トップページ > 治験コーディネーター(CRC)の転職成功事例 > 役所の保健師から治験コーディネーター(CRC)へ転職成功

役所の保健師から治験コーディネーター(CRC)へ転職成功

役所の保健師から治験コーディネーター(CRC)へ転職成功

写真
20代後半/女性
沖縄県/2013年
看護師、保健師
応募した数
約1社
面接を受けた数
約1社
転職活動の期間
約6週間
満足度
口コミ評価4.5点
転職前 → 転職後
役所 業種 SMO
保健師 職種 CRC
約280万 年収 約350万
正社員として働きたいと考え、役所の保健師から治験コーディネーター(CRC)へ転職しました。
保健師の資格を取得後は役所の健康保険課の保健師として働いていました。しかし、行政の保健師は雇用形態が契約社員のみしかありません。そのため、出産育児の際に一旦、退職という形をとることになりました。

私としては出産育児後も長く働きたいと思っていても、年齢的な問題もあり、現実的には役所の保健師では正社員として働くことは難しいようです。

育児も一息つき、できれば正社員で育児と仕事の両立ができる仕事を探していた際に治験コーディネーター(CRC)という仕事を見つけました。

今までに治験コーディネーター(CRC)の方と接したことはなく、仕事内容や研修制度などに不安があったため転職相談に申し込み、詳しく説明を受けました。

東京での研修や残業対応など、乗り越えるべきハードルはあると感じましたが、家族と相談した結果、東京での研修期間中や残業が発生した際は家族がサポートしてくれることになり、思い切ってチャレンジしてみることにしました。

面接前には治験コーディネーター(CRC)を目指す理由ときちんと作成して、面接では保健指導の経験や、様々な方との調整能力をアピールした結果、無事に内定をもらうことができました。

仕事と育児の両立はなかなか大変な部分も多いと思いますが、頑張りたいと思います。

成功のポイント成功のポイント

成功のポイント
行政機関で保健師として働いている方が治験コーディネーター(CRC)へ転職する事例も多くあります。

臨床経験がなかったり、少なかったりして不安に感じる方が多いのですが、保健指導の経験や、各種行政機関との調整力、企画力、ビジネスマナーなどは治験コーディネーター(CRC)としても十分に活用できます。

また、色々な事情により正社員として雇用してもらえない保健師もいらっしゃるようですが、治験コーディネーター(CRC)は仕事を覚えて一人前になれば正社員として雇用してもらえることがほとんどです。

もし、何らかの事情で保健師を続けることができなくなった方は、病院へ戻ることを検討する前に治験コーディネーター(CRC)という仕事を調べてみてもよいかもしれません。

保健師沖縄県の保健師の治験コーディネーターの最新求人

あなたの自宅の近くで求人は発生していますか?
治験求人数が普通

求人数が普通の状況です。数名の治験コーディネーター(CRC)の求人が発生しています。

治験コーディネーター(CRC)への転職を成功させるためには、応募者の経歴や人柄だけでなく、応募するタイミングも大切な要素です。現在は求人数が数名と少ないため、治験コーディネーター(CRC)への転職を考えている方はすぐに募集先へ問い合わせてみましょう。

CRCばんくがオススメする沖縄県の保健師の求人

CRCばんくがオススメする求人をご紹介

役立つ情報あわせて読みたい保健師向けの記事や情報

CRCへ転職する際に必要な知りたい情報が満載です。
治験コーディネーター(CRC)の掲示板
治験コーディネーター(CRC)の新着求人メール

転職サポート申し込みはこちら

ステップ1
まずは申し込み。入力は1分で終わります。
ステップ2
希望にマッチした求人情報を提供します。
ステップ3
書類選考・面接
ステップ4
内定・入社
入社後もずっとサポート!
転職相談に申込む

年収査定はこちら

  • 転職するときに、もっとも重視する項目の一つが「給料」。治験コーディネーター(CRC)へ転職した時に自分のキャリアや経験がどれだけ評価されるものなのか、気になりますよね。
    ここでは、あなたのプロフィールなどから、治験コーディネーター(CRC)へ転職した時の年収を割り出します。
    転職活動の目安にしてみてはいかがでしょうか。
年収査定はこちら

