2022年からCRCとして働くには?

2022年からCRCとして働くには?

「今すぐの転職は考えていないんだけど、2022年には治験コーディネーター(CRC)へ転職したい」「2022年4月から治験コーディネーター(CRC)として働きたい」と思っている人は、こちらの記事をご参考ください。

2022年から治験コーディネーター(CRC)として働くためには、どのように準備を進めていけば良いのかを解説しています。転職の準備は早すぎても、遅すぎても上手く進みません。きちんとスケジュールを立てて計画的に進めましょう。

質問2022年の転職を目指す人からよくある質問

いつから応募をすれば良いかはなかなか難しい問題です。
Q1
いつから応募できるの?
A1
いつから応募できるの?募集を開始する時期は会社・病院によって異なります。前年の5~8月前後などの早い時期の場合もあれば、4月が近くまで迫った2月になってからのときもあります。

正確な時期を知るためには、会社・病院に確認する必要がありますが、目安として12月になったら応募できると思っておきましょう。

募集開始月と応募開始月(4/1入社)

主要SMO15社、CRCばんくで転職した50名のデータ(調査期間:2015年4月~2021年10月、有効回答数:N=50)をもとに作成。

Q2
もっと早くから応募したいです。
A2
採用を開始する前に応募しても、受けつけてもらえないことが多いです。不採用として処理されてしまうこともあるため、企業・病院の都合の合わせて応募を開始することが大切です。
Q3
採用されやすい応募時期はいつ?
A3
採用されやすい時期上位10~20%以外の応募者は、応募時期が遅いほど選考の通過率は上がります。

なぜなら、5~8月前後などの早い時期は、採用担当者が「もう少し待てば、さらに良い人材の応募があるかもしれない」と思う傾向があるからです。その結果、合否の境界線上の応募者は不採用になりやすくなります。

逆に1~2月などの遅い時期は「良い人材の応募を待つ時間はない」と考えるため、採用されやすくなります。

ただし、応募時期が遅いほど選考の通過率は上がりますが、募集がなくなる可能性も大きくなります。選考の通過率を上げるために応募時期を遅らせた結果、募集がなくなってしまっては本末転倒です。

ですから、実際は「採用のされやすさ」と「募集の有無」を天秤にかけて、応募時期を見極める必要があります。
詳しくはこちら
合格予想
採用の理由 良い人材 多数の人材 早期の決定
応募時期 早い 遅い 早い 遅い 早い 遅い
上位10~20%の応募者 有利 不利 有利 不利 有利 不利
上位10~20%以外の応募者 不利 有利 五分 五分 五分 五分
Q4
在職中だけど大丈夫?
A4
問題ありません。多くの人は在職中に転職活動を行っています。ただし、日程調整に時間がかかったり、いくつもの求人に並行して応募することが難しかったりするなどの理由で、内定を取得するまでに時間がかかるため、早めに行動することを心がけましょう。

在職中の方の比率(4/1入社)

※CRCばんくを利用して転職した50名のデータ(調査期間:2015年4月~2021年10月、有効回答数:N=50)をもとに作成。

Q5
4月入社は有利ですか?
A5
必ずしも有利ではありません。転職回数が多い方や地方にお住まいの方は、4月以外に入社されるほうが有利な場合が多いです。

4月入社は「選択肢が多い」「応募時期を選べる」「現職を退職しやすい」などの有利な点がありますが、「ライバルが多い」「応募するタイミングが難しい」「4月より前に入社できる方に選考で負けやすい」などの不利な点もあるため、ご自身にとっても最も治験コーディネーター(CRC)へ転職しやすい入社時期を選んで応募されることをお勧めいたします。

4月以外でも入社できる方が、4月入社にこだわる必要性は低いと言えます。
詳しくはこちら

4月入社の有利な点

1位
求人の選択肢が多い
2位
応募時期を選べる
3位
現職を退職しやすい
4位
同期が多い

4月入社の不利な点

1位
ライバルが多い
2位
4月より前に入社できる方に選考で負けやすい
3位
応募するタイミングが難しい
4位
配慮の行き届いた教育を期待しにくい

治験2022年4月から働く場合のスケジュール

1年以上前から転職の準備を始められる人もいます。
~10月
情報を集める
情報収集「どのような治験の会社があるのか」「労働条件はどうなのか」など治験業界と、CRCの仕事内容の情報を集めます。

