41名の引越し・転勤をされた人の治験コーディネーター(CRC)の転職成功事例

治験コーディネーター(CRC)の転職成功事例

41名の引越し・転勤をされた人の治験コーディネーター(CRC)の転職成功事例をご紹介します。

他の方がどのように治験コーディネーター(CRC)への転職を成功させたのかをまとめました。治験コーディネーター(CRC)への転職を成功させるための情報やノウハウが満載ですので、他の方の治験コーディネーター(CRC)への転職が成功した要因をご参考にご自身の転職活動にお役立てください。

看護師 臨床検査技師 保健師 薬剤師 管理栄養士 臨床工学技士 理学療法士 作業療法士 臨床心理士 MR CRA経験者 医療資格なし 女性 男性

マンガマンガで分かる!治験コーディネーター(CRC)と引越し

マンガで分かる!治験コーディネーター(CRC)と引越し

結婚後に治験コーディネーター(CRC)へ転職しました。

写真
20代後半/女性
埼玉県/2019年
臨床検査技師
応募した数
 約2社
面接を受けた数
 約2社
転職活動の期間
 約2週間
満足度
 口コミ評価5点
転職前 → 転職後
病院 業種 SMO
臨床検査技師 職種 CRC
約420万 年収 約420万
結婚後に臨床検査技師から治験コーディネーター(CRC)へ転職しました。
結婚の前後で治験コーディネーター(CRC)へ転職しようと考えていらっしゃる方が参考できるように、時系列でまとめさせていただきます。

1)入籍・挙式

2)病院を退職

3)配偶者のもとへ引っ越し

4)新婚旅行

5)転職活動開始

1)~4)のときから転職活動を開始しても良かったのですが、結婚前後は色々と忙しく、新婚旅行から帰った後の全てが一通り落ち着いてから治験コーディネーター(CRC)への転職活動をはじめました。

募集は少ない時期でしたが、転職活動はスムーズに進み、離職してからあまりブランク期間を空けることなく働き始めることができました。

成功のポイント成功のポイント

成功のポイント
結婚を控えている方から「転職活動をいつ始めたら良いのか?」と聞かれることがございます。

こちらの方は「結婚・入籍」「新婚旅行」「引っ越し」などを全て終えてから転職活動を開始されています。結婚・入籍の前後は予期していないことや経験したことがないことが起きやすいため、結婚と転職活動を同時に進めることは応募者にとっても、採用側にとってもあまり好ましいとは言えません。

こちらの方のように結婚関連のイベントが全てが終わって落ち着いた後すぐに転職活動を始めると、応募者も採用側の両方がスムーズに選考を進むことが多いですから、応募するタイミングに迷っていらっしゃる方は是非、こちらの転職成功事例をご参考ください。

妻と過ごす時間を増やすために治験コーディネーター(CRC)へ転職しました。

写真
20代後半/男性
長野県/2019年
看護師
応募した数
 約1社
面接を受けた数
 約1社
転職活動の期間
 約4週間
満足度
 口コミ評価5点
転職前 → 転職後
病院 業種 SMO
看護師 職種 CRC
約380万 年収 約410万
転職回数が多いので転職できるか心配でしたが、無事に治験コーディネーター(CRC)になることができました。
治験コーディネーター(CRC)に興味をもった理由は、看護師の資格や経験を活かせて、夜勤がない仕事であることを魅力に感じたからです。

妻は土日休みで夜勤もありませんが、私は夜勤も土日勤務もあります。結婚後も妻と一緒に過ごす時間が少ないことに悩み、夜勤がない仕事を探していたときに治験コーディネーター(CRC)を見つけました。

仕事内容を色々と調べた結果、治験コーディネーター(CRC)は今まで看護師として培ってきた調整力やコミュニケーション力、患者様の観察力を活かせる仕事だと思いました。他にも、自分はストレス耐性が高いため、治験コーディネーター(CRC)の仕事に向いていると感じました。

私は数年前に結婚してから、新たな生活のために何度か転職をしていました。また、新居を購入しているため転勤もできません。そのような私が治験コーディネーター(CRC)へ転職できる可能性がどれぐらいあるかを知りたいと思いをCRCばんくへ申込みをしました。

