トップページ > 治験コーディネーター(CRC)の転職成功事例 > 行政の保健師から治験コーディネーター(CRC)へ転職成功

行政の保健師から治験コーディネーター(CRC)へ転職成功

行政の保健師から治験コーディネーター(CRC)へ転職成功

写真
30代後半/女性
北海道/2013年
看護師、保健師
応募した数
約2社
面接を受けた数
約2社
転職活動の期間
約8週間
満足度
口コミ評価4.5点
転職前 → 転職後
役所 業種 SMO
保健師 職種 CRC
約500万 年収 約390万
役所で保健予防や成人保健などを担当する保健師として働いていましたが、転居に伴い治験コーディネーター(CRC)へ転職しました。
役所で母子保健や成人保健、保健予防などを担当する保健師として働いていましたが、諸事情で転居することになり、転居先での仕事を探していた際に治験コーディネーター(CRC)の仕事を見つけました。

転居先では保健師の求人がなく、看護師として働くこともブランクが長いため避けたいと考えていましたので、ますます先進医療が進み、新薬の開発が急速に進んでいく中で治験コーディネーター(CRC)として働く選択肢もあると思い転職相談へ申し込みをしました。

臨床経験がないため不安があったのですが、転職相談では、保健師として培ってきたコミュニケーション力は治験コーディネーター(CRC)としても生かせると教えてもらい、前向きに頑張っていこうと思いました。

選考に通過するか不安でしたので、コンサルタントからご紹介をいただいた二つの求人へ応募したところ、二つともから内定をもらうことができました。

コンサルタントの方には仕事内容の詳細な説明や、応募書類の書き方、面接でのアピール方法、入社日の調整など、最初から最後までお世話になりっぱなしでした。ありがとうございました。

成功のポイント成功のポイント

成功のポイント
何らかの理由で保健師を退職することになった際に、その後の仕事の選択肢の一つとして治験コーディネーター(CRC)があります。

もちろん、再び保健師として就業ができれば良いのですが、求人の状況によっては、保健師として就業することができない場合があります。その場合は看護師ではなく治験コーディネーター(CRC)を転職先の選択肢の一つに入れると良いと思います。

治験コーディネーター(CRC)の業務は夜勤がない日勤だけの勤務であり、医療行為も行わない場合が多いです。そのため、看護師へ転職するよりも、仕事に馴染みやすい場合が多いです。治験コーディネーター(CRC)への転職で分からないことがありましたら、是非、転職相談へお申込みください。

保健師北海道の保健師の治験コーディネーターの最新求人

あなたの自宅の近くで求人は発生していますか?
治験求人数が普通

求人数が普通の状況です。数名の治験コーディネーター(CRC)の求人が発生しています。

治験コーディネーター(CRC)への転職を成功させるためには、応募者の経歴や人柄だけでなく、応募するタイミングも大切な要素です。現在は求人数が数名と少ないため、治験コーディネーター(CRC)への転職を考えている方はすぐに募集先へ問い合わせてみましょう。

CRCばんくがオススメする北海道の保健師の求人

CRCばんくがオススメする求人をご紹介

役立つ情報あわせて読みたい保健師向けの記事や情報

CRCへ転職する際に必要な知りたい情報が満載です。
治験コーディネーター(CRC)の掲示板
治験コーディネーター(CRC)の新着求人メール

転職サポート申し込みはこちら

ステップ1
まずは申し込み。入力は1分で終わります。
ステップ2
希望にマッチした求人情報を提供します。
ステップ3
書類選考・面接
ステップ4
内定・入社
入社後もずっとサポート!
転職相談に申込む

