トップページ  > 治験コーディネーター(CRC)の履歴書・職務経歴書  > 臨床心理士の「職務経歴書」の書き方・見本

臨床心理士の「職務経歴書」の書き方・見本

臨床心理士の職務経歴書の書き方・見本

「職務経歴書の書き方が分からない」「職務経歴書を作成したけど自信がない」と思っている臨床心理士のために「病院」や「クリニック」での経験を、どのようにまとめれば良いかを解説しています。

「経歴要約」「職務経歴詳細」「自己PR」のそれぞれをサンプル付きで解説していますので、治験コーディネーター(CRC)を目指す臨床心理士さんはご参考ください。採用担当者に「是非、会ってみたい」と思ってもらえる職務経歴書を作りましょう!

職務経歴書(WORD)のダウンロードはこちら ダウンロード

パソコンを持っていない方はこちら 職務経歴書PDF自動作成ツール

職務経歴書臨床心理士の職務経歴書の書き方・見本

職務経歴書の出来栄えが選考の結果を大きく左右します。

良い職務経歴書は3つの役割を果たす

  • 採用担当者に「会いたい」と思わせる。
  • 採用担当者に「質問したい」と思わせる。
  • 採用担当者に「良い人物だった」と思い出させる。

良い職務経歴書が果たす3つの役割

良い職務経歴書は3つの役割を果たします。まず一つ目が

  • 採用担当者に「会いたい」と思わせること

です。書類選考に通過するためには、まずは採用担当者に「会って話をしてみたい」「会ってどのような人物かを確認したい」と思ってもらう必要があります。そのためには、職務経歴書には採用担当者が興味を持つ事柄を、分かりやすく書く必要があると言えるでしょう。二つ目は

  • 採用担当者に「質問したい」と思わせること

です。採用担当者に「この経歴について、より詳しく聞いてみたい」「この部分について質問したい」と思ってもらう必要があります。そのためには、アピールポイントを簡単な表記のみにとどめ、詳しくは面接で説明するという戦略も必要になるかもしれません。最後は

  • 採用担当者に「良い人物だった」と思い出させること

です。内定を獲得するためには、他の応募者と比較して「あの人物は良かった」と思い出してもらう必要があります。面接が終わり、採用・不採用を決定する場面で、採用担当者の肩を押すような職務経歴書が好ましいと言えます。

では、以下で職務経歴書のそれぞれの部分の書き方について詳しく見ていきましょう。

職務経歴書のレイアウト
1 タイトル・日付・氏名

1.タイトル・日付・氏名の書き方

2 キャリアの要約
  • 最初に経歴の要約を書くことにより、採用担当者に職歴の全体像を分かりやすく伝えます。

2.経歴要約の書き方

3 職務経歴
  • 職務経歴の詳細を分かりやすく記入します。

3.職務経歴詳細の書き方

4 自己PR
  • 最後に自己PRを書いてまとめます。
  • スペースが余るようでしたら、取得資格を書いても良いでしょう。

4.自己PRの書き方

Q
職務経歴書に何を書いて良いか分かりません。
A
職務経歴書に何を書けば良いか職務経験の少ない臨床心理士からよく受ける質問です。

文章量が少なく空白が目立つ職務経歴書は採用担当者への印象が悪いため、書類選考と面接で不利になることが予想されます。治験コーディネーター(CRC)の職務経歴書について最も大事なことは書いてある内容ではなく、職務経歴書の下まで文章で埋まっていることなのです。

よって、まずは職務経歴書の上から8割ぐらいまでを文章で埋めることを目標に日々、携わっている通常業務の内容を職務経歴書に細かく書くことによって空白をなくしていきましょう。そのうえで「経歴要約」「資格」「自己PR」を付け加えて書類を仕上げていきます。
Q
職務経歴書はパソコンで作成したほうが良い?
A
職務経歴書はパソコンで作成するはい。パソコンで作成したほうが良い結果につながりやすいです。なぜなら、手書きの職務経歴書は採用担当者に「この人はパソコンスキルが低いのかな?」と思われてしまうからです。

