トップページ  > 治験コーディネーター(CRC)の面接対策  > 面接でよく聞かれる質問と返答例

面接でよく聞かれる質問と返答例

面接でよく聞かれる質問と返答例

治験コーディネーター(CRC)の面接では、どのようなことを聞かれるのでしょうか。
もちろん、志望動機や転職理由は必ず聞かれますが、他にも「なぜ、弊社に応募したのか?」「仕事内容を説明してください」など、治験コーディネーター(CRC)の面接ならではの質問も多いようです。
こちらの記事では、治験コーディネーター(CRC)未経験者と治験コーディネーター(CRC)経験者のそれぞれについて、よく聞かれる質問集に加え、模範的な返答例のヒントが書いてあります。面接を受ける前にこちらを読めば、あなたは面接が上手になりますよ。

研修面接でよく聞かれる質問と返答例

面接を突破するために悔いのない準備をしましょう。

自己紹介自己紹介に関する質問と返答例

面接は自己紹介から始まります。必ず暗記しておきましょう。
Q
簡単な自己紹介を御願いします。 出題確率90%
A
自己紹介は1分程度に短くまとめましょう。
できる限り丁寧に説明しようとするあまり、5分10分と延々に自己紹介をされる方が時々見受けられますが、自分で自分の首を絞めていると言えます。なぜなら、5分10分もの間、相手の関心を引き続けるように話すことは極めて難しいからです。
「初対面の面接官にこのことを話したいけれども、話すためにはこういう背景を伝えなければならない。こういう人もいたことを説明しないといけない。そうでなければ、このアクシデントについては説明できない。」などと思ってしまうと、際限なく話が長くなりますので気をつけましょう。
また、頭の中だけで考えていると、いざ面接で聞かれた時に上手に言えないことが多々あります。それを避けるためには、自己紹介を口に出して言う練習をくり返して行うことが効果的です。

○良い返答例

  • ○○と申します。よろしくお願いします。学校を卒業後、○○病院の整形外科病棟で看護業務全般を経験しました。委員会は看護研究、教育、褥瘡、業務改善を担当しました。株式会社○○で訪問看護を経験した後、株式会社○○では治験コーディネーターとして整形を中心とした複数のプロジェクトを担当しました。治験事務局に移動になった後には○○病院等の治験契約やIRB運営のサポ−トを行いました。また、新人教育の担当も兼務しました。簡単ですが以上です。

☓悪い返答例

  • ○○と申します。趣味は~です。特技は~です。前職を辞めた理由は~です。御社を応募した理由は~です。

現役CRCのコメント1
神経質な人は高校時代の部活の話などから始めてしまいますが、それは決して自分にとって得ではありません。かえって面接の評価を落としている、と思っていただいて間違いないと思います。
Q
簡単な自己PRを御願いします。 出題確率50%
A
自己PRも自己紹介と同じように1分程度にまとめておきます。
治験コーディネーター(CRC)はコミュニケーションスキルを求められるため、これまでの仕事でどのようなコミュニケーションスキルを習得したか、コミュニケーションのどのような部分に自信があるかなどを具体的に述べると良いでしょう。

自己PRの作り方

1)自己PRを作るには、まず自分の「自慢できること」「夢中になったこと」「苦労してやり遂げたこと」「長所」「心がけていること」「熱意がある部分」などを書き出します。

2)その中から、応募する企業や職種にマッチすると思われるアピールポイントを一つ、もしくは二つ選びます。

3)選んだアピールポイントに具体的なエピーソードを付け足します。エピソードを付け加えることによって、あなたのアピールポイントが事実に裏付けられるため、より説得力を増すことになります。

4)そのアピールポイントが仕事でどのように活用できるかを付け加えてまとめます。

○良い返答例

  • 私のアピールポイントは「興味を持ったことに対して、貪欲に追及する性格」であることです。
    興味をもったことに対しては、本やインターネットで調べるだけでなく、他の人の意見から学び、実際に体験することにより多角的に物事を考えるようにしています。
    病院の研究発表では特別賞を受賞し「前向きな努力が伝わってくる良い発表だった」と講評を受けました。また、治験コーディネーター(CRC)の整形のプロジェクトのときには、治験担当医から「あなたを信頼しているので今後も御社でお願いしたい」と言われ、施設数が大幅に増えた結果、その年のベスト治験コーディネーター(CRC)に選ばれたことがあります。
    今後は御社で病院と企業で習得した知識と、実務経験をさらに追求したいと考えていますのでよろしくお願いします。簡単ですが以上になります。

