トップページ > 治験コーディネーター(CRC)の転職成功事例 > 離婚をきっかけに正社員の治験コーディネーター(CRC)として働き始めました。

離婚をきっかけに正社員の治験コーディネーター(CRC)として働き始めました。

離婚をきっかけに正社員の治験コーディネーター(CRC)として働き始めました。

写真
30代前半/女性
山口県/2015年
臨床検査技師
応募した数
約2社
面接を受けた数
約1社
転職活動の期間
約4週間
満足度
口コミ評価4.5点
転職前 → 転職後
病院 業種 SMO
臨床検査技師 職種 CRC
約100万 年収 約350万
離婚することになり正社員として育児と両立できる治験コーディネーター(CRC)へ転職しました。
離婚をすることになり育児と仕事を両立できる仕事を探していたときに治験コーディネーター(CRC)という職種を知りました。あまり人と話すことが少ない臨床検査技師の仕事は自分にはあまり適していないと思っていたこともあり、患者様のサポートをしたり、複数の医療関係者の間に入り調整を行う治験コーディネーター(CRC)の仕事内容にとても魅力を感じました。

専業主婦の期間が長く、臨床検査技師としての経験も少なかったため、サポートを受けながら治験コーディネーター(CRC)を目指したほうが転職に成功しやすいと考え、転職相談に申し込みました。

コンサルタントからは応募書類の添削や面接の返答チェックだけでなく、離婚について面接で話すべきかどうかや、離婚後のキャリアまで相談にのっていただきました。離婚をきっかけに復職されたり、治験コーディネーター(CRC)へ転職される方も多いようです。他の方がどのようにされているかを聞くことによって、自分自身を客観的に見つめ直したうえで、職場復帰の活動に取り組むことができました。また、会社の面接を受けることが初めてでしたので、面接会場に何分前に到着すれば良いかや、封筒の選び方、面接会場への入室の仕方まで丁寧に教えていただきとても助かりました。

離婚後の生活にとても不安がありましたが、正社員としてきちんとした会社に就業することが決まり、離婚後の生活が見通せたことで、精神的にとても楽になりました。

成功のポイント成功のポイント

成功のポイント
離婚をきっかけに治験コーディネーター(CRC)を目指したり、復職を考える方はたくさんいらっしゃいます。

治験コーディネーター(CRC)の仕事は育児との両立も可能で、正社員として就業できれば雇用の安定性も期待できます。また、仕事を覚えて一人前になれば500万近い年収をもらうこともできるため、離婚後に女性が一人で自立をするために適した職種であると言えます。

色々な悩みを抱えての転職活動になりますが、離婚後は子供のためにも、ママが頑張る必要がありますので、同じような悩みを抱えている方は一度、転職相談に申し込まれても良いと思います。

臨床検査技師山口県の臨床検査技師の治験コーディネーターの最新求人

治験求人がない

求人数が少ない状況です。数名の治験コーディネーター(CRC)の求人が発生しています。

治験コーディネーター(CRC)への転職を成功させるためには、応募者の経歴や人柄だけでなく、応募するタイミングも大切な要素です。現在は求人数が数名と少ないため、治験コーディネーター(CRC)への転職を考えている方はすぐに募集先へ問い合わせてみましょう。

役立つ情報あわせて読みたい臨床検査技師向けの記事や情報

CRCへ転職する際に必要な知りたい情報が満載です。
治験コーディネーター(CRC)の掲示板
治験コーディネーター(CRC)の新着求人メール

転職サポート申し込みはこちら

ステップ1
まずは申し込み。入力は1分で終わります。
ステップ2
希望にマッチした求人情報を提供します。
ステップ3
書類選考・面接
ステップ4
内定・入社
入社後もずっとサポート!
転職相談に申込む

年収査定はこちら

  • 転職するときに、もっとも重視する条件の一つが「給料」です。

    治験コーディネーター(CRC)へ転職したときに自分のキャリアや経験がどれだけ評価されるのか、気になりますよね。

    こちらではあなたのプロフィールから、治験コーディネーター(CRC)へ転職したときの「年収」を予想します。

    転職活動の目安にしてみてはいかがでしょうか。
年収査定はこちら

合格予想はこちら

  • 「臨床経験が少ない」「転職回数が多い」など、選考に通過できる自信がなくて応募を迷っている方は意外に多いんです。

    こちらはあなたのプロフィールから、治験コーディネーター(CRC)へ応募した時の「書類選考の通過率」や「面接の合格率」を予想します。

    前もって合格率が分かると転職活動の無駄な手間が省けますよ。
合格予想はこちら

掲示板で質問をする

  • ちょっとした「悩み」や、ふとした「疑問」を気軽に掲示板で質問してみましょう。

    面倒な登録をしなくても、匿名ですぐに質問できます。分からなかったあなたの質問をみんなで解決できます。

    現役の治験コーディネーター(CRC)や人事担当者が回答してくれるかもしれませんよ。
みんなに質問をする
マンガで分かる!治験コーディネーター(CRC)
転職成功事例
履歴書・職務経歴書自動作成ツール
アンケート謝礼金のご案内

山口県の地域情報

特徴
山口県は明治維新の際多くの維新志士を輩出したことで有名な県です。内閣総理大臣のも多く輩出しています。

山口大学医学部附属病院、山口県立総合医療センターなどの大規模病院があります。

山口県の臨床検査技師の主な出身校

  • 山口大学 医学部 保健学科 検査技術科学専攻

臨床検査技師出身のCRCの口コミ

成長性・安定性
安定性は高い。つぶれることは考えられない。今年はグループの中でも稼ぎ頭になっている。(サイトサポート・インスティテュート/2018年)
仕事のやりがい
常に勉強が必要ですが、自ら関わった薬が世の中に出ていくことには大きな社会的な意義があり、誇らしく感じます。また、最先端の新薬開発に関われたり、仕事の中で色々な刺激があります。治療法がない疾患の治験は効果があった時の患者様の喜びがすごく大きいので、CRCも一緒になって喜べる。CRCをやっていて良かったと感じる。(サイトサポート・インスティテュート/2014年)
教育研修制度
治験業界を知らなくても、GCPについて体系的に学ぶことができます。その後も先輩のフォローがつきますので、初めての人でも仕事を覚えられると思います。(株式会社アイロム/2016年)
仕事のやりがい
代表が医師であり他のSMOよりも利益だけを追いかけない社風がです。製薬会社の意向も大事ですが、患者様の意向もきちんと考えて仕事をするCRCが多いと思います。(ノイエス株式会社/2015年)
人間関係
女性だから働きにくいということはない。育休や早退、遅刻などには柔軟に対応していただける。ただし、配属先によっては融通がきかないこともあり注意が必要。(ノイエス株式会社/2013年)
福利厚生・休日
育児と仕事の両立はなんとか可能。給料は他のSMOより比較的高いと思われる。(賞与が5ヶ月程度ある)福利厚生は家族手当など最低限のものは備えている。(株式会社医療システム研究所/2015年)
面接
面接は2回ありました。
いずれも雰囲気は和気あいあいとしていて、緊張しなくてもすむような配慮がありました。

主に聞かれた質問は
・自己紹介
・帰省する予定は
・学生時代にCRCを目指さなかったのか
・あなたの最大の長所は何か
・苦手なタイプは
・CRCを知る切っ掛けは何か

部長さんがとても親しみやすい会社で、大変好印象を受けました。(株式会社EP綜合/2012年)
治験コーディネーター(CRC)の口コミ

お気に入り

閲覧履歴

検索履歴

CRAばんく

PAGE
TOP