他にも手書きの場合「詳細な職務を記入することが難しい」「印刷したものに比べ、分かりにくい」などの理由があげられます。実際に治験コーディネーター(CRC)へ転職できた人の多くは、パソコンで作成した職務経歴書を使用しています。

職務経歴書の作成方法

※50名のCRCばんくの口コミアンケート調査データをもとに作成(調査期間:2015年4月~2018年3月、有効回答数:N=50)。

Q
職務経歴書は何枚にまとめればいいの?
A
職務経歴書は2枚以内にまとめる2枚以内にまとめましょう。理由は採用担当者も忙しいため、見やすくて分かりやすい職務経歴書を好むからです。転職が初めての方は1~2枚、その他の方は2枚以内を目安にまとめましょう。

実際に3枚以上の職務経歴書の応募者の選考に通過する確率は、職務経歴書が2枚の人よりも低くなっているというデータもあります。

独力のみで職務経歴書を作成すると、色々な要素を詰め込みすぎて、自分以外の人には分かりにくい書類になってしまうことも多いようです。そのようなときは周囲のどなたかに見てもらうと、客観的に自分の職務経歴書を見直すことができます。

職務経歴書の枚数

※CRCばんく経由で転職をした50名のデータ(調査期間:2015年4月~2018年3月、有効回答数:N=50)より。

日付タイトル・日付・氏名の書き方

氏名だけ手書きにすると書類の格式がアップしますよ。
職務経歴書の冒頭
5 タイトル
  • 冒頭に大きく「職務経歴書」と記入します。
6 日付
  • 提出日の日付を記入しましょう。
  • 履歴書全体で西暦か元号表記かを統一するとすっきりします。
7 氏名
  • パソコンなどで作った職務経歴書を印刷して使う場合、氏名を手書きにすると書類の信用度が高まります。

書き方経歴要約の書き方

経歴を短くまとめたものが経歴要約になります。
経歴要約
8 経歴要約
  • 最初にあなたの職務経歴を3~5行にまとめたものを記入します。長すぎるのも短すぎるのも良くありません。
  • 4~5つ以上の職歴がある場合は、分かりやすくするために箇条書きにするのも良いでしょう。
  • 「です・ます」「だ・である」の文章が混在することは避け、どちらかに統一しましょう。
9 要約ではアピールできる経歴を優先して記入する
  • 経歴の要約には「病院名」や「会社名」だけでなく、何を経験したかを簡潔に書きましょう。
  • 「実績」「研究会」「教育担当」「リーダー業務」など、アピールになる経験を優先して書きましょう。

書き方職務経歴詳細の書き方

分かりやすくて、見やすくて、詳しくて、魅力的な書類・・。
職務経歴詳細
10 職務経歴詳細
  • 「病院名・会社名」「働いていた期間」は太字にしたり、四角で囲ったりして目立たせるようにすると、全体が見やすくなります。
  • 仕事の内容は箇条書きにすると見やすくなります。
西暦と和暦を変換したい方はこちら
西暦・和暦変換ツール
Q
退職理由を書くべきかどうか迷います。
A
職務経歴書の書き方で迷う退職理由の内容によって「書くべきか」「書かないべきか」を判断します。職務経歴書に書いて良い退職理由は、面接官が納得できる「やむを得ない理由」のみです。

例えば、「家庭の事情で介護が必要になった」「結婚」「出産・育児」「配偶者の転勤」「病院の閉鎖・業務縮小・移転」「会社倒産」などは書いたほうが良いでしょう。「他の病院を経験したい」という理由は、前職の在籍期間が3年以上あれば書いても良いでしょう。

