トップページ > 治験コーディネーター(CRC)の転職成功事例 > 臨床経験1年前後で治験コーディネーター(CRC)へ転職成功

臨床経験1年前後で治験コーディネーター(CRC)へ転職成功

臨床経験1年前後で治験コーディネーター(CRC)へ転職成功

写真
20代前半/女性
広島県/2013年
看護師、保健師
応募した数
約4社
面接を受けた数
約2社
転職活動の期間
約7週間
満足度
口コミ評価4点
転職前 → 転職後
病院 業種 SMO
看護師 職種 CRC
約400万 年収 約320万
薬への思いを断ち切れず臨床経験1年前後で看護師から治験コーディネーター(CRC)へ転職できました。
高校生の時に薬剤師・看護師のどちらを目指すかで悩み、人と関われる仕事が良いと思い看護師を目指しました。

その後、病院で看護師として働き始めましたが、同僚や上司との人間関係が上手くいかずに半分ノイローゼのようになってしまい、臨床経験1年前後で退職となりました。

看護師以外で何か仕事がないかを探している内に治験コーディネーター(CRC)を見つけました。以前から薬に興味があったこともあり、ビジネスマナーなども求められるということで看護師よりも向いているのではないかと考えるようになりました。

インターネット上で求人を探して自分で応募しましたが、前職の経験年数が短いこともあり、面接へ進むことはできませんでした。治験コーディネーター(CRC)になることを諦められなかったので、転職相談へ申込んだところ、地元の小さなSMOの求人をご紹介いたただき、応募したところすぐに内定をもらうことができました。

年収や福利厚生などは心もとなかったですが、まずは治験コーディネーター(CRC)としての経験を積むことを優先したかったため、内定を承諾しました。

私の性格を考えると看護師よりも治験コーディネーター(CRC)のほうが向いていると思いますので、次は長く続けられるように頑張りたいと思います。

成功のポイント成功のポイント

成功のポイント
進路選択の際に薬剤師になることを一度でも検討したことがある方は治験コーディネーター(CRC)になる素養をお持ちであると言えます。

薬剤師にならなかった理由は学費や適性など色々あるかもしれませんが、薬剤師になろうと思ったことがある方は、薬剤への興味を持っており、薬剤の知識を学ぶことが好きである場合が多いです。

治験コーディネーター(CRC)は治療ではなく薬の開発に携わるお仕事です。そのため、薬への興味が人一倍ある方に向いている仕事であると言えます。

少しでも薬剤師になろうと思ったことがある方は治験コーディネーター(CRC)への転職を検討しても良いと思います。

看護師広島県の看護師の治験コーディネーターの最新求人

あなたの自宅の近くで求人は発生していますか?
治験求人数が普通

求人数が普通の状況です。数名の治験コーディネーター(CRC)の求人が発生しています。

治験コーディネーター(CRC)への転職を成功させるためには、応募者の経歴や人柄だけでなく、応募するタイミングも大切な要素です。現在は求人数が数名と少ないため、治験コーディネーター(CRC)への転職を考えている方はすぐに募集先へ問い合わせてみましょう。

CRCばんくがオススメする広島県の看護師の求人

CRCばんくがオススメする求人をご紹介

役立つ情報あわせて読みたい看護師向けの記事や情報

CRCへ転職する際に必要な知りたい情報が満載です。
治験コーディネーター(CRC)の掲示板
治験コーディネーター(CRC)の新着求人メール

転職サポート申し込みはこちら

ステップ1
まずは申し込み。入力は1分で終わります。
ステップ2
希望にマッチした求人情報を提供します。
ステップ3
書類選考・面接
ステップ4
内定・入社
入社後もずっとサポート!
転職相談に申込む