インターネットや本で調べたり、友人に聞いたりすると良いでしょう。疑問が出てきたら、なるべくその都度、確認するようにします。
詳しくはこちら
退職の際に必要な手続きを簡単に確認しておきます。

詳しくはこちら退職手続き

迷う集めた情報と現職を比較して、転職すべきかどうかを決めます。転職すべきかどうかを決断できない時は、まず治験コーディネーター(CRC)の転職活動を進め、後から決めるのもいいでしょう。

転職成功事例や、現役の治験コーディネーター(CRC)のクチコミも参考になります。大いに活用しましょう。
詳しくはこちら
11月~
応募書類を作成する
書類作成履歴書を作成します。履歴書用紙やプリンターなど必要なものを準備し、履歴書を作成します。日付は空欄にしておきます。また、美容院などに行って身だしなみが整った後に、証明写真を撮っておきましょう。
詳しくはこちら
職務経歴書も合わせて作成します。ご自身の経歴を整理して、職務経歴書にまとめておきましょう。パソコンが自宅にない人は、職務経歴書の用紙を準備して手書きで作成したり、インターネットカフェなどで作成したり、《CRCばんく》の「職務経歴書PDFの自動作成」を利用したりしましょう。
詳しくはこちら
志望動機の下書きを作成しておきます。志望動機は実際に応募する時に仕上げますので、現時点では簡単に下書き程度のものを作成しておきましょう。

詳しくはこちら志望動機の書き方

12月~
応募を開始する
ランチ応募する会社が決まったら、志望動機を完成させ、求人への応募を開始します。

応募できる会社が複数ある場合は、優先順位をつけて応募していきましょう。在職中の方は面接の日程調整のことを考慮して、同時に応募する会社を2社程度までにしておくほうが賢明です。

詳しくはこちら求人検索

「どの会社を選べばよいか分からない」「応募書類や面接に自信がない」「一人で転職活動をするのは不安だ」という方は、応募を開始する前に転職サポート会社に申し込みましょう。色々なサポートを無料で受けることができます。

ただし、応募した後に転職サポート会社へ申込むと、サポートをうけられない場合がありますので、前もって利用するかどうかを決めておきましょう。

詳しくはこちら転職相談

面接の日程を調整する
日程調整無事に書類選考に通過したら、面接の日程を調整します。多くの面接は平日に行われます。在職中の人は日程調整がしやすいように、平日に休みをとれるようにしておきましょう。
面接の準備をする
身だしなみを整える身だしなみを整え、服装や持ち物などがそろっているかもう一度、確認しておきます。

詳しくはこちら基本マナー

自己紹介や自己PRを作成し、面接で言えるように練習しておきます。その他に面接で聞かれる可能性が高い質問への返答を作成したり、面接の最後にする質問を用意したりします。

詳しくはこちら面接対策

面接を受ける
面接面接会場への経路を調べ、面接を受けます。面接会場へは道に迷っても遅刻しないよう、余裕を持って家を出ましょう。
1月~
内定を承諾する
内定を承諾する無事に内定をとることができたら、給料などの条件を確認して、内定を承諾するかどうかを決めましょう。一度、内定を承諾すると、後から辞退することは難しくなるため、慎重に決断をしましょう。

迷った時は両親や友人、転職サポート会社などに相談して、遅くても内定が出てから5日以内には結論を出しましょう。
2月~
退職の準備
退職準備上司に退職したいことを伝え、了承をもらった後に、退職届を提出します。その後、後任を決め、引き継ぎを開始します。

有給がたくさん残っている方はどのように有給を消化するかも打ち合わせておきましょう。

詳しくはこちら退職の手続き

3月~
入社の準備
転職先から入社に必要な書類のリストをもらい、用意できるものはそろえておきます。また、入社初日の勤務開始時間、場所、服装、持ち物などを確認しておきます。研修がある場合は研修のスケジュールや場所なども合わせて確認しておきます。
退職する
会社から預かっていたものを返却し、必要書類を受け取り、関係者にあいさつをした後に退職します。
4月~
出社する
出社晴れて新しい会社へ出社します。新しい環境はストレスがかかるため、早く寝るなど体調管理に気をつけましょう。

治験2022年4月から働く場合のスケジュール

1年以上前から転職の準備を始められる人もいます。
~10月
情報を集める
情報収集「どのような治験の会社があるのか」「労働条件はどうなのか」など治験業界と、CRCの仕事内容の情報を集めます。

