トップページ > 治験コーディネーター(CRC)の転職成功事例 > 助産師から治験コーディネーター(CRC)へ転職成功

助産師から治験コーディネーター(CRC)へ転職成功

助産師から治験コーディネーター(CRC)へ転職成功

写真
30代後半/女性
茨城県/2012年
看護師、助産師
応募した数
約1社
面接を受けた数
約1社
転職活動の期間
約5週間
満足度
口コミ評価5点
転職前 → 転職後
病院 業種 SMO
助産師 職種 CRC
約580万 年収 約400万
助産師の仕事が肉体的、精神的に辛くなり治験コーディネーター(CRC)へ転職しました。
助産師として働いていましたが、残業が慢性的に多く、年齢を重ねる毎に肉体的な辛さが増していきました。特に分娩業務は精神的なプレッシャーも大きいため、この仕事を今後も続けていくことは難しいと感じていました。

実家へ戻ることをきっかけに、以前から少し興味があった治験コーディネーター(CRC)への転職を考えるようになり転職相談へ申し込みをしました。

治験コーディネーター(CRC)へ転職するにあたっては、転職回数が多い点も不安でしたが、コンサルタントの方のサポートもあり無事に治験コーディネーター(CRC)へ転職できました。

現在は仕事をしやすい上司に巡り会え、仕事の裁量も 任せてもらえる部分が多く、治験コーディネーター(CRC)へ転職して良かったと思っています。また、学術・業務・PCスキルなど、それぞれ本社に相談できる窓口がありとても助かっています。

成功のポイント成功のポイント

成功のポイント
助産師から治験コーディネーター(CRC)へ転職する際の懸念の一つは大きく年収が下がることです。助産師は看護師よりも高い年収の方が多く、未経験で治験コーディネーター(CRC)へ転職すると、大きく年収が下がる場合が多いです。

ただし、年収は下がりますが、助産師の時よりも肉体的・精神的に業務内容は楽になりますので、助産師の業務に疲れていて、年収にあまりこだわりがない方は治験コーディネーター(CRC)への転職を検討されても良いと思います。ご自身の適性にあった仕事を選択しましょう。

看護師茨城県の看護師の治験コーディネーターの最新求人

あなたの自宅の近くで求人は発生していますか?
治験求人数が普通

求人数が普通の状況です。数名の治験コーディネーター(CRC)の求人が発生しています。

治験コーディネーター(CRC)への転職を成功させるためには、応募者の経歴や人柄だけでなく、応募するタイミングも大切な要素です。現在は求人数が数名と少ないため、治験コーディネーター(CRC)への転職を考えている方はすぐに募集先へ問い合わせてみましょう。

CRCばんくがオススメする茨城県の看護師の求人

CRCばんくがオススメする求人をご紹介

役立つ情報あわせて読みたい看護師向けの記事や情報

CRCへ転職する際に必要な知りたい情報が満載です。
治験コーディネーター(CRC)の掲示板
治験コーディネーター(CRC)の新着求人メール

転職サポート申し込みはこちら

ステップ1
まずは申し込み。入力は1分で終わります。
ステップ2
希望にマッチした求人情報を提供します。
ステップ3
書類選考・面接
ステップ4
内定・入社
入社後もずっとサポート!
転職相談に申込む