Q
長所を教えて下さい 出題確率50%
成功談を教えて下さい 出題確率30%
A
よほど極端なことでなければ何を言ってもかまいません。実際に内容により不採用になることはまずありません。ここで重要なことは内容ではなく、聞かれたすぐに返答できること、すなわちリズムよく返答できることです。
長所や短所を聞かれて「そうですね・・」と考えこんで止まってしまう方は多いです。なぜなら私たちは日頃、自分の長所や短所を考えて生きていないから当然です。
ただ、企業側の評価として面接の時に長所・短所を聞かれて考え込んでしまうと「自分のことが分かっていない」という評価になってしまいます。ですので。準備としては「聞かれたらこれを言おう」というのが頭の中で定まっていれば内容は何でも良いと思います。

○良い返答例

  • 周囲から「よく気がつく面倒見のいいタイプ」とよく言われますので、これが自分の長所だと思っています。

☓悪い返答例

  • (10秒以上の沈黙の後)周囲から「よく気がつく面倒見のいいタイプ」とよく言われますので、これが自分の長所だと思っています。

Q
短所を教えて下さい 出題確率60%
A
短所は長所と異なり慎重な返答が求められます。なぜなら、実際に短所として述べた内容が理由となり、不採用になる方が結構な割合でいらっしゃるからです。
短所に何を言おうかと考えこんで沈黙することはもちろん避けたいのですが、それ以外に気をつけることとして、治験コーディネーター(CRC)に求められている適性要素を短所として言ってしまうことです。例えば治験コーディネーター(CRC)には複数の利害関係者の間に入り、スムーズな調整を行うためにコミュニケーション力が必須と言われています。それにも関わらず「コミュニケーション力が低いことが短所です」と述べてしまうと、採用担当者は前向きに採用を考えることができなくなってしまいます。
また、長々と短所を述べることも避けたいです。理由は短所を長々と述べても、面接評価がプラスになることはないからです。
まとめますと、短所は5~10秒ぐらいの短いセリフで、NGワードを避けながら、レスポンスよく返答すれば良いという結論になります。

○良い返答例

  • 失敗を恐れるあまり、慎重すぎるところがあると思います。
  • 集中すると周囲が見えなくなることがあります。

☓悪い返答例

  • (10秒以上の沈黙の後)コミュニケーション力に自信がありません。例えば、初対面の方と話す時に緊張してしまい、上手に用件を伝えられないことがあります。また、他の人よりミスが多いと思います。他にもストレスにも弱い部分があります。つい先日も仕事でトラブルが発生し、胃が痛くなり早退するということがありました。

Q
失敗談を教えて下さい 出題確率50%
一番の挫折は何ですか? 出題確率40%
A
治験コーディネーター(CRC)へ転職した後、色々なとまどいや挫折を、乗り越えられる人かどうかを確認する意図があります。「〜な失敗や挫折を経験しましたが〜にして乗り越えました」とポジティブにまとめましょう。
失敗談では重大なインシデントを言ってはいけません。患者様の生命に関わらないような失敗談を前もって用意しておきましょう。
また、どうしても思いつかないという方は、学生時代の失敗や挫折でもかまいません。治験コーディネーター(CRC)の面接では頻出の質問ですので、何か一つは返答を必ず用意をしておきましょう。

○良い返答例

  • 学生時代にクラブ活動でバスケットボールをやっていたのですが、練習中に不注意から左膝の靱帯を損傷してしまい、バスケットボールを続けられなくなったことです。しかし、その時にお世話になった看護師さんがすごく素敵な方で、その出会いによって私は医療業界へ進むきっかけとなりました。

Q
ストレスには強い方ですか? 出題確率50%
A
ストレスに弱いと言うと面接の評価が下がります。
ストレスに強い人、もしくはストレスにどちらかと言えば強い人はそのまま伝えて下さい。
ストレスに普通の人は、どちらかと言えばストレスに強いと返答してください。
ストレスにどちらかと言えば弱い人、もしくはストレスに弱い人は、ストレスには強くもなく弱くもないと伝えた上で、ストレスの解消法があることを合わせて伝えると良いでしょう。