インターネットや本で調べたり、友人に聞いたりすると良いでしょう。疑問が出てきたら、なるべくその都度、確認するようにします。

詳しくはこちら仕事内容業界研究

退職の際に必要な手続きを簡単に確認しておきます。

詳しくはこちら退職手続き

迷う集めた情報と現職を比較して、転職すべきかどうかを決めます。転職すべきかどうかを決断できない時は、まず治験コーディネーター(CRC)の転職活動を進め、後から決めるのもいいでしょう。

転職成功事例や、現役の治験コーディネーター(CRC)のクチコミも参考になります。大いに活用しましょう。

詳しくはこちら転職成功事例クチコミ

11月~
応募書類を作成する
書類作成履歴書を作成します。履歴書用紙やプリンターなど必要なものを準備し、履歴書を作成します。日付は空欄にしておきます。また、美容院などに行って身だしなみが整った後に、証明写真を撮っておきましょう。

詳しくはこちら履歴書の書き方履歴書PDF自動作成

職務経歴書も合わせて作成します。ご自身の経歴を整理して、職務経歴書にまとめておきましょう。パソコンが自宅にない人は、職務経歴書の用紙を準備して手書きで作成したり、インターネットカフェなどで作成したり、《CRCばんく》の「職務経歴書PDFの自動作成」を利用したりしましょう。

詳しくはこちら看護師の職務経歴書臨床検査技師の職務経歴書保健師の職務経歴書薬剤師の職務経歴書管理栄養士の職務経歴書 臨床工学技士の職務経歴書 理学療法士の職務経歴書 臨床心理士の職務経歴書 MRの職務経歴書 CRAの職務経歴書 職務経歴書PDFの自動作成

志望動機の下書きを作成しておきます。志望動機は実際に応募する時に仕上げますので、現時点では簡単に下書き程度のものを作成しておきましょう。

詳しくはこちら志望動機の書き方

12月~
応募を開始する
ランチ応募する会社が決まったら、志望動機を完成させ、求人への応募を開始します。

応募できる会社が複数ある場合は、優先順位をつけて応募していきましょう。在職中の方は面接の日程調整のことを考慮して、同時に応募する会社を2社程度までにしておくほうが賢明です。

詳しくはこちら求人検索

「どの会社を選べばよいか分からない」「応募書類や面接に自信がない」「一人で転職活動をするのは不安だ」という方は、応募を開始する前に転職サポート会社に申し込みましょう。色々なサポートを無料で受けることができます。

ただし、応募した後に転職サポート会社へ申込むと、サポートをうけられない場合がありますので、前もって利用するかどうかを決めておきましょう。

詳しくはこちら転職相談

面接の日程を調整する
日程調整無事に書類選考に通過したら、面接の日程を調整します。多くの面接は平日に行われます。在職中の人は日程調整がしやすいように、平日に休みをとれるようにしておきましょう。
面接の準備をする
身だしなみを整える身だしなみを整え、服装や持ち物などがそろっているかもう一度、確認しておきます。

詳しくはこちら基本マナー

自己紹介や自己PRを作成し、面接で言えるように練習しておきます。その他に面接で聞かれる可能性が高い質問への返答を作成したり、面接の最後にする質問を用意したりします。

詳しくはこちら面接対策

面接を受ける
面接面接会場への経路を調べ、面接を受けます。面接会場へは道に迷っても遅刻しないよう、余裕を持って家を出ましょう。
1月~
内定を承諾する
内定を承諾する無事に内定をとることができたら、給料などの条件を確認して、内定を承諾するかどうかを決めましょう。一度、内定を承諾すると、後から辞退することは難しくなるため、慎重に決断をしましょう。

迷った時は両親や友人、転職サポート会社などに相談して、遅くても内定が出てから5日以内には結論を出しましょう。
2月~
退職の準備
退職準備上司に退職したいことを伝え、了承をもらった後に、退職届を提出します。その後、後任を決め、引き継ぎを開始します。

