トップページ > 治験コーディネーター(CRC)の転職成功事例 > 病理検査(細胞検査士)から治験コーディネーター(CRC)へ転職成功

病理検査(細胞検査士)から治験コーディネーター(CRC)へ転職成功

病理検査(細胞検査士)から治験コーディネーター(CRC)へ転職成功

写真
20代後半/女性
神奈川県/2014年
臨床検査技師
応募した数
約1社
面接を受けた数
約1社
転職活動の期間
約4週間
満足度
口コミ評価5点
転職前 → 転職後
病院 業種 SMO
臨床検査技師 職種 CRC
約400万 年収 約390万
細胞検査士を取得した後、病理検査から治験コーディネーター(CRC)へ転職しました。
病理検査業務を数年間経験させていただきました。また、合わせて細胞検査士の認定資格の取得にも成功しております。

しかし、学生時代から治験コーディネーター(CRC)へなりたい思いは持っており、大学卒業後に治験コーディネーター(CRC)へ就職しようと思いましたが、残念ながら良い結果を得られませんでした。

現在の病院には治験コーディネーター(CRC)の方もおり一緒に仕事をしています。また、知り合いにはCRA(臨床開発モニター)もおり、色々と話しを聞く中で、今後は病理検査ではなく、治験コーディネーター(CRC)になりたいと思うようになりました。

治験コーディネーター(CRC)へ転職するにあたり、色々なWEBサイトを見る中で、CRCばんくがどこよりも詳細にかつ分かり易く、色々な情報を掲載されており、数年前から参考にしておりました。

転職相談に申し込んだ後は、友人が勤めており、良い評判が多いSMOへ応募させていただき、内定をもらうことができました。

CRCばんくには転職活動まえから転職活動後まで色々とお世話になりました。ありがとうございます。

成功のポイント成功のポイント

成功のポイント
病理検査から治験コーディネーター(CRC)へ転職される方もいらっしゃいます。

病理検査の業務は、他の臨床検査技師の業務よりは特殊な領域ですが、病理検査業務を行う際に必要な、病気に対する深い知識、物事に対する正確性、他の病理医とのコミュニケーション力は治験コーディネーター(CRC)としても生かすことができます。

病理検査業務のように深く狭く極めるのではなく、幅広く枠を超えて仕事をしたいと考えている方は、治験コーディネーター(CRC)の仕事を検討してみてください。今とは全く違ったやりがいを感じられると思います。

臨床検査技師神奈川県の臨床検査技師の治験コーディネーターの最新求人

治験求人数が普通

求人数が普通の状況です。数名の治験コーディネーター(CRC)の求人が発生しています。

治験コーディネーター(CRC)への転職を成功させるためには、応募者の経歴や人柄だけでなく、応募するタイミングも大切な要素です。現在は求人数が数名と少ないため、治験コーディネーター(CRC)への転職を考えている方はすぐに募集先へ問い合わせてみましょう。

CRCばんくがオススメする神奈川県の臨床検査技師の求人

CRCばんくがオススメする求人をご紹介

役立つ情報あわせて読みたい臨床検査技師向けの記事や情報

CRCへ転職する際に必要な知りたい情報が満載です。
治験コーディネーター(CRC)の掲示板
治験コーディネーター(CRC)の新着求人メール

転職サポート申し込みはこちら

ステップ1
まずは申し込み。入力は1分で終わります。
ステップ2
希望にマッチした求人情報を提供します。
ステップ3
書類選考・面接
ステップ4
内定・入社
入社後もずっとサポート!
転職相談に申込む

