トップページ > 治験コーディネーター(CRC)の仕事内容 > 看護師から治験コーディネーター(CRC)になるには

看護師から治験コーディネーター(CRC)になるには

看護師から治験コーディネーター(CRC)になるには

看護師から治験コーディネーター(CRC)になるために「知っておくべきこと」を解説しています。

看護師から治験コーディネーター(CRC)になるために知っておくべき「年収」「応募条件(年齢・経験年数・転職回数・配偶者・子供)」「合格率」「選考方法(面接・筆記試験)」「なった理由」「離職率」の6つを解説しています。

看護師の特集ページはこちら
看護師の治験コーディネーター(CRC)の求人募集
看護師へのアドバイスはこちら
看護師が治験コーディネーター(CRC)へ転職する際の注意点
看護師の転職成功事例はこちら
看護師の治験コーディネーター(CRC)の転職成功事例

看護師看護師が知っておくべきこと

看護師からCRCになるために知っておくべきことは何かしら。

年収年収は?

看護師からCRCになると年収は少し下がるみたい。

看護師から治験コーディネーター(CRC)になる場合、年収は20代で約35万円、30代で約70万円ほど、下がることが多い。

看護師からCRCになった時の年収

※120名のCRCばんくの口コミアンケート調査データをもとに作成(調査期間:2015年4月~2018年3月、有効回答数:N=120)。(残業代は除く)

看護師とCRCの年収比較

※120名のCRCばんくの口コミアンケート調査データをもとに作成(調査期間:2015年4月~2018年3月、有効回答数:N=120)。
※看護師は2016年の賃金構造基本統計調査のデータを独自に加工して作成。

年収

厚生労働省の平成28年度賃金構造基本統計調査によると、看護師の平均年収は20代が約425万円、30代が約475万円となっています。

看護師が未経験から治験コーディネーター(CRC)へ転職した場合、初年度の平均年収は20代が約390万円、30代が約405万円ですから、看護師から治験コーディネーター(CRC)へ転職した場合、年収は20代で約35万円、30代で約70万円ほど、下がることになります。

治験コーディネーター(CRC)の給料は看護師と異なり、転職後の数年間は大きく上がる場合が多いです。治験コーディネーター(CRC)と看護師の平均年収は、ほぼ同じですから、認定資格を取得するなどして一人前の治験コーディネーター(CRC)になった時には、看護師とほぼ同じぐらいの年収をもらえると予想できます。

しかも、治験コーディネーター(CRC)は夜勤がありません。つまり、看護師の給料から夜勤手当を引いて年収を比較した場合、看護師よりも治験コーディネーター(CRC)のほうが年収が高くなります。

詳しくはこちら
CRCの給料・年収
看護師出身のCRCの年収・給料に関するコメント
看護師の経験があっても、治験コーディネーター(CRC)としては未経験ですから、最初から高い年収をもらえることはないんですね。最初の数年間は年収・給料が下がってしまうのは仕方がありません。

ただし、5年ぐらいすれば治験コーディネーター(CRC)の年収・給料は大きく上がることが多いようですから、夜勤をしたくない看護師にとっては、早めに治験コーディネーター(CRC)へ転職しておくのも良い選択肢かもしれませんね。

応募条件応募条件は?

誰でも看護師からCRCになれるわけではないんですね。

治験コーディネーター(CRC)になった看護師の多くは「臨床経験が2年以上」「35歳以下」「転職回数が2回以内」である。

応募条件

看護師から治験コーディネーター(CRC)になる時の主な応募条件として「年齢」「経験年数」「転職回数」「配偶者・子供の有無」があります。以下で詳しく解説します。

年齢 経験年数 転職回数 配偶者 子供

年齢年齢

年齢制限

9割以上の方が35歳までに看護師から治験コーディネーター(CRC)になっています。ただし、募集の人数が多かったり、急募であるなど、応募のタイミングが良ければ、40歳前後でも看護師から治験コーディネーター(CRC)になれた方もいらっしゃるようです。

詳しくはこちら
CRCの年齢制限

CRCになった年齢

※120名のCRCばんくの口コミアンケート調査データをもとに作成(調査期間:2015年4月~2018年3月、有効回答数:N=120)。

経験年数経験年数

経験年数

看護師から治験コーディネーター(CRC)になるためには、最低でも2年以上、できれば3年以上の臨床経験が必要なようです。

臨床経験年数と合格率

※臨床経験5年の合格率を100%とした場合。
※200名のCRCばんくの口コミアンケート調査データをもとに作成(調査期間:2015年4月~2018年3月、有効回答数:N=200)。