有給がたくさん残っている方はどのように有給を消化するかも打ち合わせておきましょう。

詳しくはこちら退職の手続き

3月~
入社の準備
転職先から入社に必要な書類のリストをもらい、用意できるものはそろえておきます。また、入社初日の勤務開始時間、場所、服装、持ち物などを確認しておきます。研修がある場合は研修のスケジュールや場所なども合わせて確認しておきます。
退職する
会社から預かっていたものを返却し、必要書類を受け取り、関係者にあいさつをした後に退職します。
4月~
出社する
出社晴れて新しい会社へ出社します。新しい環境はストレスがかかるため、早く寝るなど体調管理に気をつけましょう。

質問よくある質問とみんなの回答

Q
会社規定で在職中の転職活動を禁止されていますが、次の転職先を決めてから退職するべき?
A
まず大前提としてご理解いただきたいことは「在職中は同業他社への転職活動を禁じる」という会社規定は、憲法上の職業選択(退職を含む)の自由を制限していますから、法的な効力はありません。仮に裁判になっても会社側が負けます。

ただしこのような会社規定を意図的に設けているような会社ですから、社員の転職を防止するための対策を考えている可能性があります。そのため転職活動をするにあたっては、活動する側が十分に気をつけるべきポイントがあります。

その最大のポイントは、決して会社から貸与されているものを使用して転職活動をしないことです。パソコンや携帯電話はもちろん、コピー機やボールペン1本に至るまで、転職活動とは切り離してください。

また、就業時間中の電話やメールも要注意です。個人の電話を使用していたとしても就業時間中に私的な目的で電話やメールをしていたとなれば、不用意な妨害を受ける可能性もあります。

以上の点に気をつけた上で、転職サポート会社なども利用して転職にチャレンジしましょう。
Q
退職の申し出をしてからCRCへの転職活動を始めるべきでしょうか。
A
看護師出身のCRCです。

私がいた大学病院は退職の半年前に申し出をすることになっていたので、まず退職の申し出をしてから、転職活動を始めました。

多くの治験コーディネーター(CRC)の求人がある都市部に住んでいましたので、治験コーディネーター(CRC)になれない可能性は低いと考え、先に退職の申し出をしましたが、もし、地方に住んでいたら、別の選択を考えたかもしれません。
Q
就業規則を守らずに退職すると損害賠償等のトラブルになりますか?
A
転職経験がない方ですか?

1ヶ月前に退職を申し出すれば基本的には損害賠償は請求されません。ただし、退職時に器物を壊したりするなどの特別なアクシデントがあった時は別ですよ。就業規則に3ヶ月と書かれていても、それは無効です。典型的な雇用側の脅し文句ですね。いわゆるブラック病院です。まあ、看護師さんなどは人手不足感が強いので、あの手この手で辞めさせないようにしているみたいですね。

退職は転職だけではなく、介護や病気、配偶者の転勤など色々な理由があります。3ヶ月も拘束なんてされたら困っちゃいますよ。

法律では2週間前に申し出をすれば良いとなっていますが、1ヶ月前が妥当との判例もありますので、1ヶ月前に退職の申し出をして、退職をすれば何も問題ありません。
Q
CRCとして勤務初日までに勉強しておいた方がいいこと
A
私が採用してもらった際に同じ質問を人事にしたところ、どうせ最初の研修で学ぶから用語や治験の流れ等一切勉強は不要ですと言われました。実際研修が手厚く予習していったものの不要だったなと感じたので、もし人事の方に電話する機会があるのでしたら、聞いてみると良いかもしれません。
Q
治験コーディネーターの転職に向けて準備をしておくべきことを教えてください。
A
志望動機(もしくは応募書類)を作ることから始めてみましょう。完成させる必要はありません。途中で止めても大丈夫です。まずは、気軽な気持ちで作ってみましょう。

志望動機(もしくは応募書類)を作り始めると、自分に何が足りないかが分かってきます。その足りない部分を補う準備をすると効率的な準備ができます。


<治験コーディネーター(CRC)の転職に向けて準備をしておくべきことの一例>

Q:治験コーディネーター(CRC)の仕事内容を詳しく知らない。
A:治験コーディネーター(CRC)の仕事内容を簡単に説明できるようになるまで、治験コーディネーター(CRC)の仕事内容や役割について調べてみましょう。


(CRCの仕事内容)

(CRCのやりがい)

~~~~~

Q:SMOが何かを知らない。
A:SMOについて調べ、病院との違いを理解しておきましょう。


(SMOとは?)

(院内CRCとSMOで働くCRCの違い)

