の転職相談に申込みをして閲覧する
看護師の志望動機の例文(8)
 患者様の中には病気で体力や気力が奪われていく中で、新薬に希望を持つことで治療への意欲を維持しているように見受けられた方も少なくありませんでした。新薬が効かずに亡くなられた方もおられましたが、ご遺族も新薬のおかげで最期まで希望を持てたと仰っていたのを聞いて、新薬開発に関わる仕事に興味を持つようになりました。
 治験に携わったり実際に新薬の投与に関わる機会が何度かあり、貴社なら自分の経験を活かすことが出来るのではないかと考え志望させていただきました。
C看護師の志望動機の例文(9)
 様々な年齢・疾患・性格の方々の看護をするなかで... ログインor無料の転職相談に申込みをして閲覧する
C看護師の志望動機の例文(10)
 看護師として血液内科病棟で勤務する中で多くの患者様の治療を... ログインor無料の転職相談に申込みをして閲覧する
看護師の志望動機の例文(11)
 現職のICU/CCUでは循環器疾患を中心に様々な領域の疾患の看護を経験しました。ターミナル期の患者様が苦しんでいる時には清潔ケアやマッサージをして安楽に努めていましたが、一時的な苦痛の緩和しかできませんでした。看護業務以外に患者様のために自分にできることはないかと考えていた時に治験の仕事を知り興味を持ちました。
 貴社の治験担当者は現職の病院にも常駐しており、スムーズな治験を行っているところや、被験者とも良い関係を築いている場面を何度か拝見しています。看護経験で培ったコミュニケーション力と持ち前の忍耐強さで、貴社の一員として新薬開発に貢献したいと考えています。よろしくお願いします。
看護師の志望動機の例文(12)
 大学病院では外来化学療法室に配属され、一般の抗がん剤治療を受けている患者様や治験を受けている患者様を担当しました。治験を受けて状態が良くなる患者様も、なかなか状態に変化が現れず不安な気持ちを吐露される患者様もいらっしゃいました。
 治験を受けている患者様の目まぐるしい変化を目の当たりにして、医師や治験コーディネーターが綿密に面談を行いながら進めていく新薬開発に興味を持ちました。治験により、今まで難病と言われていた病気も将来的には薬で治る病気となるのは素晴らしいことであり、その新薬開発に携わりたいと考え、医師や製薬会社・患者様の間でコーディネートを行うことに、今までの知識や経験が役立ててみたいと思い応募させて頂きました。

自己PR自己PRではコミュニケーション力をアピールしよう

自己PRではコミュニケーション力をアピールしよう

看護師が治験コーディネーター(CRC)へ転職する際に、自己PRで最優先にアピールすべきポイントは「コミュニケーション力」です。

患者様対応、医師とのやりとり、委員会や発表会などの経験を通じて、身につけたコミュニケーション力をアピールしていきましょう。特に気難しい医師や、厳しい看護師長と接して身につけた能力は、ストレス耐性も含めて高く評価される傾向がありますので、積極的にアピールしましょう。

他には「協調性」「調整能力」「疾患に対する知識」「リーダーシップ」「体力」などもアピールしやすいです

領域別では救急領域や外科系で働いていた人は「フットワークの良さ」「元気さ」を、病棟や内科系で働いていた人は「患者様へのヒアリング能力」「患者様の気持ちを理解する能力」を、手術室(オペ)で働いていた人は、「説明能力」などをアピールされると良いでしょう。

  
詳しくはこちら

看護師がアピールできる知識と経験

看護師出身CRCの転職アドバイス6
看護師は自己PRの内容に困ることは少ないようです。病院でたくさんの苦労をしてきた結果、多くのスキルや能力が身についたと言えるようです。良かったですね。

面接面接について

言葉使いがめちゃくちゃな看護師もいるみたい・・・。

看護師(特に専門学校卒の方)はきちんとした立ち居振る舞い、敬語などの言葉遣いに注意が必要。

面接について

看護師(特に専門学校卒の方)はビジネスマナーに欠ける方が多い傾向にあります。SMOの治験コーディネーター(CRC)の面接では、人前に出ても失礼のないビジネスマナーが身についているかをチェックされるため、ビジネスマナーに自信のない看護師は事前の準備が必要です。

