トップページ > 治験コーディネーター(CRC)の転職成功事例 > 小規模なSMOから大手のSMOへ転職できました。

小規模なSMOから大手のSMOへ転職できました。

小規模なSMOから大手のSMOへ転職できました。

写真
20代後半/女性
東京都/2017年
管理栄養士
応募した数
約4社
面接を受けた数
約1社
転職活動の期間
約10週間
満足度
口コミ評価4点
転職前 → 転職後
SMO 業種 SMO
CRC 職種 CRC
約330万 年収 約380万
東京へ行くことをきっかけに、中小のSMOから大手のSMOへ転職しました。
小規模なSMOで働いていましたが、教育がとても雑で長く働けないと感じていました。また、倫理・コンプライアンス面で疑問に思うことも多く、会社全体がなあなあで業務を行っている状況でした。そのため、教育・倫理の両方ともきちんとしているところで働きたいとおもっていた時に、プライベートの都合で東京で暮らすことになり、転職する良い機会だと思いCRCばんくさんに相談を申込みました。

治験コーディネーター(CRC)経験はありますが期間は短く、なによりも転職回数が多いことがネックでした。そのため、転職活動は少し長期化しましたが、無事に大手のSMOから内定をもらうことができました。

年収交渉もしていただき、最初に提示をいただいた金額よりも少しだけ上積みもしていただけました。全てに満足ができる結果ではありませんが、自分の経歴を考えると十分な結果だと思います。

地方から東京へ進出する場合は、色々と分からないことも多いので、相談しながら転職活動ができたことは心強かったです。ありがとうございました。

成功のポイント成功のポイント

成功のポイント
小規模なSMO全般に言える傾向として

1)教育体制の不備(特に継続研修)
2)コンプライアンス・倫理面が大雑把
3)施設が少ないため幅広い経験が積めない

ことが挙げられます。

小規模なSMOで働くきっかけとしては

1)大手から内定をもらえなかった
2)たまたま応募して内定をもらったところが小規模なSMOだった

の2つが多いようです。

教育体制がきちんとしていないと、いつまでたっても自分の仕事に自身が持てません。また、コンプライアンス・倫理面が大雑把では、事故や事件が起きた時に自分の身を守れません。

もし、小規模なSMOで働いていて、上記のような悩みをお持ちの方は、大手のSMOへの転職を検討されても良いと思います。治験コーディネーター(CRC)経験者としての転職活動は未経験の時よりもいく分かは難易度が下がります。

CRCばんくでは、豊富なデータから自分に適した環境の職場を見つけるサポートをさせていただきます。ぜひ、お気軽にご相談くださいませ。

管理栄養士東京都の管理栄養士の治験コーディネーターの最新求人

あなたの自宅の近くで求人は発生していますか?
治験求人が多い

求人数が多い状況です。複数名の治験コーディネーター(CRC)の求人が発生しており、内定を取得しやすい状態です。

治験コーディネーター(CRC)への転職を成功させるためには、応募者の経歴や人柄だけでなく、応募するタイミングも大切な要素です。治験コーディネーター(CRC)への転職を考えている方は求人が終了する前に積極的に募集先へ問い合わせてみましょう。

CRCばんくがオススメする東京都の管理栄養士の求人

CRCばんくがオススメする求人をご紹介

役立つ情報あわせて読みたい管理栄養士向けの記事や情報

CRCへ転職する際に必要な知りたい情報が満載です。
治験コーディネーター(CRC)の掲示板
治験コーディネーター(CRC)の新着求人メール

転職サポート申し込みはこちら

ステップ1
まずは申し込み。入力は1分で終わります。
ステップ2
希望にマッチした求人情報を提供します。
ステップ3
書類選考・面接
ステップ4
内定・入社
入社後もずっとサポート!
転職相談に申込む