年収査定はこちら

  • 転職するときに、もっとも重視する条件の一つが「給料」です。

    治験コーディネーター(CRC)へ転職したときに自分のキャリアや経験がどれだけ評価されるのか、気になりますよね。

    こちらではあなたのプロフィールから、治験コーディネーター(CRC)へ転職したときの「年収」を予想します。

    転職活動の目安にしてみてはいかがでしょうか。
年収査定はこちら

合格予想はこちら

  • 「臨床経験が少ない」「転職回数が多い」など、選考に通過できる自信がなくて応募を迷っている方は意外に多いんです。

    こちらはあなたのプロフィールから、治験コーディネーター(CRC)へ応募した時の「書類選考の通過率」や「面接の合格率」を予想します。

    前もって合格率が分かると転職活動の無駄な手間が省けますよ。
合格予想はこちら

掲示板で質問をする

  • ちょっとした「悩み」や、ふとした「疑問」を気軽に掲示板で質問してみましょう。

    面倒な登録をしなくても、匿名ですぐに質問できます。分からなかったあなたの質問をみんなで解決できます。

    現役の治験コーディネーター(CRC)や人事担当者が回答してくれるかもしれませんよ。
みんなに質問をする
マンガで分かる!治験コーディネーター(CRC)
転職成功事例
履歴書・職務経歴書自動作成ツール
アンケート謝礼金のご案内

茨城県の地域情報

特徴
茨城県は関東地方を形成する一つの県で県庁所在地は水戸市です。

学術・研究都市のつくば市は、つくば駅からは秋葉原駅まで「つくばエキスプレス」が最短45分で繋いでいるため、都心まで通うこともできるようです。

茨城県の看護師の主な出身校

  • アール医療福祉専門学校
  • 晃陽看護栄養専門学校
  • 茨城北西看護専門学校
  • 茨城県きぬ看護専門学校
  • 茨城県立つくば看護専門学校
  • 土浦協同病院附属看護専門学校
  • 筑波学園看護専門学校
  • 水戸医療センター附属桜の郷看護学校
  • 東京医科大学霞ヶ浦看護専門学校
  • 白十字看護専門学校

看護師出身のCRCの口コミ

仕事のやりがい
基本的には訪問先はクリニックでなく病院であるため、様々な治験を経験することが可能です。数をこなすような治験は少なく、どれもが慎重な対応が必要な治験ばかりであり、それなりの臨床経験と人生経験がないと対応できません。規模は大きくない会社ですが、高いレベルの治験スキルを習得することが可能です。(株式会社クリニカルサポート/2013年)
面接
雰囲気はなごやかで丁寧な印象でした。プラセボを投与する際のストレス耐性について念入りに確認を受けました。仕事とプライベート、今の仕事で後輩とどのように関わっているかなども聞かれました。今までがん患者と接することが多かったのでその経験を生かせそうです。教育や福利厚生面も整っており、不安がないと感じました。(株式会社EP綜合/2013年)
面接
面接の時間は1時間ぐらいです。面接とは別に会社や制度の説明をしてもらえる時間が30分ぐらいありました。

面接の雰囲気はとても良かったです。つっこんだ質問は続きますが、圧迫的な態度がなく好感が持てました。自分のことをきちんと知りたいという姿勢を感じることができました。正社員か契約社員を選択できるようです。

質問については経歴や志望動機以外に、過去に怒鳴られたことはあるのか、理不尽な扱いを受けたことがあるのか、その時にどのような対応をされたかを聞かれました。

治験コーディネーターも怒鳴られたり、理不尽な扱いを受けることがあるようで、転職後に対応できるかどうかを確認したかったようです。(サイトサポート・インスティテュート/2012年)
福利厚生・休日
フレックス制なので時間の融通がきくため働きやすい。また、有給を半日単位で取得できるのでこまめに休むことができる。残業代は全額支払われるため、労働環境は整備されていると言える。(株式会社EP綜合/2014年)
通勤・残業
担当の病院の先生が治験にとても協力的でやりやすい。会社としてルールがきちんとしており、質の高い治験を求められること。(株式会社EP綜合/2016年)
年収・給料
グレード制システムになっており、比較的透明性の高い給与体系になっています。頑張った分だけ評価をされるので、やりがいは高いです。また、在籍期間が長くなれば給与金額も高くなります。(サイトサポート・インスティテュート/2015年)
面接
地方のためかこじんまりとした面接でした。最初にアンケートを記入して、それに添って質問がありました。

土日に急に呼ばれる可能性があることや、早出があることについて確認を受けました。(株式会社EP綜合/2012年)
治験コーディネーター(CRC)の口コミ

検討中リスト0件

最近見た求人0件

保存した条件0件

CRAばんく

PAGE
TOP