○良い返答例

  • はい、ストレスには強いです。
  • ストレスへの強さは普通ですが、休日にはスポーツをしたり、ショッピングをしたりして、ストレスを溜めないようにしています。

☓悪い返答例

  • どちらかと言えばストレスに弱いと思います。

職務経歴書経歴・キャリアに関する質問と返答例

退職理由をどのよに説明するか悩む人も多いようです。
Q
前職の仕事の内容を教えてください 出題確率90%
A
この質問は難しくありません。なぜなら、自分が過去に経験してきたことを述べれば良いだけだからです。ですので履歴書や職務経歴書に書いてある内容が、きちんと頭に入っていれば問題ありません。
ただし、気をつけなければならないことが1点あります。それは「忘却」です。面接中に昔の仕事内容を思い出そうとすると、思い出せないことがあります。ですので、今一度、ご自身の書類を見直しながら、記憶の掘り起こしをかけておきましょう。一回記憶を上のほうに持ってきておけば、返答に困ることはそうないはずです。
Q
退職理由を教えてください。 出題確率100%
転職理由を教えてください。 出題確率100%
A
「同じ理由でうちも辞める可能性がある」と思われない返答をします。
退職理由は正直にありのままを言ってよい場合と、言ってはいけない場合があります。退職理由を言うことによって、採用担当者が何を気にするかというと「同じ理由でうちの会社も辞めやしないか」ということなのです。採用担当者は「採用に失敗したくない」と強く思っています。早期に辞められてしまうということは、採用の失敗を意味するため、退職理由はすごくデリケートであると言えます。
嘘はいけませんが、そのように受け取られない退職理由を、自分なりにまとめておく必要があります。言い方を変えると「~さん。これはしょうがないね。仮に私でも辞めるわ」と思っていただける退職理由であれば大丈夫です。例えば、「会社の業績が悪くなった」とか「倒産した」などの理由であればどなたでも理解していただけます。そのまま言っても問題はありません。
ただし、ご自分の選択で、つまり自己都合で辞めた場合は、きちんと相手に納得していただける退職理由を考える必要があります。

○良い返答例

  • 家庭の事情で介護が必要になったため
  • 結婚、出産育児のため
  • 主人の転勤のため
  • 病院が移転して通勤できなくなったため
  • 勤めていた会社が業績不振で給与が遅延するようになったため
  • 勤めていた会社が倒産したため

△良くも悪くもない返答例

  • キャリアアップのため
  • キャリアチェンジのため
  • 他の領域や分野を経験したいと思ったため
  • 規模の大きな病院で働きたいと考えたため(看護師)
  • 違う科を経験したいと考えたため(看護師)
  • 検体検査ではなく生理機能検査に携わりたいと考えたため(臨床検査技師)
  • エコー検査に携わりたいと考えたため(臨床検査技師)
  • 給食・厨房関連ではなく栄養指導に携わりたいと考えたため(管理栄養士)
  • 大学病院を経験したいと考えたため(MR)
  • 国際共同治験や癌領域を経験したいと考えたため(CRA)
  • 製薬会社やCROで働いてみたいと思ったため(CRA)
  • 留学のため
  • 残業が多いため(月平均50時間以上)
  • 通勤時間が長いため(片道平均1時間半以上)

☓悪い返答例

  • 夜勤が多いため
  • 残業が多いため(月平均50時間未満)
  • 通勤時間が長いため(片道平均1時間半未満)
  • 上司や同僚との人間関係が悪化したため
  • セクハラ・パワハラがあったため
  • 病気を患ったため
  • 給与が低いため

現役CRCのコメント2
退職理由と次の志望動機はきちんとつじつまが合っている必要があります。こういう理由で辞めました。だから、こういう理由で御社を志望しました。とスムーズに連動している必要があるのです。このつじつまが合ってない場合、あなたの説明は納得感に欠けることになるため、採用担当者はあなたが何か嘘をついている、何か隠していると感じてしまいます。その結果、採用担当者はあなたを採用することに不安になり、採用を見送ってしまう可能性が高くなります。
現役CRCのコメント5
キャリアアップやキャリアチェンジなどの前向きな転職理由も決して良い返答とは言えません。なぜなら、治験コーディネーター(CRC)になった後に、再びキャリアアップやキャリアチェンジをしたいと思った時に、別の会社や病院へ転職してしまう可能性が高い人と面接官に思われてしまうからです。
現役CRCのコメント6
1年以上の留学期間はブランクとして扱われてしまうことも多いです。治験コーディネーター(CRC)の業務で英語力が求められる場面は少ないですから、留学をした理由の返答は慎重に考えないと、マイナス評価を受ける可能性もありますよ。

