トップページ > 治験コーディネーター(CRC)の転職成功事例 > 看護師の仕事を続けることが難しくなり治験コーディネーター(CRC)へ転職

看護師の仕事を続けることが難しくなり治験コーディネーター(CRC)へ転職

看護師の仕事を続けることが難しくなり治験コーディネーター(CRC)へ転職

写真
30代前半/女性
熊本県/2013年
看護師
応募した数
約3社
面接を受けた数
約2社
転職活動の期間
約6週間
満足度
口コミ評価4.5点
転職前 → 転職後
病院 業種 SMO
看護師 職種 CRC
約350万 年収 約390万
腰痛が悪化し看護師の仕事を続けられなくなり、治験コーディネーター(CRC)へ転職しました。
看護師の仕事を長く続けていましたが、腰や手首が痛むようになり、身体介護などを行うことができなくなりました。病院へ通院していましたが、完治は難しいということで、身体に負担がない仕事を探していた時に治験コーディネーター(CRC)の仕事を見つけました。

治験は以前、糖尿病の治験を行った経験がある医師から話を聞いたことがあり少し興味を持っていました。

看護師以外の仕事に就くのが初めてであったため、もう少し詳しく話を聞いてみたいと考え転職相談へ申し込みをしました。

転職相談では、治験コーディネーター(CRC)の業務は看護師ほど体への負担がないこと(ただし、カバンは重いらしい)、1人の被験者に最初から最後まで責任を持って関わる業務であることなどを聞き、是非、チャレンジしてみようと思うようになりました。

その後、応募書類の修正や面接練習を行い2社の面接を受けたところ、そのうちの1社から無事に内定をもらうことができました。

成功のポイント成功のポイント

成功のポイント
治験コーディネーター(CRC)は看護業務と異なりほとんど力仕事はありません。そのため、看護業務で腰や手首などを痛めてしまい、看護師としての仕事の幅が狭くなってしまった方が、治験コーディネーター(CRC)へ転職される例もあります。もし、重い物を持つことができなくなった看護師は、治験コーディネーター(CRC)への転職を検討されても良いかもしれません。

ただし、治験コーディネーター(CRC)は重いカバンを持って移動することが多いため、あらかじめご了承ください。

看護師熊本県の看護師の治験コーディネーターの最新求人

あなたの自宅の近くで求人は発生していますか?
治験求人数が普通

求人数が普通の状況です。数名の治験コーディネーター(CRC)の求人が発生しています。

治験コーディネーター(CRC)への転職を成功させるためには、応募者の経歴や人柄だけでなく、応募するタイミングも大切な要素です。現在は求人数が数名と少ないため、治験コーディネーター(CRC)への転職を考えている方はすぐに募集先へ問い合わせてみましょう。

CRCばんくがオススメする熊本県の看護師の求人

CRCばんくがオススメする求人をご紹介

役立つ情報あわせて読みたい看護師向けの記事や情報

CRCへ転職する際に必要な知りたい情報が満載です。
治験コーディネーター(CRC)の掲示板
治験コーディネーター(CRC)の新着求人メール

転職サポート申し込みはこちら

ステップ1
まずは申し込み。入力は1分で終わります。
ステップ2
希望にマッチした求人情報を提供します。
ステップ3
書類選考・面接
ステップ4
内定・入社
入社後もずっとサポート!
転職相談に申込む