しかし、「仕事が激務」「ノルマが多い」「上司や同僚との人間関係の悪化」「給与が低い」などの退職理由を書くことは避けたほうが無難です

また、同じ職務経歴書に退職理由が書いてあったり、なかったりする混在は避け、「書く・書かない」を統一する必要があります。
Q
退医療業界以外での経歴は書いたほうがいい?
A
医療と全く関係ない業界で働いていた経歴については、文章量を極めて少なくし、文字のサイズも小さくしてコンパクトにまとめたものを書くと、良い結果につながることが多いようです。医療業界での経歴と同列に書くことは避けましょう。1年以内の経験であれば省略してもかまいません。
Q
パートや契約社員、派遣での就業経験はどのように書けばいい?
A
派遣やアルバイトの職歴について雇用形態は職務経歴書に書く必要はありません。臨床心理士は契約社員やパートとして雇用され就業をしていることも多いため、雇用形態を職務経歴書に書くべきかどうかを迷うことが多いようです。治験コーディネーター(CRC)に転職が決まった人の多くは職務経歴書に雇用形態を書いていません。

1社〜2社の就業経験の場合は、派遣先病院名を記入して他の経歴と同列に表記すれば良いでしょう。3社以上のときは派遣元企業名を記入して、他の経歴と分けて表記すると見やすくなります。
Q
心理療法の詳細な説明は必要でしょうか?
A
基本的には必要ありません。なぜなら、治験コーディネーター(CRC)として心理療法を行うことはないからです。
11 病院や会社の概要を調べて記入する
  • 病院の場合は「病院の種類」「病床数」「職員数」「臨床心理士のスタッフ数」「配属」「所在地」「診療科」などを調べて記入します。
  • 会社の場合は「事業内容」「従業員数」「資本金」「設立」「本社所在地」などを調べて記入します。
病院の種類
開設者別 大学病院、国立病院、公立・公的病院、一般病院
機能別 特定機能病院(400床以上)、地域医療支援病院(200床以上)、地域密着型病院(その他)
病床数別 病院(病床数20床以上)、クリニック・診療所(病床数19床以下)
12 仕事の内容は4行以上記入する
  • 最初に「仕事の内容を一行でまとめたもの」を書くと分かりやすくなります。
  • 仕事の内容には「携わったカウンセリング」や「テストの詳細」を書きましょう。
  • 1つの職歴につき「4行以上」は書くようにしましょう。
  • 専門用語には解説をつけると、分かりやすくなります。
  • 教育・指導業務は「内容」や「人数」も書きましょう。
  • 「マニュアル作成」「リーダー業務」などはアピールポイントになります。忘れずに書きましょう。
13 学んだことや得たことを書く
  • 病院や会社で「学んだこと」「得たこと」「心がけていたこと」などを書いてアピールしましょう。
  • 臨床心理士として「どのような工夫をしたのか」「その結果どうなったのか」を書きます。
14 研究活動・学会発表もアピール材料になる
  • 研究活動についても忘れずに記入します。勉強会などもアピール材料になります。

PR自己PRの書き方

自分の良いところは分からない人が多いようです。
保有資格と自己PR
15 保有資格
  • 職務経歴書のスペースが余っている場合は空いているスペースに保有資格を記入しましょう。
  • 職務経歴書が3枚になりそうな場合は保有資格を消して、2枚以内になるように調整しましょう。
16 自己PR
  • 自己PRには「自分の長所」や「転職先で役立つ経験」を記入します。
  • 5行以上の文章量が必要です。文章量が少ないと採用担当者にあなたの熱意を疑われてしまいます。
  • 自己PRのテーマはできれば一つ、多くても二つにしぼりましょう。テーマが三つ以上になると、内容が分かりにくくなります。
  • 治験コーディネーター(CRC)はコミュニケーションスキルが問われることが多いため、これまでの仕事でどのようなコミュニケーションスキルを習得したか、コミュニケーションのどのような部分に自信があるかを具体的に書くと良いでしょう。
  • その他にも、臨床心理士として身につけた「患者様との信頼関係構築力」「医師や医療従事者との信頼関係構築力」「カウンセリング能力」「心理テストの知識」「プレゼン能力」「プレゼン資料作成能力」「精神科領域の知識」「カルテ判読経験」「病院やクリニックの組織への理解」などを書いても良いでしょう。
Q
自己PRの書き方を教えて
A
自己PRの書き方