年収査定はこちら

  • 転職するときに、もっとも重視する条件の一つが「給料」です。

    治験コーディネーター(CRC)へ転職したときに自分のキャリアや経験がどれだけ評価されるのか、気になりますよね。

    こちらではあなたのプロフィールから、治験コーディネーター(CRC)へ転職したときの「年収」を予想します。

    転職活動の目安にしてみてはいかがでしょうか。
年収査定はこちら

合格予想はこちら

  • 「臨床経験が少ない」「転職回数が多い」など、選考に通過できる自信がなくて応募を迷っている方は意外に多いんです。

    こちらはあなたのプロフィールから、治験コーディネーター(CRC)へ応募した時の「書類選考の通過率」や「面接の合格率」を予想します。

    前もって合格率が分かると転職活動の無駄な手間が省けますよ。
合格予想はこちら

掲示板で質問をする

  • ちょっとした「悩み」や、ふとした「疑問」を気軽に掲示板で質問してみましょう。

    面倒な登録をしなくても、匿名ですぐに質問できます。分からなかったあなたの質問をみんなで解決できます。

    現役の治験コーディネーター(CRC)や人事担当者が回答してくれるかもしれませんよ。
みんなに質問をする
マンガで分かる!治験コーディネーター(CRC)
転職成功事例
履歴書・職務経歴書自動作成ツール
アンケート謝礼金のご案内

北海道の地域情報

特徴
北海道は日本列島の北端にある大きな島です。県庁所在地は札幌市です。江戸時代には「蝦夷地(えぞち)」と呼ばれていましたが、既存の七道に倣って「北海道」と命名されたようです。

47都道府県の中で最大の面積で、東北地方や九州地方よりも大きいです。美味しい食べ物と、癒やしスポットが多数あることでも有名です。

北海道の保健師の主な出身校

  • 日本赤十字北海道看護学校
  • 旭川医科大学
  • 旭川大学
  • 札幌市立大学
  • 北海道医療大学
  • 天使大学
  • 名寄市立大学
  • 札幌医科大学
  • 北海道大学

保健師出身のCRCの口コミ

仕事のやりがい
色々な人と接する機会が多いため、多様な知識が入ってきます。交渉力や精神力、トラブル回避能力が鍛えられます。
研修もしっかりとしているため、仕事の基礎をきちんと身につけたうえで、色々な部署や施設で応用力を身につけていけば一人前のビジネスパーソンになれると思います。(サイトサポート・インスティテュート/2016年)
面接
最初に簡単な適正検査を受けた後に面接が始まりました。

面接は終始なごやかな雰囲気で40分ぐらいで終わりました。
主に聞かれたことは
・経歴紹介
・病院ではなく企業を選んだ理由
・リーダーとしてどのような仕事をしていたか。大変だった部分は何か
・CRCの仕事について聞きたいことはないか
・希望の年収はいくらか
・隣県へ行くことはできるか

その後、一次面接に通過したので二次面接にお越しいただきたいと連絡がありました。

二次面接では新たにマネージャーの方が同席されました。
面接時間は5分ほどで終わりました。
OJTが隣県になることと、入社時期が近いのでスケジュールがタイトになるが大丈夫かだけを聞かれただけでした。

その後、無事に内定との連絡をいただきましたので、快諾させていただきました。(サイトサポート・インスティテュート/2012年)
通勤・残業
施設が近くに複数あるため、公共交通機関でも通勤しやすい。残業もちょうど良い程度。(サイトサポート・インスティテュート/2017年)
福利厚生・休日
福利厚生は充実しています。やはり大きな会社は違います。有給もきちんと消化できます。上司もよく相談にのってくれたので、とても働きやすい環境だと感じました。(株式会社EP綜合/2013年)
通勤・残業
フレックス制度なので働きやすい。(株式会社EP綜合/2015年)
仕事のやりがい
大手のSMOであるため、組織体制がきちんと整備されています。また、問題が発生した時の窓口などもきちんとしているなど、大手の会社だなと思う場面が多々ありました。

仕事はCRCとSMAが分業となっているため、CRCは被験者対応業務に集中できる環境です。(サイトサポート・インスティテュート/2017年)
面接
最初にパンフレットをもらって説明を受けました。簡単な適性試験を受けた後に面接が始まりました。

面接の雰囲気は穏やかでしたが、ネガティブな質問も多かった印象です。将来の転勤の件についてしつこく確認を受けました。雇用形態が契約社員になると言われたので、辞退しました。(サイトサポート・インスティテュート/2012年)
治験コーディネーター(CRC)の口コミ

お気に入り

閲覧履歴

検索履歴

CRAばんく

PAGE
TOP