年収査定はこちら

  • 転職するときに、もっとも重視する条件の一つが「給料」です。

    治験コーディネーター(CRC)へ転職したときに自分のキャリアや経験がどれだけ評価されるのか、気になりますよね。

    こちらではあなたのプロフィールから、治験コーディネーター(CRC)へ転職したときの「年収」を予想します。

    転職活動の目安にしてみてはいかがでしょうか。
年収査定はこちら

合格予想はこちら

  • 「臨床経験が少ない」「転職回数が多い」など、選考に通過できる自信がなくて応募を迷っている方は意外に多いんです。

    こちらはあなたのプロフィールから、治験コーディネーター(CRC)へ応募した時の「書類選考の通過率」や「面接の合格率」を予想します。

    前もって合格率が分かると転職活動の無駄な手間が省けますよ。
合格予想はこちら

掲示板で質問をする

  • ちょっとした「悩み」や、ふとした「疑問」を気軽に掲示板で質問してみましょう。

    面倒な登録をしなくても、匿名ですぐに質問できます。分からなかったあなたの質問をみんなで解決できます。

    現役の治験コーディネーター(CRC)や人事担当者が回答してくれるかもしれませんよ。
みんなに質問をする
マンガで分かる!治験コーディネーター(CRC)
転職成功事例
履歴書・職務経歴書自動作成ツール
アンケート謝礼金のご案内

東京都の地域情報

特徴
東京都は日本の首都であり政治・産業・文化の中心です。23の特別区(東京23区)と、26市5町8村からなっています。

2020年のオリンピック開催が決定し、盛り上がっています。また皇居やスカイツリーなど観光スポットが充実しています。

東京都の管理栄養士の主な出身校

  • 二葉栄養専門学校 栄養専門課程管理栄養士学科
  • 駒沢女子大学 人間健康学部健康栄養学科
  • 東京聖栄大学 健康栄養学部管理栄養学科
  • 東京農業大学 応用生物科学部栄養科学科
  • 昭和女子大学 生活科学部管理栄養学科
  • 華学園栄養専門学校 管理栄養士科
  • 実践女子大学 生活科学部食生活科学科管理栄養士専攻
  • 共立女子大学 家政学部食物栄養学科管理栄養士専攻
  • 大妻女子大学 家政学部食物学科管理栄養士専攻
  • 東京家政大学 家政学部栄養学科管理栄養士専攻

管理栄養士出身のCRCの口コミ

教育研修制度
社長が業界に人脈があり、業界の専門家を頻繁呼んでおり、講師の中に共感できる方がいた。元製薬企業研究職、他病院の院内CRC、元製薬企業の開発マネージャー、元ホテル人事部のマナー講師など、刺激になった。前向きな姿勢の方には向いている。上司に相談すれば、キャリアパスを考えてくれること。(株式会社プログレス/2017年)
人間関係
若い社員と若い女性が多いため、体育会系の雰囲気です。同世代の人が多いのでサークルの延長線上で仕事ができます。他社でよく聞くようなドロドロとした人間関係もほとんどないため、20代前半の人にとってはとても働きやすい環境だと思います。アイロムの特徴の一つなので、成長したい若手社員にとってはピッタリです。(株式会社アイロム/2015年)
面接
元々SMOの大手で働いていた人が面接官だったようです。アットホームで親切な面接でした。面接は1回で終わりました。

性格や志望動機を聞かれました。治験についての専門的な質問もありました。(特定非営利活動法人大阪共同治験ネットワーク/2016年)
通勤・残業
フレックスなので早く帰ったりすることができます。周囲と上手に調整できれば長期休暇や個人的なスケジュールを入れることもできます。(サイトサポート・インスティテュート/2018年)
通勤・残業
現在は通勤時間、残業時間ともに働きやすい状況です。(株式会社EP綜合/2018年)
福利厚生・休日
産休・育休は非常に取りやすい。取得するのが当然という雰囲気で、すぐに戻れる環境である。職場に戻った後は時短制度を利用できるので、子供がいる人にとっては働きやすい環境だと思う。ただし、残業をせざるを得ない時もあるのでパートナーの多少の協力は必要。(株式会社アイロム/2015年)
通勤・残業
ざんぎょうは平均して月に10時間前後と多くありません。施設へ直行直帰する場合は早く帰っても一日働いたことになるため、早く仕事を終える意識が働きます。逆に事務所で書類を作成する時は、こまごまとした業務が多く、気づいたら結構、残業をしていたなんてこともありました。(サイトサポート・インスティテュート/2016年)
治験コーディネーター(CRC)の口コミ

お気に入り

閲覧履歴

検索履歴

CRAばんく

PAGE
TOP