年収査定はこちら

  • 転職するときに、もっとも重視する条件の一つが「給料」です。

    治験コーディネーター(CRC)へ転職したときに自分のキャリアや経験がどれだけ評価されるのか、気になりますよね。

    こちらではあなたのプロフィールから、治験コーディネーター(CRC)へ転職したときの「年収」を予想します。

    転職活動の目安にしてみてはいかがでしょうか。
年収査定はこちら

合格予想はこちら

  • 「臨床経験が少ない」「転職回数が多い」など、選考に通過できる自信がなくて応募を迷っている方は意外に多いんです。

    こちらはあなたのプロフィールから、治験コーディネーター(CRC)へ応募した時の「書類選考の通過率」や「面接の合格率」を予想します。

    前もって合格率が分かると転職活動の無駄な手間が省けますよ。
合格予想はこちら

掲示板で質問をする

  • ちょっとした「悩み」や、ふとした「疑問」を気軽に掲示板で質問してみましょう。

    面倒な登録をしなくても、匿名ですぐに質問できます。分からなかったあなたの質問をみんなで解決できます。

    現役の治験コーディネーター(CRC)や人事担当者が回答してくれるかもしれませんよ。
みんなに質問をする
マンガで分かる!治験コーディネーター(CRC)
転職成功事例
履歴書・職務経歴書自動作成ツール
アンケート謝礼金のご案内

広島県の地域情報

特徴
広島県は中国地方の県です。中国山地を背にし、瀬戸内海に面しています。世界遺産である厳島神社や原爆ドームがあります。プロ野球の広島東洋カープやJリーグのサンフレッチェ広島の地元です。

広島県の看護師の主な出身校

  • 広島県立三次看護専門学校
  • 広島県厚生連尾道看護専門学校
  • 呉共済病院看護専門学校
  • 広島市立看護専門学校
  • 尾道市医師会看護専門学校
  • 呉医療センター附属呉看護学校

看護師出身のCRCの口コミ

面接
CRC未経験からの応募のため、最初の半年の雇用形態は契約社員でした。ただ、半年後はほぼ正社員になれるようです。
面接官は人事担当者がテレビ会議により参加、他にはOD(オフィスディレクター)やマネージャー、アシスタントマネージャーなど複数名です。
面接の雰囲気は多少圧迫的な感じを受けました。同じ質問を何度も受けましたが、医師を相手にするときに物おじしないストレス耐性があるかどうかをチェックしているようです。
面接は2回あり、それぞれ1時間前後でした。

聞かれた質問は
・志望動機
・ストレス耐性の有無(繰り返し)
・勉強は好きかどうか(GCPなどの専門用語を覚えてもらう必要がある)
・東京で行われる研修へ参加できるか
などです。(サイトサポート・インスティテュート/2016年)
面接
アットホームな雰囲気でした。最初にパンフレットのようなものをもらいました。

自己紹介、自己PR、病院とのギャップについて、育児のサポート状況、契約社員スタートでも大丈夫か、入社後半年は有給がつかないことについて説明を受けました。(サイトサポート・インスティテュート/2012年)
通勤・残業
それほど残業は多くなかった。時期による波はあるが、ほぼ残業が0であった月もあった。担当施設も家から近いので、個人的にはとても働きやし環境であった。残業になりそうでも、仕事のスケジュールを上手に調整して翌日の朝一で終わらせれば良いことが多い。
プロジェクトの合間などにまとまった休みを取ることもでき、海外旅行などへ行くことも可能。ワークライフバランスは非常に良い。(サイトサポート・インスティテュート/2013年)
福利厚生・休日
基本的には土日祝はお休みで、残業もそれほど多くはないため、労働環境は看護師の時から劇的に良くなったと言える。

福利厚生も一通り揃っており、長期的な就業に対して不安な要素はほとんどないと言える。(サイトサポート・インスティテュート/2017年)
面接
雰囲気はとても和やかで堅苦しい感じはうけませんでした。
現役の治験コーディネーターの方から仕事のイメージや東京での研修に参加できるかの確認を受けました。その他には自己紹介や志望動機、治験コーディネーターの仕事内容について聞かれました。
真面目で誠実な会社という印象を受けました。(株式会社EP綜合/2012年)
福利厚生・休日
iphoneが支給されるので嬉しい。(サイトサポート・インスティテュート/2016年)
教育研修制度
研修はとても充実していた。同期も多いため、悩みを相談したりしやすい。(サイトサポート・インスティテュート/2016年)
治験コーディネーター(CRC)の口コミ

お気に入り

閲覧履歴

検索履歴

CRAばんく

PAGE
TOP