トップページ > 治験コーディネーター(CRC)の転職成功事例 > 持病がありましたが治験コーディネーター(CRC)へ転職できました。

持病がありましたが治験コーディネーター(CRC)へ転職できました。

持病がありましたが治験コーディネーター(CRC)へ転職できました。

写真
30代後半/女性
京都府/2015年
臨床検査技師
応募した数
約1社
面接を受けた数
約1社
転職活動の期間
約15週間
満足度
口コミ評価5点
転職前 → 転職後
病院 業種 SMO
臨床検査技師 職種 CRC
約400万 年収 約420万
持病があり治験コーディネーター(CRC)へ転職できるか不安でしたが、無事に転職を成功させることができました。
治験コーディネーター(CRC)へ転職する際に二つの心配事がありました。一つは年齢が高いこと、もう一つは持病があることです。

そのため、治験コーディネーター(CRC)へ転職できるか不安になり転職相談へ申し込みました。

転職相談では持病について詳しく聞かれ、選考にどのような不利があるかをきちんと説明を受けました。そのため、持病の種類によって面接で不利になる場合が多いことや、平日の通院は業務に支障がでること、入社前健康診断の内容などを事前に理解することができました。

コンサルタントとの相談を重ねた結果、もう少し持病が良くなってから応募したほうが良いとのアドバイスを受けましたので、数ヶ月治療に専念した後に再度、相談へ申し込みました。

その後は応募書類に持病のことを、どこまでを記載すべきか、面接ではどのように話すべきかの対策をコンサルタントと一緒にきちんと立てました。応募先によって、持病の有無の評価が変わるようで、あまり神経質な選考をしない応募先を選んだ結果、無事に内定をもらうことができました。

成功のポイント成功のポイント

成功のポイント
持病を応募先にどのうに伝えるべきかを応募者ご自身だけで判断することは難しい場合が多いです。

持病の内容によっては選考に大きな影響を与えることもありますが、応募先の選定や、応募のタイミングなどを工夫することによって、治験コーディネーター(CRC)への転職を成功させることも可能です。

持病があることで治験コーディネーター(CRC)への転職を迷っている方がいらっしゃいましたら、一度、ご相談をいただければと思います。

臨床検査技師京都府の臨床検査技師の治験コーディネーターの最新求人

治験求人が多い

求人数が多い状況です。複数名の治験コーディネーター(CRC)の求人が発生しており、内定を取得しやすい状態です。

治験コーディネーター(CRC)への転職を成功させるためには、応募者の経歴や人柄だけでなく、応募するタイミングも大切な要素です。治験コーディネーター(CRC)への転職を考えている方は求人が終了する前に積極的に募集先へ問い合わせてみましょう。

CRCばんくがオススメする京都府の臨床検査技師の求人

CRCばんくがオススメする求人をご紹介

役立つ情報あわせて読みたい臨床検査技師向けの記事や情報

CRCへ転職する際に必要な知りたい情報が満載です。
治験コーディネーター(CRC)の掲示板
治験コーディネーター(CRC)の新着求人メール

転職サポート申し込みはこちら

ステップ1
まずは申し込み。入力は1分で終わります。
ステップ2
希望にマッチした求人情報を提供します。
ステップ3
書類選考・面接
ステップ4
内定・入社
入社後もずっとサポート!
転職相談に申込む

年収査定はこちら

  • 転職するときに、もっとも重視する条件の一つが「給料」です。

    治験コーディネーター(CRC)へ転職したときに自分のキャリアや経験がどれだけ評価されるのか、気になりますよね。

    こちらではあなたのプロフィールから、治験コーディネーター(CRC)へ転職したときの「年収」を予想します。

    転職活動の目安にしてみてはいかがでしょうか。
年収査定はこちら

合格予想はこちら

  • 「臨床経験が少ない」「転職回数が多い」など、選考に通過できる自信がなくて応募を迷っている方は意外に多いんです。

    こちらはあなたのプロフィールから、治験コーディネーター(CRC)へ応募した時の「書類選考の通過率」や「面接の合格率」を予想します。

    前もって合格率が分かると転職活動の無駄な手間が省けますよ。
合格予想はこちら

掲示板で質問をする

  • ちょっとした「悩み」や、ふとした「疑問」を気軽に掲示板で質問してみましょう。

    面倒な登録をしなくても、匿名ですぐに質問できます。分からなかったあなたの質問をみんなで解決できます。

    現役の治験コーディネーター(CRC)や人事担当者が回答してくれるかもしれませんよ。
みんなに質問をする
転職成功事例
履歴書・職務経歴書自動作成ツール
アンケート謝礼金のご案内

京都府の地域情報

特徴
京都府は日本に二つある「府」の一です。歴史があり観光が盛んな府です。

金閣寺、銀閣寺、清水寺、祇園、嵐山は世界的にも有名な観光スポットです。

京都府の臨床検査技師の主な出身校

  • 京都保健衛生専門学校 臨床検査学科
  • 京都大学 医学部 人間健康科学科 検査技術科学専攻

臨床検査技師出身のCRCの口コミ

教育研修制度
入社後の1年間は基礎研修や継続研修を受ける必要があるため、治験コーディネーター(CRC)として一定のレベルに達することはできると思います。(株式会社アイロム/2016年)
通勤・残業
フレックスタイム制であるが、残業代はきちんと支払われます。(株式会社EP綜合/2016年)
年収・給料
最初のほうは毎年かなりの金額の給料がアップする。半年ごとに目標をたてて、達成具合によって賞与・昇給に差がでる。ただし、昇進すると年俸制になり残業代がつかなくなるようだ。(株式会社EP綜合/2015年)
福利厚生・休日
産休育休は非常に取りやすい。復帰も楽。フレックス制度もあるため、自分の都合に合わせた仕事が可能。(株式会社EP綜合/2013年)
福利厚生・休日
全ては配属次第。配属に恵まれれば、良い上司に働きやすい人間関係、きちんと土日祝が休め、有給も消化でき、残業も少ないという最高の環境が手に入る。(ノイエス株式会社/2013年)
面接
以下が主な質問です。

・経歴紹介、退職理由
・CRCはどのような仕事か
・大切なスキルは何か
・ホームページをご覧になったか
・臨床検査技師に戻らなくてよいのか
・深夜の治験には対応できるか
・残業は大丈夫か
・他のオフィスの治験へ応援に行けるか
・女性が多い職場に入ることをどう思うか
・ワード・エクセルを使いこなせますか?
・薬の知識はあるか
・カルテを読めるか

雰囲気としてはなごやかでした(サイトサポート・インスティテュート/2013年)
教育研修制度
最初に2週間の集合研修があり、基本知識を丁寧に教えてもらえます。その後も週に1回のセミナーが開催され、フォローアップが行われます。(ノイエス株式会社/2014年)
治験コーディネーター(CRC)の口コミ

検討中リスト0件

最近見た求人0件

保存した条件0件

CRAばんく

PAGE
TOP