合格予想はこちら

  • 臨床経験が少ない、転職回数が多いなど、選考に通過できる自信がなくて応募を迷っている方は意外に多いんです。
    ここでは、あなたのプロフィールなどから、治験コーディネーター(CRC)へ応募した時の書類選考や面接の合格率を予想します。
    前もって合格率が分かると転職活動の無駄な手間が省けますよ。
合格予想はこちら

掲示板で質問をする

  • ちょっとした悩みごとや、ふとした疑問を気軽に掲示板で質問してみましょう。
    面倒な登録が不要ですので、匿名ですぐに質問できます。分からなかったあなたの質問をみんなで解決できます。
    現役の治験コーディネーター(CRC)や人事担当者が回答してくれるかもしれませんよ。
みんなに質問をする
転職成功事例
アンケート謝礼金のご案内

沖縄県の地域情報

特徴
沖縄県は日本最西端の県です。旧名は琉球です。県外からの転職志望者が多いのが特徴です。

保健師出身のCRCの口コミ

面接
面接の時間は20分ぐらいしかありませんでした。あまりにも短かったので拍子抜けしたぐらいです。

雰囲気はとても良く話しやすかったです。

最初にCRCの仕事内容を聞かれて、事務が多いけど大丈夫か、医療行為がないが問題ないか、立場が弱くなるけど大丈夫か、などを聞かれました。(株式会社EP綜合/2012年)
面接
最初に簡単な適正検査を受けた後に面接が始まりました。

面接は終始なごやかな雰囲気で40分ぐらいで終わりました。
主に聞かれたことは
・経歴紹介
・病院ではなく企業を選んだ理由
・リーダーとしてどのような仕事をしていたか。大変だった部分は何か
・CRCの仕事について聞きたいことはないか
・希望の年収はいくらか
・隣県へ行くことはできるか

その後、一次面接に通過したので二次面接にお越しいただきたいと連絡がありました。

二次面接では新たにマネージャーの方が同席されました。
面接時間は5分ほどで終わりました。
OJTが隣県になることと、入社時期が近いのでスケジュールがタイトになるが大丈夫かだけを聞かれただけでした。

その後、無事に内定との連絡をいただきましたので、快諾させていただきました。(サイトサポート・インスティテュート/2012年)
教育研修制度
座学の研修は約1ヶ月ありました。そのうちEラーニングが2週間ほどです。最低限、必要なことを網羅している研修といった印象です。

一人ひとりにノートパソコンと携帯電話が支給されます。(株式会社EP綜合/2017年)
人間関係
同僚のCRCはたくさんいますが、皆仲良くやっています。毎日楽しいですよ。(株式会社EP綜合/2017年)
面接
面接の雰囲気は良く終始なごやかな感じでした。経歴や志望動機などについて詳しく聞かれました。仕事の内容について色々と確認を受け、それぞれについて問題ないかを確認されました。日々挑戦することを楽しめる人が向いていると言われました。(サイトサポート・インスティテュート/2013年)
仕事のやりがい
色々な人と接する機会が多いため、多様な知識が入ってきます。交渉力や精神力、トラブル回避能力が鍛えられます。
研修もしっかりとしているため、仕事の基礎をきちんと身につけたうえで、色々な部署や施設で応用力を身につけていけば一人前のビジネスパーソンになれると思います。(サイトサポート・インスティテュート/2016年)
成長性・安定性
上場もしており、成長性・安定性ともに他社よりも上だと思う。今後は急成長は期待できないが、EPSグループでもあり、安定的な業績が期待できる。最近は治験だけでなく臨床研究の数も増えてきているので、薬剤開発の変化に伴い治験コーディネーターも柔軟に対応していく必要があると思われる。(株式会社EP綜合/2013年)
治験コーディネーター(CRC)の口コミ

検討中リスト0件

最近見た求人0件

保存した条件0件

CRAばんく

PAGE
TOP