年収査定や合格予想の結果、準備をきちんとすれば転職回数が多くても内定を取れる可能性が十分あると判断しました。年収も問題ないと思いましたので、CRCばんくさんのサポートを受けながら転職活動を行いました。

CRCばんくさんを利用して最も良かったと思った点は、転職理由をどのように説明すれば良いかを教えてもらったことです。何を言って良くて何を言ってダメなのかを一人では判断できないため、担当者と何度も相談しながら相手に分かりやすい経歴の説明の仕方をまとめることができました。

その後は面接を突破し無事に内定をもらうことができました。転職回数が多い点をスムーズに説明できたことが内定をとれた最も大きな要因だと感じています。相談して良かったです。ありがとうございました。

成功のポイント成功のポイント

成功のポイント
結婚後に治験コーディネーター(CRC)への転職を検討される男性の方もいらっしゃいます。理由は奥様や子供と一緒に過ごす時間を増やすためであることが多いです。

CRCばんくは治験コーディネーター(CRC)への転職を目指す男性の方のサポート実績も豊富にございます。家族と過ごす時間を大切にしたい男性の看護師さんは、治験コーディネーター(CRC)への転職を検討されてはいかがでしょうか?

育休中でしたがスムーズに治験コーディネーター(CRC)に復職できました。

写真
30代後半/女性
京都府/2019年
医療資格なし
応募した数
 約1社
面接を受けた数
 約1社
転職活動の期間
 約3週間
満足度
 口コミ評価4.5点
転職前 → 転職後
SMO 業種 SMO
CRC 職種 CRC
約500万 年収 約480万
配偶者の都合で育休中に引っ越すことになり別のSMOへ転職しました。
治験コーディネーター(CRC)として働いていましたが、配偶者の都合で他県へ引っ越すことになりました。しかし、私が所属していたSMOは引っ越し先にはなかったため、別のSMOへ転職せざるを得ませんでした。

初めての転職でしたので、応募書類をどのように作成すれば良いか、子供のことをどのように伝えるべきかに悩み、子育て・ブランクからの復職に定評があるCRCばんくに申し込みました。

相談に時間を費やした点は主に以下の3つです。

1)職務経歴書の書き方(特に育休期間・時短勤務・役職の変更・治験以外の業務をどのように書くべきか悩みました)
2)二人の育児と仕事の両立についてどのように伝えるべきか
3)配偶者の転勤についてどのように伝えるべきか

1)は私がアピールできると思っていた点と転職先が高く評価するだろうと思われる経験が異なっていたために書き直しました。

2)と3)はどうすれば最も上手に伝えられるかを担当者と念入りに相談し、自分の状況を誤解なく正確に伝えつつ、転職先への配慮が欠けない伝え方をまとめました。

1)~3)のいずれも、自分だけでは分からなかった点も多く、CRCばんくを利用することにより万全の準備をしたうえで、悔いのない転職活動ができたと思っています。ありがとうございました。

成功のポイント成功のポイント

成功のポイント
育休後に転職活動を開始される方も多くいらっしゃいますが、育休後の状況は千差万別で、個別に状況が異なるため、画一的な転職活動は行なえません。また、引っ越しも同様です。

CRCばんくはたくさんの育休明け・引越し後の転職活動のサポート実績がございますので、お気軽にご相談ください。
転職できる応募先を知る

病院系列の専門の組織へUターン転職できました。

写真
20代前半/女性
福岡県/2019年
臨床検査技師
応募した数
 約2社
面接を受けた数
 約2社
転職活動の期間
 約7週間
満足度
 口コミ評価5点
転職前 → 転職後
SMO 業種 病院
CRC 職種 CRC
約430万 年収 約430万
地元へ帰りたいと思い相談しました。病院系列の組織をご紹介いただき無事に転職できました。
関西でCRCとして働いていましたが、色々な諸事情から両親が暮らしている地元の近くで働きたいと強く思うようになり、初めての転職で不安もあったため、Uターン転職の実績が豊富なCRCばんくに相談しました。