年収査定はこちら

  • 転職するときに、もっとも重視する条件の一つが「給料」です。

    治験コーディネーター(CRC)へ転職したときに自分のキャリアや経験がどれだけ評価されるのか、気になりますよね。

    こちらではあなたのプロフィールから、治験コーディネーター(CRC)へ転職したときの「年収」を予想します。

    転職活動の目安にしてみてはいかがでしょうか。
年収査定はこちら

合格予想はこちら

  • 「臨床経験が少ない」「転職回数が多い」など、選考に通過できる自信がなくて応募を迷っている方は意外に多いんです。

    こちらはあなたのプロフィールから、治験コーディネーター(CRC)へ応募した時の「書類選考の通過率」や「面接の合格率」を予想します。

    前もって合格率が分かると転職活動の無駄な手間が省けますよ。
合格予想はこちら

掲示板で質問をする

  • ちょっとした「悩み」や、ふとした「疑問」を気軽に掲示板で質問してみましょう。

    面倒な登録をしなくても、匿名ですぐに質問できます。分からなかったあなたの質問をみんなで解決できます。

    現役の治験コーディネーター(CRC)や人事担当者が回答してくれるかもしれませんよ。
みんなに質問をする
転職成功事例
アンケート謝礼金のご案内

熊本県の地域情報

特徴
熊本県は九州中央部に位置する県です。火山が多いことで知られ、阿蘇山は広大なカルデラをもつ活火山として有名です。

熊本県の看護師の主な出身校

  • 熊本駅前看護リハビリテーション学院
  • 上天草看護専門学校
  • 熊本医療センター附属看護学校
  • 熊本労災看護専門学校
  • 熊本看護専門学校
  • 天草市立本渡看護専門学校

看護師出身のCRCの口コミ

退職
どうしても仕事中心の生活にならざるをえない社風です。仕事に全力を注ぎたい人にとっては良い環境だと思いますが、お子様がいる方にとっては、辛い部分があります。また、都心と地方ではサポート体制に差があり、都心は部署異動などができるのに対して、地方ではできないため、家庭と仕事の両立が難しいと思います。時短勤務制度があり、育児中のCRCにとっては強い味方になりますが、残念ながらみなし残業代がカットされるため、給料は大きく下がります。(サイトサポート・インスティテュート/2015年)
面接
CRC未経験からの応募のため、最初の半年の雇用形態は契約社員でした。ただ、半年後はほぼ正社員になれるようです。
面接官は人事担当者がテレビ会議により参加、他にはOD(オフィスディレクター)やマネージャー、アシスタントマネージャーなど複数名です。
面接の雰囲気は多少圧迫的な感じを受けました。同じ質問を何度も受けましたが、医師を相手にするときに物おじしないストレス耐性があるかどうかをチェックしているようです。
面接は2回あり、それぞれ1時間前後でした。

聞かれた質問は
・志望動機
・ストレス耐性の有無(繰り返し)
・勉強は好きかどうか(GCPなどの専門用語を覚えてもらう必要がある)
・東京で行われる研修へ参加できるか
などです。(サイトサポート・インスティテュート/2016年)
人間関係
かなりアットホームな環境で働けています。(株式会社新日本科学SMO/2016年)
仕事のやりがい
ICが上手くいった時や、薬の効用が確認できる時は、CRCをやっていて良かったと感じますが、日々の業務は調整と事務のため、地味です。比較的施設間の異動が少ないため(全くないわけではない)、良好な人間関係を築きやすいです。(株式会社エシック/2017年)
通勤・残業
年収は比較的良かったです。やりがいもあり、みなが忙しく仕事をがんばって、疲れていたイメージです。(インクロム株式会社/2014年)
通勤・残業
ざんぎょうは平均して月に10時間前後と多くありません。施設へ直行直帰する場合は早く帰っても一日働いたことになるため、早く仕事を終える意識が働きます。逆に事務所で書類を作成する時は、こまごまとした業務が多く、気づいたら結構、残業をしていたなんてこともありました。(サイトサポート・インスティテュート/2016年)
通勤・残業
業務量が落ち着いている時は周囲と調整すれば長期の休暇も取得可能。子供の行事の調整も周囲の協力があれば問題なし。有給も取得しやすい。(株式会社EP綜合/2018年)
治験コーディネーター(CRC)の口コミ

検討中リスト0件

最近見た求人0件

保存した条件0件

CRAばんく

PAGE
TOP