また、看護師は治験コーディネーター(CRC)の面接を受けたときに「病院の面接とは違う」と感じる方が多いようです。その違いについても解説します。

立ち居振る舞いと言葉遣い 答え方

言葉遣い立ち居振る舞いと言葉遣いに気をつける

お辞儀

看護師(特に専門学校卒の方)は管理栄養士や薬剤師と較べてビジネスマナーに欠ける方が多い傾向にあります。特に専門学校を卒業された看護師で目立ちます。

治験コーディネーター(CRC)の面接では、初対面の相手に対して失礼のない立ち居振る舞いができる人かどうかを厳しくチェックされますので、「挨拶」「お辞儀」「姿勢」などの立ち居振る舞いを見直すだけでなく、服装や髪型などの身だしなみまで事前にきちんとチェックしておきましょう。

また、敬語などの言葉遣いにも注意が必要です。看護師は職業柄、親しみのある言葉遣いでフレンドリーな対応をされる方が多いですが、治験コーディネーター(CRC)の面接ではフレンドリーすぎる言葉遣いは「初対面の人に対して失礼」と評価され、不採用の理由になる場合があるため注意が必要です。

こちらも立ち居振る舞いと同様に事前にきちんとチェックして修正しておくことが大切です。

詳しくはこちら
面接の基本マナー
看護師出身CRCの転職アドバイス7
ビジネスマナーに自信のない看護師は注意が必要です。「立ち居振る舞いが雑かも」「言葉遣いに自信がない」と思っている看護師は面接で不採用にされてしまう可能性が高くなります。

特にSMOの治験コーディネーター(CRC)の世界では、看護師であってもビジネスマナーが備わっていない人は求められていないことを知っておきましょう。
看護師出身CRCの転職アドバイス8
きれいな立ち居振る舞いや、正しい言葉遣いを自然に身につけることは難しいです。正しいマナーを身につけるために、秘書検定などの勉強をするのも有効です。

◯☓求められる答え方の違いを知る

面接

病院と治験コーディネーター(CRC)の面接は多くの点が異なります。その中でも看護師が最も気をつけるべき点は「面接官の質問に対して正直に答えすぎない」ことです。

なぜなら、病院の面接は「労働条件が合うか」をチェックされる場になっているのことが多いのに対して、治験コーディネーター(CRC)の面接は「やる気と適性があるか」をチェックされる場になっていることが多いからです。

例えば、「残業ができますか?」という面接官の質問に対して、労働条件が合うかをチェックされている病院の面接では「~時間ぐらいまでなら対応できます」「◯◯曜日は対応できます」などのように、応募者の希望をそのまま述べれば良い場合が多いのに対して、やる気と適性があるかをチェックされている治験コーディネーター(CRC)の面接で同じように返答すると「やる気がない」と評価されてしまうことが多いです。

詳しくはこちら
面接でよく聞かれる質問と返答例
看護師出身CRCの転職アドバイス9
治験コーディネーター(CRC)の面接は看護師によっては「営業的要素」が求められていると感じる方も多いようです。この場合の営業的要素とは、世間一般で使用される営業とは意味が異なり、相手のニーズに合わせた返答が求められる点について営業的要素と感じている方が多いようです。
看護師出身CRCの転職アドバイス10
面接官の質問に対しては正直に答えてはいけませんが、嘘もいけません。この言葉が理解できる人は治験コーディネーター(CRC)の面接で求められる要素を理解できていると言えます。逆にこの言葉が理解できない人は、面接へ行くと不採用になってしまう可能性が高いと言えます。気をつけましょう。