その後、ご紹介をいただいた求人のなかからSMOと病院を1社ずつ選び応募しました。

住んでいる場所と就業先が離れていることや、複数回の選考になったこともあり、応募から内定まで1ヶ月以上かかりましたが、最終的には2社から内定をもらい、条件などを比較したうえで病院のほうにお世話になることに決めました。

CRCばんくを利用して良かった点は、応募先について、インターネットだけでは知ることができない情報を教えてもらえることです。特に経営的な情報や実際の賞与額、働いている人の評判などはとても役に立ちました。経営に不安のある応募先や、求人票の賞与額と違う応募先が前もって分かる点はとても良いと思いました。また、働いている人の声なども、実際に就業先を決めるときに役にたちました。

他にもSMOと病院の両方の求人をご紹介してもらえたので、自分に適した職場を比較しながら選ぶことができました。複数の病院の求人をご紹介してもらいましたが、いずれもCRCばんく上では公開されていない求人でしたので、相談しなかったら知らないままだったと思います。

他にもまだまだ色々ありますが、安心して転職活動を進めることができました。ありがとうございました。

成功のポイント成功のポイント

成功のポイント
地元へUターンしながら院内CRCへの転職を成功させた方になります。

応募から内定まで1ヶ月以上の日時がかかり、こちらには書けないようなアクシデントにもみまわれましたが、最終的にはご納得いただける転職となったようです。

転職活動にアクシデントはつきものです。計画通りに進まないときもございますが、応募者にとって常に最善のプランを提供させていただくように努めておりますので、ご安心してお任せいただければと存じます。

地方のSMOから都市部のSMOへ転職しました。

写真
30代前半/女性
大阪府/2018年
臨床検査技師
応募した数
 約3社
面接を受けた数
 約3社
転職活動の期間
 約4週間
満足度
 口コミ評価5点
転職前 → 転職後
SMO 業種 SMO
CRC 職種 CRC
約560万 年収 約600万
年収交渉やスケジュール調整を全てお願いすることができスムーズに転職できました。
プライベートの都合で地方から都市部へ行くことになったため、友人からの勧めでCRCばんくさんに転職のサポートをお願いしました。

3社へ同時に応募したのですが、面接のスケジュール調整から年収交渉まで全て丁寧にサポートしていただけました。

<書類の添削>
CRCの業務内容や管理職の経験をどのように書けば良いかを詳しく教えてもらえました。専門的な部分まで指導してもらえました。

<スケジュール調整>
面接を受けるために飛行機を使用したのですが、交通費が少なくなるように調整していただけました。また、複数の応募先から同時に給与の提示を受けられるように面接のスケジュール調整をしていただけました。

<給与交渉>
全てお任せしましたが、給与交渉をする前に計2時間近くの打ち合わせを行い、どのような場面でも最も良い結果を引き出せるように準備されていたことが印象に残っています。書類選考の時から給与交渉を行っていたようです。

同時に複数の応募先から内定をもらえたため、色々と悩みましたが、最終的には最も自分に適している転職先を選べたと思っています。長期間にわたってサポートをしていただき、本当にありがとうございました。

成功のポイント成功のポイント

成功のポイント
CRC経験者は未経験者と異なる準備が必要になります。

例えば「応募書類」

未経験者は志望動機の作成の仕方について悩まれる人が多いようですが、CRC経験者は職歴のまとめ方について悩まれる方が多いです。

「職歴に自信のある方」「ない方」「経験が豊富な方、少ない方」など、CRC経験者ならではの悩みがあります。

職務経歴書の試験内容のまとめ方が合否に影響を及ぼすことも多いですから、誰かに相談したいと思う方も多いようです。

CRCばんくはそのようなCRC経験者に対して豊富なサポート実績がありますので、お気軽にご相談いただければと思います。

結婚と同時に治験コーディネーター(CRC)へ転職しました。

写真
20代後半/女性
静岡県/2018年
看護師
応募した数
 約2社
面接を受けた数
 約1社
転職活動の期間
 約6週間
満足度
 口コミ評価5点
転職前 → 転職後
病院 業種 SMO
看護師 職種 CRC
約450万 年収 約360万
結婚に合わせて引越すと同時に治験コーディネーター(CRC)へ転職しました。
結婚のために引っ越すことになり、以前から興味を持っていた治験コーディネーター(CRC)へ転職しました。

