トップページ > 治験コーディネーター(CRC)の転職成功事例 > 専門学校の講師から治験コーディネーター(CRC)へ転職成功

専門学校の講師から治験コーディネーター(CRC)へ転職成功

専門学校の講師から治験コーディネーター(CRC)へ転職成功

写真
20代後半/女性
神奈川県/2015年
管理栄養士
応募した数
約6社
面接を受けた数
約2社
転職活動の期間
約7週間
満足度
口コミ評価4.5点
転職前 → 転職後
学校 業種 SMO
講師 職種 CRC
約320万 年収 約400万
栄養士です。新潟から神奈川へ引っ越すのに伴い学校の講師から治験コーディネーター(CRC)へ転職できました。
新潟で講師業に携わっていましたが、将来の結婚に備えて契約更新をせずに東京もしくは神奈川県へ引っ越そうと考えていました。講師業は残業がとても多く、帰宅時間がどうしも遅くなることから講師業以外での就職を考えた際に治験コーディネーター(CRC)としう仕事を見つけ興味を持ちました。

臨床経験も少なく、前職が講師ということもあり、治験コーディネーター(CRC)への転職は思うようには進みませんでしたが、幸いにも中規模のSMOから内定をもらうことができました。

コンサルタントからはご経歴が弱いため、選考で落ちてしまうこともあると思いますが、エリアを東京まで広げれば応募できる求人は多いので、粘り強く転職活動を継続することが転職成功のポイントと言われていたましたので、あまり気負わずにマイペースでコツコツと転職活動を続けることを心がけました。

面接場所は遠方ということもあり、日程の調整もなかなか大変でしたが、コンサルタントが上手に調整していただき、とても助かりました。

東京や神奈川県の土地勘がなく、どのような求人へ応募すれば良いかも全く分からなかったため、コンサルタントのサポートを受けられたことはとても心強かったです。

成功のポイント成功のポイント

成功のポイント
講師業から治験コーディネーター(CRC)へ転職を希望される方も時々いらっしゃいます。臨床から離れているため、治験コーディネーター(CRC)への転職は決して有利とは言えませんが、講師業で習得したコミュニケーション力や調整力、事務スキル、プレゼンテーション力は治験コーディネーター(CRC)としても発揮することができます。

現在、講師として働いていおり、臨床へ戻ることは気が進まない場合は、治験コーディネーター(CRC)を転職先として検討されても良いと思います。

管理栄養士神奈川県の管理栄養士の治験コーディネーターの最新求人

あなたの自宅の近くで求人は発生していますか?
治験求人数が普通

求人数が普通の状況です。数名の治験コーディネーター(CRC)の求人が発生しています。

治験コーディネーター(CRC)への転職を成功させるためには、応募者の経歴や人柄だけでなく、応募するタイミングも大切な要素です。現在は求人数が数名と少ないため、治験コーディネーター(CRC)への転職を考えている方はすぐに募集先へ問い合わせてみましょう。

CRCばんくがオススメする神奈川県の管理栄養士の求人

CRCばんくがオススメする求人をご紹介

役立つ情報あわせて読みたい管理栄養士向けの記事や情報

CRCへ転職する際に必要な知りたい情報が満載です。
治験コーディネーター(CRC)の掲示板
治験コーディネーター(CRC)の新着求人メール

転職サポート申し込みはこちら

ステップ1
まずは申し込み。入力は1分で終わります。
ステップ2
希望にマッチした求人情報を提供します。
ステップ3
書類選考・面接
ステップ4
内定・入社
入社後もずっとサポート!
転職相談に申込む

年収査定はこちら

  • 転職するときに、もっとも重視する項目の一つが「給料」。治験コーディネーター(CRC)へ転職した時に自分のキャリアや経験がどれだけ評価されるものなのか、気になりますよね。
    ここでは、あなたのプロフィールなどから、治験コーディネーター(CRC)へ転職した時の年収を割り出します。
    転職活動の目安にしてみてはいかがでしょうか。
年収査定はこちら

合格予想はこちら

  • 臨床経験が少ない、転職回数が多いなど、選考に通過できる自信がなくて応募を迷っている方は意外に多いんです。
    ここでは、あなたのプロフィールなどから、治験コーディネーター(CRC)へ応募した時の書類選考や面接の合格率を予想します。
    前もって合格率が分かると転職活動の無駄な手間が省けますよ。
合格予想はこちら

掲示板で質問をする

  • ちょっとした悩みごとや、ふとした疑問を気軽に掲示板で質問してみましょう。
    面倒な登録が不要ですので、匿名ですぐに質問できます。分からなかったあなたの質問をみんなで解決できます。
    現役の治験コーディネーター(CRC)や人事担当者が回答してくれるかもしれませんよ。
みんなに質問をする
転職成功事例
アンケート謝礼金のご案内

神奈川県の地域情報

特徴
神奈川県は人口が全国2位の県です。県庁所在地は横浜市です。
。東京湾沿いの横浜エリアは、本場の中華を堪能できる中華街や、夜景を楽しめるランドマークタワーなどがあり人気スポットです。

神奈川県の管理栄養士の主な出身校

  • 鎌倉女子大学家政学部管理栄養学科
  • 神奈川県立保健福祉大学 保健福祉学部栄養学科
  • 相模女子大学 栄養科学部管理栄養士学科
  • 相模女子大学短期大学部 食物栄養学科
  • 相模女子大学 栄養科学部健康栄養学科
  • 神奈川工科大学 応用バイオ科学部栄養生命科学科
  • 関東学院大学人間環境学部健康栄養学科
  • 小田原短期大学 食物栄養学科
  • 文教大学 健康栄養学部管理栄養学科
  • 横浜栄養専門学校 

管理栄養士出身のCRCの口コミ

人間関係
栄養士の時と比べると人間関係は格段に楽になったと思います。CRCは人間関係が大変だと聞きますが、病院の栄養士のほうが大変だと思います。(株式会社EP綜合/2017年)
人間関係
比較的働きやすい環境だと思いますが、担当する施設によって環境は変わってしまうため、一概に良い悪いと言い切れない仕事だと思います。(株式会社エシック/2017年)
通勤・残業
スーパーフレックスタイム制度のため、仕事に応じて効率的にスケジュールを組むことが可能です。(株式会社EP綜合/2016年)
通勤・残業
代休がきちんと取得できる。頼りになる先輩が多い。(ノイエス株式会社/2014年)
通勤・残業
ざんぎょうは平均して月に10時間前後と多くありません。施設へ直行直帰する場合は早く帰っても一日働いたことになるため、早く仕事を終える意識が働きます。逆に事務所で書類を作成する時は、こまごまとした業務が多く、気づいたら結構、残業をしていたなんてこともありました。(サイトサポート・インスティテュート/2016年)
教育研修制度
大手のため、研修の仕組みが整備されています。(株式会社EP綜合/2017年)
通勤・残業
とても働きやすい。(株式会社EP綜合/2015年)
治験コーディネーター(CRC)の口コミ

検討中リスト0件

最近見た求人0件

保存した条件0件

CRAばんく

PAGE
TOP