チェック志望動機に関する質問と返答例

面接最大の山場は志望動機です。万全の準備をしておきましょう。
Q
なぜ治験コーディネーター(CRC)になりたいのですか? 出題確率100%
A
治験コーディネーター(CRC)になりたい理由は人それぞれでしょう。ここで気をつけることは、他の職種ではなく「なぜ治験コーディネーター(CRC)なのか」を説明できているかどうかです。
例えば、治験コーディネーター(CRC)になりたい理由に「コミュニケーション能力が生かせる」ことをあげる方は多いですが、それですと採用担当者に「別に治験コーディネーター(CRC)でなくても良いのでは?」と思われてしまいます。ですので、そのように思われないためには、治験コーディネーター(CRC)でなければならない理由を説明する必要があります。

○良い返答例

  • 薬の知識を生かせる上に、コミュニケーション能力を発揮できる
  • 習得したコミュニケーション能力と医療業界の経験を生かしつつ、新薬の開発に関われる
  • 積極的な性格と幅広い方と接してきたコミュニケーション力を治験業界で発揮できる

☓悪い返答例

  • 夜勤がない
  • 土日が休みである
  • 仕事と家庭が両立できる
  • コミュニケーション能力などが生かせる

別の記事でも詳しく説明していますので、さらに知りたい方はそちらもご覧ください。

詳しくはこちら治験コーディネーター(CRC)の志望動機の書き方とサンプル 不採用の理由2位は「志望動機があいまい」

Q
将来、どのような治験コーディネーター(CRC)になりたいですか? 出題確率70%
3年後、5年後にはどのような治験コーディネーター(CRC)になりたいですか? 出題確率40%
A
この質問には採用担当者の意図が二つ隠されています。
一つ目は「治験コーディネーター(CRC)として長期的な就業を考えているかどうかを確認するため」二つ目は「本気で治験コーディネーター(CRC)になりたいかどうかを確認するため」です。
3年後や5年後のことまで言える人であれば、長期的な就業が見込める可能性が高いはずですし、将来のキャリアプランを具体的に話すことができる人であれば、本気で治験コーディネーター(CRC)になりたいと思っているはずです。
よくある返答として「周囲から尊敬される治験コーディネーター(CRC)になりたい」というものがありますが、これでは本気で治験コーディネーター(CRC)を目指していないと言っているようなものですので、気をつけましょう。もし、この返答をするのであれば、もう少し具体的に「二つ以上の領域の治験に対応ができ、被験者の脱落やデータの欠損が少なく、治験担当医やモニターときちんとした信頼関係が築けるような、周囲から尊敬される治験コーディネーター(CRC)になりたいです。」ぐらい言いたいところです。

○良い返答例

  • 初年度はまず治験コーディネーター(CRC)の基礎を身につけ、一人でも業務をこなせるようにしたいです。2年目にはメイン担当として業務をこなしつつ、認定資格の取得を目指します。資格の取得後にはオンコロジーなどの難しい分野の治験や、英語を使用するグローバル治験にも関わってみたいと思います。3~5年後にはリーダーとして部下を育成したり、チームをまとめるなどのマネジメント業務にもチャレンジしたいと思います。

☓悪い返答例

  • 周囲から尊敬される治験コーディネーター(CRC)になりたいです

Q
CRA(臨床開発モニター)の仕事を知っていますか?出題確率10%
CRAではなく、なぜ治験コーディネーター(CRC)なのですか? 出題確率40%
A
治験コーディネーター(CRC)と似ている職業にCRA(臨床開発モニター)があります。どちらに転職するかを迷っている応募者も多いため、面接官はなぜCRA(臨床開発モニター)ではないかを聞いてくることがあります。
CRA(臨床開発モニター)の仕事内容をきちんと理解したうえで、なぜ治験コーディネーター(CRC)になりたいかを上手に返答しましょう。

○良い返答例

  • 患者様と接してきた経験を生かしたいからです。
  • 患者様と接する仕事をしたいと思っているからです。

☓悪い返答例

  • CRA(臨床開発モニター)の仕事はよく分かりません。

現役CRCの面接アドバイス8
東京・埼玉・神奈川・千葉・大阪・神戸以外では、こちらの質問を聞かれることはまずありません。なぜなら、CRA(臨床開発モニター)の求人がないからです。
Q
なぜ他社ではなく、弊社に応募されたのですか? 出題確率30%
A
応募した会社の特徴を調べておき、それを伝えます。

○良い返答例

  • 御社はSMO業界1位の売り上げと治験コーディネーター(CRC)数を誇る、最大手の企業であるとお伺いしています。そして、リーディングカンパニーとして大学病院からクリニックまで多くの治験を行い、日本のライフサイエンスの発展に貢献されているとホームページで拝見しました。
    私の総合病院とクリニックの経験を治験というステージで発揮し、リーディングカンパニーの治験コーディネーター(CRC)として貢献できると考え応募させていただきました。