治験コーディネーター(CRC)に興味を持った理由は仕事内容が面白そうというのもあるのですが、生活を安定させたいと考えたことも大きな理由です。結婚するため、将来を考えると土日に休みが取りやすく、夜勤がなく、仕事と家庭を両立させやすい治験コーディネーター(CRC)の仕事は魅力的に映りました。

また、私は人と話すことが好きで、コミュニケーション力を活かした仕事を続けたいと思ったことも理由です。

結婚と引っ越しという転職においては不利が予想されるこ要素があり不安が大きかったので、CRCばんくさんに相談しました。

その後、求人情報から書類作成までご指導いただき、途中は紆余曲折の連続だったのですが、最終的には無事に治験コーディネーター(CRC)へ転職できました。

年収は下がってしまいますが、今回の転職ではそこまで重要視していませんでした。とりあえず、治験コーディネーター(CRC)へ転職できてほっとしているというのが正直な気持ちです。

成功のポイント成功のポイント

成功のポイント
未経験から治験コーディネーター(CRC)へ転職する際に「結婚」と「引っ越し」は合格率を大きく下げる要素です。

「結婚」は面接官に「すぐに出産・育児休暇に入ってしまうのでは」と思われてしまいますし「引っ越し」は「何事もなく引っ越しを完了できるだろうか」と不安に思われてしまいます。

そのため、選考では面接官が不安に思うこの2つを払拭することが重要になります。

CRCばんくでは

・応募書類にはどのように書けばよいのか
・面接ではどのように説明すべきなのか
・応募先の選択や労働条件はどうなるのか

などの応募者が抱く不安について、一つ一つ丁寧に解決していきます。もし、ご自身の状況が似ていると思われた方は、CRCばんくまでお気軽にご相談ください。

地元(東京)へのUターンのため別のSMOへ転職しました。

写真
20代後半/女性
東京都/2018年
医療資格なし
応募した数
 約2社
面接を受けた数
 約2社
転職活動の期間
 約3週間
満足度
 口コミ評価5点
転職前 → 転職後
SMO 業種 SMO
CRC 職種 CRC
約450万 年収 約450万
地元である東京へ帰るため別のSMOへ転職しました。初めての転職活動です。
新卒でSMOへ就職後、すぐに地方へ転勤になりました。2~3年で戻してもらえる予定でしたが、人員が不足していることもあり、このままではいつになったら地元へ帰れるか分からないと思い、転職活動を始めました。

転職が初めてで医療資格を所持していなかったので、転職できるか不安でしたが、給与が高そうな応募先を2つに絞り応募しました。

最初の面接先は残念ながら不採用でしたが、次の面接先では無事に内定をもらえました。給与も前職から下がらず、満足できる転職となりました。

「引越し」「初めての転職」「医療資格なし」と不利な条件が揃っていましたが、無事に転職できました。CRCばんくさんに相談して良かったです。ありがとうございました。

成功のポイント成功のポイント

成功のポイント
医療資格がなくても治験コーディネーター(CRC)経験をお持ちであれば、8割前後の求人へは応募ができるのでご安心ください。

また、初めての転職で不安が大きくても、最初から最後まで万全の体制でサポートさせていただきますので、お気軽にご相談ください。

転職と同時に引越しが発生する場合は、転職活動がより大変になります。一人で活動をするよりもサポートを受けながら活動をしたほうが、きっと転職活動をスムーズに進められるはずです。
新着求人メールを受け取る

今の場所で働き続けるために転職しました。

写真
20代後半/女性
茨城県/2018年
医療資格なし
応募した数
 約1社
面接を受けた数
 約1社
転職活動の期間
 約4週間
満足度
 口コミ評価5点
転職前 → 転職後
SMO 業種 SMO
CRC 職種 CRC
約400万 年収 約400万
今の場所で今後も長く働き続けるために、SMOを変えました。
今住んでいる場所が気に入っています。友人も多いですし、暮らしやすく、人間関係も温かいです。今後も、この土地で生活していきたいと思っていたところ、所属しているSMOから転勤の指示がありました。