応募できる会社数

主要SMO15社の応募条件より。

転職回数転職回数

転職回数

一つの職場に在籍していた期間の平均が2年以上ある場合は、看護師から治験コーディネーター(CRC)になれる可能性があると言えます。1年以下の場合は、転職理由がやむを得ない場合を除き、難しいようです。

転職回数と合格率

※一つの職場の平均在籍期間5年の合格率を100%とした場合。
※200名のCRCばんくの口コミアンケート調査データをもとに作成(調査期間:2015年4月~2018年3月、有効回答数:N=200)。

配偶者配偶者

配偶者

結婚をきっかけに治験コーディネーター(CRC)になる看護師も多いです。ただし、採用担当者は「入社後1~2年以内に育児休暇に入ってしまう可能性が高い応募者」を避ける傾向があります。

新婚の応募者の内定獲得率は27歳ごろから大きく下がり始め、28歳で結婚予定がない方の「約半分」、30歳を超えるとほぼ内定が獲得できないため、早めに治験コーディネーター(CRC)になることが大切だと言えます。

新婚者のCRCの合格率

※結婚予定がない方の合格率を100%とした場合。
※50名のCRCばんくの口コミアンケート調査データをもとに作成(調査期間:2015年4月~2018年3月、有効回答数:N=50)。

子供子供

子供

小さなお子様がいらっしゃる看護師が治験コーディネーター(CRC)になるためには、保育園の迎えのサポート体制が整っているなど、残業が発生しても対応できる家庭環境が必要です。

また、入社時の研修を東京で行うことが多いため、地方にお住まいの方は1~2週間、東京で宿泊できることが必要な場合が多いです。

CRCの残業時間(1ヶ月)

※100名のCRCばんくの口コミアンケート調査データをもとに作成(調査期間:2015年4月~2018年3月、有効回答数:N=100)。

大手SMOの導入研修の場所・期間
企業名 研修場所 期間
サイトサポート 東京 2週間
EP綜合 東京 1週間(その後、最寄り拠点で2週間)
ノイエス 東京 0~2週間(事前に4週間ほど各拠点で座学の研修)
エシック 東京 3日
アイロム 東京 3日

合格率合格率は?

看護師の合格率と比べると低い感じをがします。

看護師から治験コーディネーター(CRC)になる場合の合格率はおよそ「15%」。

合格率

看護師から治験コーディネーター(CRC)になる時の合格率は「応募先」「お住い」「タイミング」「経験」などによって異なります。全国平均は書類選考が約40%、面接が約40%です。よって、応募からの内定獲得率は約15%になります。

選考の通過率

※CRCばんくの口コミアンケート調査データ(調査期間:2015年4月~2018年3月、有効回答数:N=300)、主要SMOのヒアリング調査を基に作成。

年齢と合格率

※200名のCRCばんくの口コミアンケート調査データをもとに作成(調査期間:2015年4月~2018年3月、有効回答数:N=200)。

選考方法選考方法は?

何度も面接があったり筆記試験があったりするのね。

半分以上が複数回の面接、8割以上が筆記試験を行う。

選考方法

看護師が治験コーディネーター(CRC)になる時に受ける主な選考は1~2回の「面接」と「筆記試験」の2つです。

80%の会社が筆記試験を行っています。試験の種類は「性格やストレス耐性を知るために行う適性検査」「算数・国語・英語などの能力を調べる能力検査」「治験業界の理解度を試す筆記試験」「意欲を図る作文」などがあります。

面接の回数

主要SMO10社の選考方法より。

試験の有無

主要SMO10社の選考方法より。

CRCなった理由は?

看護師からCRCになったのは夜勤が嫌な人が多いようです。

看護師が治験コーディネーター(CRC)になった主な理由

1位
夜勤がない
2位
カレンダー通りに休みが取れる
3位
治験に興味があった
CRCになった理由

看護師が治験コーディネーター(CRC)になった理由は主に2つです。1つは「夜勤がない」「土日祝日に休める」「年末年始・GWに休める」などの労働条件が良いと思った方です。

もう一つは「CRCと一緒に仕事をした」「身内に治験に参加した人がいる」「新薬の効果を目にした」などの治験に興味を持つきっかけがあった方になります。

詳しくはこちらCRCの評判・口コミ

離職率離職率は?