☓悪い返答例

  • 自宅から近いからです。
  • 求人を見つけたからです。

別の記事でも詳しく説明していますので、さらに知りたい方はそちらもご覧ください。

詳しくはこちら SMOランキング 治験コーディネーター(CRC)の志望動機の書き方とサンプル

現役CRCのコメント3
その会社ならではの志望動機を作るためには、企業研究が必要です。要するに、事前にやるべきことは、相手のことをよく調べることなんです。企業研究のためにホームページやインターネットを活用して、情報をとにかく集める。そして、別に本音でなくてもかまいませんから、なぜ御社を応募したのか、ここを軸にしっかりと強いものを持っていれば非常に強い面接ができるはずです。

CRC仕事内容に関する質問と返答例

仕事内容の説明はライバルに差をつけるチャンスの部分です。
Q
治験コーディネーター(CRC)の仕事内容を説明してください 出題確率80%
A
応募者によって返答のレベルが大きく異なる部分です。
仕事内容の理解度が高くなると、内定を取得できる確率も比例して上がります。ですので、時間をかけて準備する価値がある部分であると言えるでしょう。
では、なぜ仕事内容をきちんと説明できる人は面接に受かりやすくなるのでしょうか?それは、治験コーディネーター(CRC)の仕事内容をきちんと理解している人は、仕事内容のイメージと現実のギャップにとまどうことが少ないため、入社後の働きに期待ができる上に、すぐに退職してしまうリスクが低くなるからです。
逆に仕事内容のイメージができていない人は、採用担当者からすれば治験コーディネーター(CRC)として頑張ってもらえるかどうかは入社してみないと分からない人と映るため、今一歩採用に及び腰になることが考えられます。
説明のコツとしては2~3個の治験の専門用語を含めて説明すると良いようです。他にも被験者と医療従事者だけでなく、製薬会社とのやりとりが発生することを忘れずに述べることも大切です。

○良い返答例

  • 被験者、治験担当医、製薬会社との間に立ち、治験のデータがより正確に、よりスムーズに収集できるようサポートする職種です。具体的にはインフォムド・コンセント、症例報告書(CRF)の作成、有害事象への対応などがあります。

☓悪い返答例

  • 医者と患者をコーディネーション・調整する仕事です。具体的には書類の作成や医者との調整などがあります。

別の記事でも詳しく説明していますので、さらに知りたい方はそちらもご覧ください。

詳しくはこちら 治験コーディネーター(CRC)の仕事内容 治験コーディネーター(CRC)の一日

Q
治験コーディネーター(CRC)にとって一番大切なスキルは何だと思いますか? 出題確率60%
A
比較的、何を返答しても良い部分であると言えます。
比較的多い返答は「コミュニケーションスキル」「コーディネーション力」「ストレス耐性」「事務処理の正確性」「目標達成力」「治験薬と治験領域の知識」などですが、どのように返答しても合否を左右することが少ないため、あなたが思う治験コーディネーター(CRC)にとって一番大切なスキルをそのまま述べれば良いでしょう。

○良い返答例

  • 他の患者様の診察状況に配慮をした上で、医者や看護師と接することです
  • 被験者の気持ちを理解して接することができるコミュニケーション能力です
  • 症例報告書などの書類をGCPを遵守して作成することができる事務処理の正確性です
  • 医者や製薬会社に無理難題を言われても、くじけない精神的な強さです
  • 治験の目標症例数を達成するという目標意識の高さです

Q
前職の経験のどの部分が治験コーディネーター(CRC)の仕事に生かせると思いますか?出題確率40%
A
治験コーディネーター(CRC)の仕事内容の理解を確かめる質問が続きます。治験コーディネーター(CRC)の仕事内容をきちんと理解した上で、自身のスキルと経験をどのように生かせるのか、また、足りない部分は何なのかをまとめておきましょう。

○良い返答例

  • 疾患の知識が症例報告書(CRF)を作成する際に生かせると思います。
  • カルテの判読経験が被験者スクリーニングの際に生かせると思います。
  • 医師・患者様とやりとりの経験がインフォームドコンセントを行う際に生かせると思います。
  • 検査値の判読経験が有害事象の見極めの際に生かせると思います。
  • 薬の知識が治験薬を理解するために生かせると思います。