所属しているSMOに今の場所で働き続けたい要望を何度も伝えましたが、「難しい」と繰り返されるばかり・・。なぜなら、所属しているSMOが今の場所での業務に力を入れている計画になってはいないから、とのようでした。

そのため、他のSMOへ転職しようと考えCRCばんくさんに相談しました。悩んでいたことは「どのSMOへ転職すべきなのか」また「転職理由をどのように説明すれば良いか」の2つでした。

こちらに詳しく書くことはできませんが、転職理由の説明方法については、担当者の方のアドバイスを受けて、個人的に考えていたものから大きく変更しました。そのおかげもあり、スムーズに転職することができました。

転職に慣れていなかったので、色々とアドバイスをいただきながら、転職活動ができたことがとてもありがたかったです。転職理由で悩んでいる方は、一度、ご相談されても良いと思います。自分だけで考えても、なかなか良い転職理由が思いつかないですし、そもそも思いついた転職理由が良いのかも分かりません。

成功のポイント成功のポイント

成功のポイント
いわゆる「所属している会社・病院の転勤・転居指示に従えない場合の転職」になります。

配偶者やお子様がいなくても、住み慣れた土地を離れることに抵抗感がある方は多いです。特に親しい友人がいたり、お付き合いしている人がいたり、家族の体の具合が悪い場合、転勤の辞令は退職につながる場合が多いです。

そのような場合は一人で悩んでいるよりも誰かに相談をしたほうが状況が好転する場合が多いです。CRCばんくには、そのような場合のスムーズな転職の成功事例が豊富にございます。

一人で悩んでいても答えが分からないことが、相談すれば解決できることも多いと思いますよ。

地元へUターンする時に臨床検査技師から治験コーディネーター(CRC)へ転職しました。

写真
20代後半/男性
北海道/2017年
臨床検査技師
応募した数
 約3社
面接を受けた数
 約2社
転職活動の期間
 約8週間
満足度
 口コミ評価4.5点
転職前 → 転職後
病院 業種 SMO
臨床検査技師 職種 CRC
約450万 年収 約360万
地元へのUターン転職ということもあり、転職活動が長期化しましたが無事に治験コーディネーター(CRC)へ転職できました。
地元が北海道だったので、地元の近くで働きたいと思うようになりUターンをするために転職活動をしました。仕事中に治験コーディネーター(CRC)と接していたこともあり、臨床検査技師ではなく治験コーディネーター(CRC)になろうと思い、CRCばんくへ申込みをしました。

業務内容が検体検査中心で患者様と接する機会がほとんどなかったことや、転職回数が多かったこと、現在の住所と北海道が離れていたことなどが重なり、転職活動は事前の予想よりも長期化しました。

ただ、CRCばんくの担当者からは「北海道は応募先も多く競争倍率も高めなので、諦めずに転職活動を続ければきっと良い結果をもらえるので頑張りましょう」と励まされ、転職活動を続けた結果、無事に治験コーディネーター(CRC)へ転職できました。

大手企業ではなかったこともあり、年収は下がってしまいましたが、ある程度は事前に想定していたことでしたので、内定を承諾しました。

担当者には2ヶ月間に渡り粘り強くサポートしていただき感謝しています。また、遠距離の面接日程もスムーズに調整してもらえて助かりました。

成功のポイント成功のポイント

成功のポイント
地元へUターンする時に治験コーディネーター(CRC)へ転職する方もいらっしゃいます。

現在のお住まいと地元が離れていると、求人状況が分かりにくくなったり、面接場所の調整が複雑になったりするため、CRCばんくにご相談をいただく方が多いようです。

CRCばんくは北海道から沖縄まで全国で転職サポートを行っていますので、UターンやIターン転職の際にご相談いただくと、より転職活動がスムーズに進むことが期待できます。