~~~~~

Q:製薬業界を知らない。
A:製薬業界について調べておきましょう。製薬業界について書かれた本、いわゆる業界読本などを読んでおくのも良いでしょう。


(臨床開発業界の研究)

(製薬会社ランキング)

~~~~~

Q:新薬を知らない。
A:自身が得意な領域の新薬を調べておきましょう。


(治験情報/PMDA)

(2019年の医薬品売上げランキング)

~~~~~

Q:応募先を知らない。
A:応募先のホームページをじっくりと見てみましょう。

~~~~~

Q:適性検査が苦手。
A:適性検査の練習問題を解いてみましょう。


(適性検査の内容・種類と対策)

~~~~~

Q:なんのために働くか分からない。
A:自分自身の価値観を見直してみましょう。

~~~~~

Q:志望動機が上手に書けない。
A:見本や内定者の志望動機を参考にしながら作成してみましょう。


(CRCの志望動機の書き方とサンプル)

(内定者の志望動機)※会員さま向け

(志望動機の添削)※会員さま向け

~~~~~

Q:職歴がまとまっていない。
A:職務経歴書を作成してみましょう。


(CRCの履歴書・職務経歴書)

~~~~~

Q:長所が分からない。
A:職務経歴書の自己PRを作成してみましょう。


(CRCの履歴書・職務経歴書)※職務経歴書のページに自己PRの書き方の説明がございます。

(自己PRの説明の仕方)

(長所の説明の仕方)

(自己PRの添削)※会員さま向け

~~~~~

Q:両親や配偶者に転職を考えていることを話していない。
A:両親や配偶者に話をして承諾をもらっておきましょう。

~~~~~

Q:パソコンが苦手。
A:最低限のIT知識を身につけておきましょう。パソコンを買ったり借りたりして触ってみるのも良いでしょう。

~~~~~

Q:タイピングの速度が遅い。
A:ブラインドタッチの練習をしておきましょう。

~~~~~

Q:敬語が使えない。
A:秘書検定3級を勉強してみましょう。

~~~~~

Q:証明写真がきれいに撮れない。
A:化粧を練習したり、スーツを買い直しておきましょう。


(履歴書の証明写真)



<類似の質問>

(勤務初日までに勉強しておいた方がいいこと)
画像

いなり相談を申し込む

「CRC・CRAへ転職を希望される方のサポート」と「CRCばんく・CRAばんくの運営」に携わらせていただいております。

履歴書・職務経歴書自動作成ツール

転職サポート申し込みはこちら

ステップ1
まずは申し込み。入力は1分で終わります。
ステップ2
希望にマッチした求人情報を提供します。
ステップ3
書類選考・面接
ステップ4
内定・入社
入社後もずっとサポート!
転職相談に申込む

年収査定年収査定はこちら

  • 転職するときに、もっとも重視する条件の一つが「給料」です。

    治験コーディネーター(CRC)へ転職したときに自分のキャリアや経験がどれだけ評価されるのか、気になりますよね。

    こちらではあなたのプロフィールから、治験コーディネーター(CRC)へ転職したときの「年収」を予想します。

    転職活動の目安にしてみてはいかがでしょうか。
年収査定はこちら

合格予想合格予想はこちら

  • 「臨床経験が少ない」「転職回数が多い」など、選考に通過できる自信がなくて応募を迷っている方は意外に多いんです。

    こちらはあなたのプロフィールから、治験コーディネーター(CRC)へ応募した時の「書類選考の通過率」や「面接の合格率」を予想します。

    前もって合格率が分かると転職活動の無駄な手間が省けますよ。
合格予想はこちら

掲示板掲示板で質問をする

  • ちょっとした「悩み」や、ふとした「疑問」を気軽に掲示板で質問してみましょう。

    面倒な登録をしなくても、匿名ですぐに質問できます。分からなかったあなたの質問をみんなで解決できます。

    現役の治験コーディネーター(CRC)や人事担当者が回答してくれるかもしれませんよ。
みんなに質問をする
マンガで分かる!治験コーディネーター(CRC)
CRCばんくちゃんねる
治験コーディネーター(CRC)の掲示板
転職成功事例
履歴書・職務経歴書自動作成ツール
治験コーディネーター(CRC)のクチコミ
治験コーディネーター(CRC)の新着求人メール

お気に入り

閲覧履歴

検索履歴

CRAばんく

PAGE
TOP