Q
治験の意味を教えてください 出題確率30%
GCPの意味を教えてください 出題確率20%
SMOの意味を教えてください 出題確率20%
A
治験の用語を知っているかどうかを確認する質問です。知っているかどうか、知っている場合はきちんと説明できるかどうかが問われます。
知らない場合は返答ができずに、面接の評価が下がります。逆にきちんと説明ができると内定を取得できる確率が高くなります。
時間がある時に主要な用語については簡単に説明ができるように準備をしておきましょう。

詳しくはこちら 治験とは 新GCPとは SMOとは 治験用語集

Q
臨床経験のある方が治験コーディネーター(CRC)へ転職して戸惑うことを教えて下さい 出題確率80%
A
採用担当者の不安を取り除いて、安心感を与えられるかが問われる極めて重要な質問の一つです。
採用担当者も同じ人間ですので、過去に採用に失敗した経験は一度や二度は必ずあるものです。あなたも経験がありませんか?新人が入ってきたけれども、明らかにダメな人で、なぜこのような人を採用したのかなと思っていると、案の定すぐに退職をしていった人・・・。
採用担当を長くやっていればいるほど、採用に失敗した経験もたくさんあります。ですので、採用担当者は今度は過去と同じ失敗を繰り返したくないと強く思っています。
では、応募者はこのような質問に何と返答すれば良いのか?まず、採用担当者の気持ちを理解しましょう。採用担当者の気持ちは「この人はちゃんと頑張ってくれるのかな?」「くだらない理由ですぐに辞めちゃわないかな?」という猜疑心で一杯だと思って下さい。そのような疑いの目で見ています。
面接の中で相手の猜疑心を取り除くことが出来れば、相手に安心を与えることが出来ればそれは内定という結果になってきます。逆に面接で落ちるというのは残念ながら面接の中で相手の不安を取り除くことが出来なかった、あるいは余計に不安にさせてしまった、その結果が面接落ちという評価になります。
前置きが長くなりましたが、治験コーディネーター(CRC)へ転職して戸惑うことというのは、ズバリ!!「治験コーディネーター(CRC)の退職理由」と同じであると言えます。ですので、前もってよくある退職理由などを調べておき、「私はそのような理由で退職しませんよ。安心してください。」と暗に伝えることができれば、内定へ大きく前進すると言えるでしょう。

○良い返答例

  • 医療行為に関わることが少なく、医療スキルが落ちる
  • 調整業務が大変で以前の仕事よりストレスがたまる
  • 治験コーディネーター(CRC)の地位があまり高くなく、医者と接する時に以前よりも神経を使う
  • 目標が設定され、利益を追求する
  • 予想していたよりも事務処理が多く、一日中パソコンの前に座っていることもある
  • 治験によって患者の症状が悪くなることがあり良心の呵責に悩む
  • 勤務地まで遠い
  • 給料が少ない

現役CRCのコメント4
採用担当者は人を採用したいのです。いつまでに人を増やさなければいけないとか、人が必要だから募集を行っています。そこであなたが来たから是非とも採用したいのです。ただ採用したいけれども、失敗したくない。そう思っている採用担当者の不安を取り除き、相手を安心させて、私を採用しても問題ないですよと、背中を押してあげることができれば、おのずと内定という結果につながってくるはずです。
Q
医者から無理難題を言われた場合、どのように対処されますか? 出題確率30%
A
ご自身の経験にもとづく対処方法を述べます。

会社企業・業界に関する質問と返答例

複数の企業に応募している場合、混乱しないようにしましょう。
Q
ホームページをご覧になってどう思いましたか? 出題確率20%
A
ホームページを見ているかどうかを確認する質問です。面接の前に応募企業のホームページにはきちんと目を通しておき、あなたが感じた感想を素直に述べれば良いでしょう。
Q
他社に応募していますか? 出題確率60%
A
基本的には「応募していません、御社のみです」と返答します。
もし、他社へも応募していることを伝える場合は、御社が第一志望であることを合わせて伝えます。

○良い返答例

  • 御社のみです
  • 御社以外にも応募していますが、御社が第一志望ですので、働く機会をいただけましたら、他社は丁重に辞退する予定です。

☓悪い返答例

  • 応募しています。早く内定をいただけたほうに入社するつもりです。

現役CRCのコメント7
応募先に対して第一志望であることをきちんと説明できる場合は正直に転職活動の状況を説明しても問題はありません。ただし、説明できない場合は注意が必要です。なぜなら、多くの採用担当者は第一志望ではないことを知って採用意欲が減少するからです。多くの応募者は第二志望以下の応募先に対しては明確な志望理由を説明できないことが多いため、慎重な準備が必要になります。
Q
他に応募中の会社名を教えて下さい 出題確率10%
A
他に応募中の会社名まで聞かれることはまずありませんが、聞かれた場合は上手に返答する必要があります。なぜなら、他に応募中の会社から内定が出た場合、そちらに行ってしまうと思われると、あなたの選考のスピードが遅くなったり、あなた以外の応募者を優先して選考する可能性があるからです。ですので、応募中の会社名を伝える場合は、採用担当者に安心感をもってもらうような会社名を伝える必要があります。