また、検体検査が中心で臨床経験が乏しくても治験コーディネーター(CRC)へ転職できる方も多いですので、まずはお気軽にご相談いただければと思います。

臨床工学技士から治験コーディネーター(CRC)へ転職成功

写真
30代前半/女性
静岡県/2017年
臨床工学技士
応募した数
 約1社
面接を受けた数
 約1社
転職活動の期間
 約4週間
満足度
 口コミ評価4.5点
転職前 → 転職後
クリニック 業種 SMO
臨床工学技士 職種 CRC
約400万 年収 約390万
透析クリニックの臨床工学技士から治験コーディネーター(CRC)へ転職しました。
透析クリニックで臨床工学技士として働いていましたが、早番と遅番があることや、土曜日の出勤が必要だったことから、以前から興味を持っていた治験コーディネーター(CRC)へ転職しました。

治験コーディネーター(CRC)の仕事内容は以前、働いていた施設で治験を行っていたので、イメージができていました。

臨床工学技士よりも、より間接的な仕事で、新薬開発に関われることから面白そうだと思っていました。

プライベートの都合で引っ越しをする必要があったので、転職と引っ越しが重なり、時間が十分に取れませんでしたが、CRCばんくのサポートのおかげで効率よく準備ができたと思います。ありがとうございました。

成功のポイント成功のポイント

成功のポイント
臨床工学技士から治験コーディネーター(CRC)へ転職される方もいらっしゃいます。

女性の場合はより働きやすい環境を求めたり、仕事内容に興味を持ったという理由が多いようです。

透析クリニックの臨床工学技士から治験コーディネーター(CRC)へ転職した方の話を聞いてみると、確かに以前よりも働きやすくなったという声が多いようです。

しかしながら、年収面のメリットは小さく、今までの経験もリセットされるため、過度な期待は禁物です。できれば、こちらの方のように、治験コーディネーター(CRC)の業務そのものに興味を持たれると、転職に成功できる可能性が高くなるようです。

もし、治験コーディネーター(CRC)の仕事をより詳しく知りたい臨床工学技士の方がいらっしゃいましたら、お気軽にお問い合わせください。
件数 41 件中 1 ~ 10 を表示中

検索タグ一覧検索タグ一覧

マンガで分かる!治験コーディネーター(CRC)と引越し

転職サポート申し込みはこちら

ステップ1
まずは申し込み。入力は1分で終わります。
ステップ2
希望にマッチした求人情報を提供します。
ステップ3
書類選考・面接
ステップ4
内定・入社
入社後もずっとサポート!
転職相談に申込む

年収査定年収査定はこちら

  • 転職するときに、もっとも重視する条件の一つが「給料」です。

    治験コーディネーター(CRC)へ転職したときに自分のキャリアや経験がどれだけ評価されるのか、気になりますよね。

    こちらではあなたのプロフィールから、治験コーディネーター(CRC)へ転職したときの「年収」を予想します。

    転職活動の目安にしてみてはいかがでしょうか。
年収査定はこちら

合格予想合格予想はこちら

  • 「臨床経験が少ない」「転職回数が多い」など、選考に通過できる自信がなくて応募を迷っている方は意外に多いんです。

    こちらはあなたのプロフィールから、治験コーディネーター(CRC)へ応募した時の「書類選考の通過率」や「面接の合格率」を予想します。

    前もって合格率が分かると転職活動の無駄な手間が省けますよ。
合格予想はこちら

掲示板掲示板で質問をする

  • ちょっとした「悩み」や、ふとした「疑問」を気軽に掲示板で質問してみましょう。

    面倒な登録をしなくても、匿名ですぐに質問できます。分からなかったあなたの質問をみんなで解決できます。

    現役の治験コーディネーター(CRC)や人事担当者が回答してくれるかもしれませんよ。
みんなに質問をする
マンガで分かる!治験コーディネーター(CRC)
治験コーディネーター(CRC)の掲示板
転職成功事例
履歴書・職務経歴書自動作成ツール
アンケート謝礼金のご案内
治験コーディネーター(CRC)のクチコミ
治験コーディネーター(CRC)の新着求人メール

お気に入り

閲覧履歴

検索履歴

CRAばんく

PAGE
TOP