1)自己PRを作るには、まず自分の「自慢できること」「夢中になったこと」「苦労してやり遂げたこと」「長所」「心がけていること」「熱意がある部分」などを書き出します。

2)その中から、応募する企業や職種にマッチすると思われるアピールポイントを一つ、もしくは二つ選びます。

3)選んだアピールポイントに具体的なエピーソードを付け足します。エピソードを書くことによって、あなたのアピールポイントが事実に裏付けられるため、より説得力を増すことになります。

4)そのアピールポイントが仕事でどのように活用できるかを書き加えてまとめます。

封筒封筒の書き方

封筒の準備まで終わればようやく一休みできますね。 封筒
20 住所
  • 都道府県から正確に記入しましょう。(応募書類を持参する場合は不要)
  • 丁寧な字で書きましょう。採用担当者は封筒もチェックしています。
21 あて先
  • ㈱などの略字は使わず、正式名称を書きましょう。
22 応募書類在中
  • 封筒の左下に「応募書類在中」と赤字で記入し、四角で囲みましょう。
23 切手
  • 切手はまっすぐに貼りましょう。(応募書類を持参する場合は不要)
  • 郵便料金が不足しないように注意します。4枚以上の書類を入れる時は92円切手を貼るほうが無難です。
  • 急ぐ時は郵便局に行って、速達にしてもらいましょう。
24 封筒の種類
  • 茶封筒は避け、白い封筒を使用しましょう。
  • 面接当日に「応募書類の原本を持参してください」と言われた場合にも、白い封筒を使用しましょう。茶封筒やクリアフォルダーを使用することは避けましょう。
  • 封筒のサイズは小さいもの(長形3号・洋形長3号(120×235)、長形4号(90×205))、大きいもの(角形1号(270×382)B4判、角形2号(240×332)A4判)のどちらでもOKです。封筒の大きさによる選考への影響は全くありません。小さい封筒を使用する場合は応募書類を三つ折にして入れます。
転職成功事例

転職サポート申し込みはこちら

ステップ1
まずは申し込み。入力は1分で終わります。
ステップ2
希望にマッチした求人情報を提供します。
ステップ3
書類選考・面接
ステップ4
内定・入社
入社後もずっとサポート!
転職相談に申込む

年収査定はこちら

  • 転職するときに、もっとも重視する条件の一つが「給料」です。

    治験コーディネーター(CRC)へ転職したときに自分のキャリアや経験がどれだけ評価されるのか、気になりますよね。

    こちらではあなたのプロフィールから、治験コーディネーター(CRC)へ転職したときの「年収」を予想します。

    転職活動の目安にしてみてはいかがでしょうか。
年収査定はこちら

合格予想はこちら

  • 「臨床経験が少ない」「転職回数が多い」など、選考に通過できる自信がなくて応募を迷っている方は意外に多いんです。

    こちらはあなたのプロフィールから、治験コーディネーター(CRC)へ応募した時の「書類選考の通過率」や「面接の合格率」を予想します。

    前もって合格率が分かると転職活動の無駄な手間が省けますよ。
合格予想はこちら

掲示板で質問をする

  • ちょっとした「悩み」や、ふとした「疑問」を気軽に掲示板で質問してみましょう。

    面倒な登録をしなくても、匿名ですぐに質問できます。分からなかったあなたの質問をみんなで解決できます。

    現役の治験コーディネーター(CRC)や人事担当者が回答してくれるかもしれませんよ。
みんなに質問をする
マンガで分かる!治験コーディネーター(CRC)
治験コーディネーター(CRC)の掲示板
転職成功事例
履歴書・職務経歴書自動作成ツール
アンケート謝礼金のご案内
治験コーディネーター(CRC)の口コミ
治験コーディネーター(CRC)の新着求人メール

検討中リスト0件

最近見た求人0件

保存した条件0件

CRAばんく

PAGE
TOP