○良い返答例

  • ○○です。(面接中の会社よりも規模が小さく、労働条件が悪いと推測される会社)
  • ○○です。(採用担当者が知らないような小さい会社)

☓悪い返答例

  • ○○です。(面接中の会社よりも規模が大きく、労働条件が良いいと推測される会社)
  • ○○です。(誰もが知っているような大手企業)

Q
他社の選考状況を教えて下さい 出題確率30%
A
選考があまり進んでいないことを伝えましょう。
選考が進んでいることを伝えて、結果を急いでもらう方法もありますが、応募者の都合よく物事が進む可能性は低いため、なるべく避けたいところです。

○良い返答例

  • 書類選考中です。
  • 書類選考を始めたばかりで、面接になるかどうかは分かりません。

☓悪い返答例

  • 最終面接が終わり、結果を待っている状況です。
  • 明日、面接の予定です。

Q
同業の会社をどこかご存知ですか? 出題確率30%
A
1社もしくは2社程度の会社名を答えます。
「知りません」と返答すると業界への志望度が低いと判断されてしまいますし、3社以上の社名を伝えると、面接中の会社への志望度が疑われてしまいます。できれば面接中の会社よりも規模が小さく、労働条件が悪い会社の名前を言うことができればベストです。

○良い返答例

  • ○○と○○です。(両社とも面接中の企業よりも規模が小さく、労働条件が悪いと推測される)

☓悪い返答例

  • 知りません。
  • ○○と○○、それに○○と○○、○○も知っています。他にも○○や○○も聞いたことがあります。

お金労働条件に関する質問と返答例

前向きに、ポジティブに返答していきましょう。
Q
どれぐらいの期間、弊社で働こうと思っていますか? 出題確率30%
A
長期間、働く意思があるかどうかを確認する質問です。なるべく長い期間を返答すると良いでしょう。

○良い返答例

  • なるべく長く、できれば定年まで働きたいと思っています。
  • 最低でも5年は働きたいと思っています。
  • 将来、結婚や出産をした後も仕事を続けたいと思っています。

☓悪い返答例

  • まずは半年間がんばりたいと思います。
  • 初めての仕事ですので、分かりません。

Q
いつから働けますか? 出題確率80%
A
なるべく早い時期を返答したいところです。あまり遅いと、採用担当者のテンションが下がってしまいます。

○良い返答例

  • 内定を取得してから1ヶ月以内には働けると思います。

☓悪い返答例

  • はっきりと断言できませんが、場合によっては2~3ヶ月先になるかもしれません。

Q
前職の給料はいくらですか? 出題確率80%
希望の給料はいくらですか? 出題確率70%
A
希望の給料を聞かれた時には「御社規定に従います」と返答することが無難です。
ただし、多くの場合「具体的にいくら欲しいですか?」と続いて聞かれることも多いため、事前に希望の年収額を算出しておきましょう。その時に採用担当者が想定している年収を上回る金額を言うと、不採用になる確率が高くなるため、事前に想定年収をを調べた上で、想定年収と同じくらいの金額、もしくは若干下回る金額を伝えると良い結果につながることが多いようです。

○良い返答例

  • 御社規定に従います。
  • 前職と同じぐらい、もしくは若干下回るくらいの金額をいただければ十分です。

☓悪い返答例

  • 前職を上回る金額をいただきたいと思っています。

治験コーディネーター(CRC)の給料が知りたい方はこちら 治験コーディネーター(CRC)の給料・年収

Q
通勤時間はどれくらいまで我慢できますか? 出題確率50%
A
1時間以内と返答する方が多いようです。それより短いと、内定を取得できる可能性が低くなります。熱意をアピールするのであれば1時間30分以内と返答しても良いでしょう。内定を取得できる可能性が高くなります。