看護師もCRCも離職率は・・低くはない気がしますね。

看護師と治験コーディネーター(CRC)の離職率は「10~15%」でほとんど同じ。

離職率

離職率は治験コーディネーター(CRC)が10~15%前後、看護師が10~12%前後で推移しており、離職率はほとんど同じと言っても良さそうです。

以下で治験コーディネーター(CRC)と看護師の主な退職理由を見てみましょう。

CRCの退職理由 看護師の退職理由

CRC治験コーディネーター(CRC)の主な退職理由

次に治験コーディネーター(CRC)の主な退職理由を見てみましょう。

CRCの退職理由

※50名のCRCばんくの口コミアンケート調査データをもとに作成(調査期間:2015年4月~2018年3月、有効回答数:N=50)。 ※複数回答可

CRCの離職率

転職先は次も治験コーディネーター(CRC)を選ぶ方が多いことから、さらなるキャリアアップを求めて転職される看護師が多いと推測されます。

「給与が低い」「勤務地が遠い」といった治験コーディネーター(CRC)特有の理由が多く、「残業が多い」「休みがない」といった病院で働く看護師さんによく見られる理由で退職する人は少ないようです。

看護師看護師の主な退職理由

次に看護師の主な退職理由を見てみましょう。

看護師の退職理由

都立病院看護職員退職アンケート結果より出典 ※複数回答可

看護師の離職率

看護師の離職率は病院の種類と地域による差が大きいと推測されます。

病院は夜勤があり勤務時間や勤務曜日が不規則です。残業が多い病院も多く、疲れきっている看護師さんが多く見受けられます。夜勤に慣れることができない看護師は訪問看護やクリニックへ転職されるようです。

達成感を感じなくなった看護師は新たなキャリアを求め病院ではなく、治験コーディネーター(CRC)への転職を考える方もいらっしゃるようです。反面、給与に対する不満はあまり聞かれません。

詳しくはこちら
CRCの離職率

マンガマンガで分かる!看護師から治験コーディネーター(CRC)へ転職

最後に看護師から治験コーディネーター(CRC)へ転職した「かほ」さん(仮名)の事例をマンガでご紹介します。

マンガで分かる!看護師から治験コーディネーター(CRC)
マンガで分かる!治験コーディネーター(CRC)

転職サポート申し込みはこちら

ステップ1
まずは申し込み。入力は1分で終わります。
ステップ2
希望にマッチした求人情報を提供します。
ステップ3
書類選考・面接
ステップ4
内定・入社
入社後もずっとサポート!
転職相談に申込む

年収査定はこちら

  • 転職するときに、もっとも重視する条件の一つが「給料」です。

    治験コーディネーター(CRC)へ転職したときに自分のキャリアや経験がどれだけ評価されるのか、気になりますよね。

    こちらではあなたのプロフィールから、治験コーディネーター(CRC)へ転職したときの「年収」を予想します。

    転職活動の目安にしてみてはいかがでしょうか。
年収査定はこちら

合格予想はこちら

  • 「臨床経験が少ない」「転職回数が多い」など、選考に通過できる自信がなくて応募を迷っている方は意外に多いんです。

    こちらはあなたのプロフィールから、治験コーディネーター(CRC)へ応募した時の「書類選考の通過率」や「面接の合格率」を予想します。

    前もって合格率が分かると転職活動の無駄な手間が省けますよ。
合格予想はこちら

掲示板で質問をする

  • ちょっとした「悩み」や、ふとした「疑問」を気軽に掲示板で質問してみましょう。

    面倒な登録をしなくても、匿名ですぐに質問できます。分からなかったあなたの質問をみんなで解決できます。

    現役の治験コーディネーター(CRC)や人事担当者が回答してくれるかもしれませんよ。
みんなに質問をする
マンガで分かる!治験コーディネーター(CRC)
治験コーディネーター(CRC)の掲示板
転職成功事例
履歴書・職務経歴書自動作成ツール
アンケート謝礼金のご案内
治験コーディネーター(CRC)の口コミ
治験コーディネーター(CRC)の新着求人メール

検討中リスト0件

最近見た求人0件

保存した条件0件

CRAばんく

PAGE
TOP