トップページ > 治験コーディネーター(CRC)の転職成功事例 > 転職回数が20代で3回と多いにも関わらずに治験コーディネーター(CRC)へ転職成功

転職回数が20代で3回と多いにも関わらずに治験コーディネーター(CRC)へ転職成功

転職回数が20代で3回と多いにも関わらずに治験コーディネーター(CRC)へ転職成功

写真
20代後半/男性
秋田県/2015年
看護師、保健師
応募した数
約10社
面接を受けた数
約3社
転職活動の期間
約20週間
満足度
口コミ評価4点
転職前 → 転職後
病院 業種 SMO
看護師 職種 CRC
約340万 年収 約360万
CRAからCRCへと応募先を切り替えた結果、転職回数が多いハンデを乗り越えて、無事に治験コーディネーター(CRC)になることができました。
最初はCRA(臨床開発モニター)への転職を考えていたのですが、転職回数が多いこともありなかなか上手くいきませんでした。

その後、コンサルタントの方から「まずはCRA(臨床開発モニター)ではなく、治験コーディネーター(CRC)として経験を積んだ後にCRA(臨床開発モニター)への転職を検討してみてはどうか」との提案を受け、応募先をCROからSMOへ切り替えて転職活動を行ったところ、なんとか複数回の面接を突破でき、無事に内定をもらうことができました。

コンサルタントは治験業界だけでなく製薬業界にも精通している方でしたので、SMOからCROへのキャリアチェンジの事例などを複数教えていただき、まずはSMOで経験を積もうと考えを変えられたことが転職成功のポイントだったと思います。

振り返ってみればCRA(臨床開発モニター)の転職活動をしていたことが、いざ、治験コーディネーター(CRC)いなろうと思ったときにプラスの効果を生み出せた理由だと思います。

また、転職回数が他の人よりも多かったのですが、面接で必死にアピールした結果、内定をもらうことができました。

最初に相談をしてから転職が決定するまで、2年近くという大変長期に渡りましたが、気長に同じコンサルタントの方にサポートをしていただけたことも安心して転職活動を行えた理由です。

成功のポイント成功のポイント

成功のポイント
治験コーディネーター(CRC)だけでなくCRA(臨床開発モニター)の転職サポートも合わせて行っております。またSMOやCROだけでなく、病院や製薬会社への転職支援も合わせて行っておりますので、幅広いキャリアを考えながら自分に適した職種を探すお手伝いが可能です。

最初にお問い合わせをいただいてから2年後に転職が決まるという、長期に渡るサポートになりましたが、転職回数が多いというハンデをはねのけて無事に内定をもらうことができました。

看護師秋田県の看護師の治験コーディネーターの最新求人

あなたの自宅の近くで求人は発生していますか?
治験求人がない

求人がない状況です。治験コーディネーター(CRC)の求人は発生していません。

近日中に求人が発生する可能性は低いようです。勤務地を広げて探すことを検討しましょう。

役立つ情報あわせて読みたい看護師向けの記事や情報

CRCへ転職する際に必要な知りたい情報が満載です。
治験コーディネーター(CRC)の掲示板
治験コーディネーター(CRC)の新着求人メール

転職サポート申し込みはこちら

ステップ1
まずは申し込み。入力は1分で終わります。
ステップ2
希望にマッチした求人情報を提供します。
ステップ3
書類選考・面接
ステップ4
内定・入社
入社後もずっとサポート!
転職相談に申込む

年収査定はこちら

  • 転職するときに、もっとも重視する項目の一つが「給料」。治験コーディネーター(CRC)へ転職した時に自分のキャリアや経験がどれだけ評価されるものなのか、気になりますよね。
    ここでは、あなたのプロフィールなどから、治験コーディネーター(CRC)へ転職した時の年収を割り出します。
    転職活動の目安にしてみてはいかがでしょうか。
年収査定はこちら

合格予想はこちら

  • 臨床経験が少ない、転職回数が多いなど、選考に通過できる自信がなくて応募を迷っている方は意外に多いんです。
    ここでは、あなたのプロフィールなどから、治験コーディネーター(CRC)へ応募した時の書類選考や面接の合格率を予想します。
    前もって合格率が分かると転職活動の無駄な手間が省けますよ。
合格予想はこちら

掲示板で質問をする

  • ちょっとした悩みごとや、ふとした疑問を気軽に掲示板で質問してみましょう。
    面倒な登録が不要ですので、匿名ですぐに質問できます。分からなかったあなたの質問をみんなで解決できます。
    現役の治験コーディネーター(CRC)や人事担当者が回答してくれるかもしれませんよ。
みんなに質問をする
転職成功事例
アンケート謝礼金のご案内

秋田県の地域情報

特徴
秋田県は東北地方の日本海側にあり、県庁所在地は秋田市です。
四季の彩りがはっきりしているのどかな地域です。名物はきりたんぽ、ババヘラアイス、ハタハタ、稲庭うどんなどで、秋田弁が多用されています。日本で一番深い湖「田沢湖」や毎分9000リットルもの温泉が噴出する「玉川温泉」など豊かな自然多いです。日本で一番日照時間が短い県のため秋田美人が生まれると言われています。

秋田県の看護師の主な出身校

  • 秋田市医師会立秋田看護学校
  • 秋田しらかみ看護学院
  • 由利本荘看護学校
  • 秋田県立衛生看護学院
  • 中通高等看護学院

看護師出身のCRCの口コミ

面接
最初にパンフレットをもらって説明を受けました。簡単な適性試験を受けた後に面接が始まりました。

面接の雰囲気は穏やかでしたが、ネガティブな質問も多かった印象です。将来の転勤の件についてしつこく確認を受けました。雇用形態が契約社員になると言われたので、辞退しました。(サイトサポート・インスティテュート/2012年)
通勤・残業
自宅から近くの施設を担当させていただいており、通勤環境は良好です。残業もそれほど多くなく、とても働きやすいと言えます。(株式会社新日本科学SMO/2016年)
仕事のやりがい
さすがに大手だけあり研修制度は整っています。福利厚生などもきちんと整備されています。(サイトサポート・インスティテュート/2016年)
人間関係
会社としては業界1位。製薬会社もEP綜合なしでは新薬会社が行えない状況まできている。今後、対偶が良くなることに期待。(株式会社EP綜合/2017年)
面接
雰囲気はとても和やかで堅苦しい感じはうけませんでした。
現役の治験コーディネーターの方から仕事のイメージや東京での研修に参加できるかの確認を受けました。その他には自己紹介や志望動機、治験コーディネーターの仕事内容について聞かれました。
真面目で誠実な会社という印象を受けました。(株式会社EP綜合/2012年)
福利厚生・休日
福利厚生は充実しています。やはり大きな会社は違います。有給もきちんと消化できます。上司もよく相談にのってくれたので、とても働きやすい環境だと感じました。(株式会社EP綜合/2013年)
福利厚生・休日
現状は土日祝はきっちりと休みが取れている。有給も取得しようと思えば取得できる環境。そのため、仕事とプライベートをきっちりと分けて働ける。
周囲は女性も多いため、常に育休中の方がいる環境。二人目を出産して戻ってくる方も多い。
常に周りをサポートできる体制が整っており、チームワークが大変良い。(株式会社EP綜合/2014年)
治験コーディネーター(CRC)の口コミ

検討中リスト0件

最近見た求人0件

保存した条件0件

CRAばんく

PAGE
TOP