年収査定はこちら

  • 転職するときに、もっとも重視する条件の一つが「給料」です。

    治験コーディネーター(CRC)へ転職したときに自分のキャリアや経験がどれだけ評価されるのか、気になりますよね。

    こちらではあなたのプロフィールから、治験コーディネーター(CRC)へ転職したときの「年収」を予想します。

    転職活動の目安にしてみてはいかがでしょうか。
年収査定はこちら

合格予想はこちら

  • 「臨床経験が少ない」「転職回数が多い」など、選考に通過できる自信がなくて応募を迷っている方は意外に多いんです。

    こちらはあなたのプロフィールから、治験コーディネーター(CRC)へ応募した時の「書類選考の通過率」や「面接の合格率」を予想します。

    前もって合格率が分かると転職活動の無駄な手間が省けますよ。
合格予想はこちら

掲示板で質問をする

  • ちょっとした「悩み」や、ふとした「疑問」を気軽に掲示板で質問してみましょう。

    面倒な登録をしなくても、匿名ですぐに質問できます。分からなかったあなたの質問をみんなで解決できます。

    現役の治験コーディネーター(CRC)や人事担当者が回答してくれるかもしれませんよ。
みんなに質問をする
マンガで分かる!治験コーディネーター(CRC)
転職成功事例
履歴書・職務経歴書自動作成ツール
アンケート謝礼金のご案内

神奈川県の地域情報

特徴
神奈川県は人口が全国2位の県です。県庁所在地は横浜市です。

。東京湾沿いの横浜エリアは、本場の中華を堪能できる中華街や、夜景を楽しめるランドマークタワーなどがあり人気スポットです。

神奈川県の臨床検査技師の主な出身校

  • 桐蔭横浜大学 医用工学部 生命医工学科
  • 麻布大学 生命・環境科学部 臨床検査技術学科
  • 湘央医学技術専門学校 臨床検査技術学科
  • 北里大学 医療衛生学部 医療検査学科

臨床検査技師出身のCRCの口コミ

福利厚生・休日
女性が多い職場のために女性にとっては色々と働きやすい環境が整備されていると言える。女性の管理職も多いため、女性が輝ける仕事であることは間違いないと思う。
育休は取りやすく、復帰後は時短制度を利用して働ける。主人の転勤があっても転勤先にオフィスがあれば仕事を続けられる。(サイトサポート・インスティテュート/2015年)
通勤・残業
自宅から近くの施設を担当しているため、通勤時間は短いです。残業もほとんどありません。(株式会社EP綜合/2015年)
通勤・残業
フレックス制度なので勤務時間の融通がつきやすいです。(株式会社EP綜合/2016年)
年収・給料
CRC経験7年ほど、認定ありの一般職(株式会社イスモ/2018年)
面接
面接の雰囲気は和やかでしたが利益や目標についての厳しいお話もありました。

他には、CRC業務の説明や、パソコンスキルの有無、病院をやめても大丈夫か、CRCの何に魅力を感じたのか、仕事で辛かったことなどを聞かれました。(サイトサポート・インスティテュート/2012年)
通勤・残業
フレックスタイム制度が導入され、以前よりは働きやすくなったと感じます。残業は波がありますが、いつも残業をしないといけないわけではありません。暇な時は結構暇です。効率的に業務に取り組めばある程度までは、残業も減らすことが可能です。通勤時間については上司との話し合いで担当施設が決まりますので、ある程度強く、自分の希望を主張する必要があります。経験が少ないうちから希望を主張することは難しいので、新人のうちは無理を言われることもあります。(サイトサポート・インスティテュート/2016年)
仕事のやりがい
研修が非常にしっかりとしており、学ぶ意欲が高い人にとってはいくらでも仕事のレベルアップが可能な環境です。ただし、会社や製薬会社の研修だけでは求めているレベルに追いつかないので、空いた時間に自分で学ぶ施設が必要です。
また、仕事自体の社会貢献性は非常に高いため、日々の業務は地味ですがやりがいは高いです。(サイトサポート・インスティテュート/2012年)
治験コーディネーター(CRC)の口コミ

検討中リスト0件

最近見た求人0件

保存した条件0件

CRAばんく

PAGE
TOP