○良い返答例

  • 毎日のことですので、1時間まで我慢できます。時々であれば1時間を超える通勤時間も前向きに検討したいと思います。
  • 90分です。

☓悪い返答例

  • 30分です。

Q
研修には参加できますか? 出題確率80%
残業はできますか? 出題確率80%
残業が多くても大丈夫ですか? 出題確率10%
休日出勤はできますか? 出題確率30%
出張はできますか? 出題確率40%
A
このようなネガティブな質問には全てイエスで答えるのが基本です。本音からノーと言ってしまうとそこで選考が終わってしまう可能性があります。
中途入社を希望される方は、前職で何か失敗をしたり、前職で何か間違ったなと思うことがある方がほとんどです。次に働く会社では事前にこういう問題を解決しておこうとか、こういうは避けようなど、そのような思いをたくさん持っていらっしゃる方が多いです。
ただし、忘れないでいただきたいのは、内定を頂いた時点で初めてその会社に行くか、行かないかの選択権が与えられることです。内定を頂いた会社に絶対入社しなければいけない義理はどこにもないはずです。であれば、内定を取ってからじっくりと考えれば良いのです。
ただし、面接で聞かれたネガティブな質問が、どうしても許容しきれない話だった場合、面接でこんなことを言ってくる会社には内定をもらっても万が一つにも行かない、と言い切れるのであればタオルを投げてしまっていいと思います。ただし、選択肢として残しておきたいと思うのであればやっぱりイエスと言って面接を続けるべきです。そこに本音は必要ないと言えます。

○良い返答例

  • 大丈夫です。問題ありません。
  • 歓迎はしませんが、なるべく御社の規定に従えるよう努力したいと思います。

☓悪い返答例

  • できません。
  • なるべく避けたいです。

治験コーディネーター(CRC)の労働条件について知りたい方はこちら 治験コーディネーター(CRC)の労働条件についての質問&回答

Q
転勤はできますか? 出題確率30%
A
上ではネガティブな質問に対してはイエスと答えると書きましたが、転勤に関する質問だけは正直に返答したほうが良いと言えます。なぜなら、前向きな返答をしよう心がけるあまり、転勤についてもイエスと返答した結果、本当にいきなり転勤になってしまう事例が時々見受けられるからです。
「できません」と返答すると角がたちますので、「できれば○○(希望勤務地)で働きたいと思っています。」とやんわりと返答するのが良いでしょう。
会社の就業規則には「転勤の可能性がある」と書かれている会社が多いため、建前として聞かれることの多い質問と言えますが、治験コーディネーター(CRC)に転勤がある可能性は実際には低いため、過度な心配は不要と言えるでしょう。

○良い返答例

  • できれば○○(希望勤務地)で働きたいと思います。
  • まずは○○(希望勤務地)で働きたいと思います。仕事を覚えた将来に再度、検討したいと思います。

☓悪い返答例

  • できます。(転勤できないにも関わらず)
  • できません。

治験コーディネーター(CRC)の掲示板

転職サポート申し込みはこちら

ステップ1
まずは申し込み。入力は1分で終わります。
ステップ2
希望にマッチした求人情報を提供します。
ステップ3
書類選考・面接
ステップ4
内定・入社
入社後もずっとサポート!
転職相談に申込む

年収査定はこちら

  • 転職するときに、もっとも重視する項目の一つが「給料」。治験コーディネーター(CRC)へ転職した時に自分のキャリアや経験がどれだけ評価されるものなのか、気になりますよね。
    ここでは、あなたのプロフィールなどから、治験コーディネーター(CRC)へ転職した時の年収を割り出します。
    転職活動の目安にしてみてはいかがでしょうか。
年収査定はこちら

合格予想はこちら

  • 臨床経験が少ない、転職回数が多いなど、選考に通過できる自信がなくて応募を迷っている方は意外に多いんです。
    ここでは、あなたのプロフィールなどから、治験コーディネーター(CRC)へ応募した時の書類選考や面接の合格率を予想します。
    前もって合格率が分かると転職活動の無駄な手間が省けますよ。
合格予想はこちら

掲示板で質問をする

  • ちょっとした悩みごとや、ふとした疑問を気軽に掲示板で質問してみましょう。
    面倒な登録が不要ですので、匿名ですぐに質問できます。分からなかったあなたの質問をみんなで解決できます。
    現役の治験コーディネーター(CRC)や人事担当者が回答してくれるかもしれませんよ。
みんなに質問をする
転職成功事例
アンケート謝礼金のご案内
治験コーディネーター(CRC)の口コミ
治験コーディネーター(CRC)の新着求人メール

検討中リスト0件

最近見た求人0件

保存した条件0件

CRAばんく

PAGE
TOP