退職退職手続きについて

看護師は退職手続きが大変です。油断しないようにしましょう。

病院で働く看護師は治験コーディネーター(CRC)の内定をもらっても安心できません。

退職手続きについて

看護師は治験コーディネーター(CRC)の内定を獲得した後に、もう一つ突破する必要のある壁があります。それは「退職手続き」です。看護師は臨床検査技師などの他の医療従事者と比較して、退職手続きに苦労する傾向が見られます。以下で詳しく説明します。

退職手続き病院をスムーズに退職する必要がある

退職届

看護師は病院をスムーズに退職できない場合が多いです。なぜなら、看護師不足に悩んでいる病院は、看護師の退職を少しでも減らそうと色々な手段を講じているからです。

SMOや病院が看護師を新たに治験コーディネーター(CRC)として採用したいと思っても、転職できる時期が他の応募者より遅ければ採用が見送られる(4月入社を除く)可能性が高くなります。また、退職日が予定よりも後ろにずれてしまった結果、治験コーディネーター(CRC)の内定が取り消されてしまうケースもまれに見られます。

病院で働いている看護師、特に転職経験のない看護師は「病院を簡単に退職できる」という考えは捨てることが賢明です。そのうえで、退職の申し出をした後で事務長や看護師長に言いくるめられないように、事前に退職に関する法律きちんと調べておき、他の看護師さんはどのように退職されているか日頃から情報のアンテナをしっかりと張っておくことが大切です。

詳しくはこちら
退職手続き
看護師出身CRCの転職アドバイス11
病院で働く看護師は治験コーディネーター(CRC)の内定をもらっても残念ながら安心できません。退職届を正式に受理してもらって、ようやく安心できると言えます。
看護師出身CRCの転職アドバイス12
就業規則に「3~6カ月前に退職の申し出をすること」と記載されていても法的な効力はありません。

そのような場合にどのように対処すれば良いかを理解しておくことが、いざという時に大変役に立ちます。事務長や看護師長に言いくるめられてしまっても、得することは何もありません。毅然とした態度で対処することが大切です。
画像

いなり相談を申し込む

「CRC・CRAへ転職を希望される方のサポート」と「CRCばんく・CRAばんくの運営」に携わらせていただいております。

マンガで分かる!看護師から治験コーディネーター(CRC)へ転職

転職サポート申し込みはこちら

ステップ1
まずは申し込み。入力は1分で終わります。
ステップ2
希望にマッチした求人情報を提供します。
ステップ3
書類選考・面接
ステップ4
内定・入社
入社後もずっとサポート!
転職相談に申込む

年収査定年収査定はこちら

  • 転職するときに、もっとも重視する条件の一つが「給料」です。

    治験コーディネーター(CRC)へ転職したときに自分のキャリアや経験がどれだけ評価されるのか、気になりますよね。

    こちらではあなたのプロフィールから、治験コーディネーター(CRC)へ転職したときの「年収」を予想します。

    転職活動の目安にしてみてはいかがでしょうか。
年収査定はこちら

合格予想合格予想はこちら

  • 「臨床経験が少ない」「転職回数が多い」など、選考に通過できる自信がなくて応募を迷っている方は意外に多いんです。

    こちらはあなたのプロフィールから、治験コーディネーター(CRC)へ応募した時の「書類選考の通過率」や「面接の合格率」を予想します。

    前もって合格率が分かると転職活動の無駄な手間が省けますよ。
合格予想はこちら

掲示板掲示板で質問をする

  • ちょっとした「悩み」や、ふとした「疑問」を気軽に掲示板で質問してみましょう。

    面倒な登録をしなくても、匿名ですぐに質問できます。分からなかったあなたの質問をみんなで解決できます。

    現役の治験コーディネーター(CRC)や人事担当者が回答してくれるかもしれませんよ。
みんなに質問をする
マンガで分かる!治験コーディネーター(CRC)
CRCばんくちゃんねる
EP綜合会社説明会
治験コーディネーター(CRC)の掲示板
転職成功事例
履歴書・職務経歴書自動作成ツール
治験コーディネーター(CRC)のクチコミ
治験コーディネーター(CRC)の新着求人メール

お気に入り

閲覧履歴

検索履歴

CRAばんく

PAGE
TOP