トライアドジャパン株式会社
お気に入りに追加する お気に入りから削除する

CRC(治験コーディネーター)兼カウンセラー※未経験者歓迎 -臨床心理士-

本社所在地:
神奈川県相模原市南区相模大野3丁目14番20号
資本金:
1000万円
設立年月日:
1995年12月22日
従業員数:
220名
  • 未経験OK未経験OK
  • 土日休み土日休み
  • フレックスタイムフレックスタイム

トライアドジャパン

トライアドジャパン

医療に貢献するハイブリッド企業として人と社会を豊かにします。

PR1
精神科に強いSMOです。
PR2
入社後の研修が充実しています。

トライアドジャパン

募集要項

まずは基本的な労働条件をチェックしましょう。
仕事内容
医療機関で治験責任医師のもと治験が円滑に実施されるよう支援し、治験に関わる業務全般をご担当いただきます。また、うつ病などのカウンセリングも合わせてご担当いただきます。

【具体的には】
・医師や看護師等への治験内容の説明
・被験者へのインフォームドコンセントの補助
・被験者の来院と検査スケジュールの調整
・被験者へプロトコルに則った正確な服薬指導
・治験前の契約準備や説明会
・担当する治験に関する業務フローの作成
・症例管理のための資料作成
・心理検査業務(臨床心理士のみ)
・うつ病などのカウンセリング(臨床心理士のみ)

精神科に強いSMOです。

治験支援事業では、精神科領域に特化したサポートを行っており、高い専門性を持つ医師たちと連携しながら、精神科の病院やクリニックの治験を支援しています。統合失調症、うつ病、不眠症などの分野で多数の実績があります。

入社後の研修が充実しています。

入社後はOJTによる研修が行われ、その後も社外専門講師による自己開発・専門職研修があるなど教育体制も充実しています。

雇用形態
正社員(試用期間3ヶ月/待遇面の変更なし/雇用期間の定めなし、契約社員での採用制度あり)
勤務地
神奈川県

ご担当いただく施設について

主に東京、神奈川、千葉、埼玉の医療機関をご担当いただきます。

応募条件
臨床心理士資格をお持ちで、臨床心理士の実務経験1年以上の方
  ※CRC経験やCRC資格の有無は問いません。

心理検査業務経験者を歓迎します。

精神科領域の治験を行う際に心理検査の知識を生かして活躍できます。

給与
月給:207,000円~
  ※経験・能力・年齢により応相談

モデル年収

30歳(CRC経験者):24.5万円以上

給与備考
通勤手当:~5万円、CRC手当:3~6万円(CRC未経験者1万円~)、住宅手当:~5万円(エリアにより支給額が異なる)、家族手当:1万円(配偶者)5000円(子供)、時間外手当(月20時間を超えた場合)
昇給・賞与
昇給年1回、賞与年2回(7月・12月)※標準4ヶ月
勤務時間
9:30~18:30(休憩60分)
勤務時間備考
フレックスタイム制(コアタイムなし、8時半以降22時までの間で実働8時間、休憩60分) ※残業は月に約10~20時間程度です。
休日
週休二日制
休日備考
原則土日(勤務地による)、祝祭日、夏季3日、年末年始5日、有給休暇(初年度10日) ※年間休日120日
福利厚生
社会保険完備(健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険)、JTBベネフィット加盟、産休育休制度(実績多数)、退職金制度(在籍3年以降)

企業情報

会社についてもきちんと目を通しておきましょう。
設立
1995年12月22日
代表者
野澤 充
従業員数
220名
資本金
1000万円
事業内容
「患者・医師・薬剤師が三位一体となった医療環境づくり」を理念に、薬局事業と治験支援(SMO)事業を中心に、薬剤師が関与する様々な医療関連事業を総合的に展開する企業です。

・臨床薬学実践型の高機能薬局の展開
・新薬開発及び支援(新薬開発業務受託/治験実施施設支援)
・各種セミナーの開催、薬剤師教育
本社所在地
神奈川県相模原市南区相模大野3丁目14番20号
ホームページ
http://www.triad-j.co.jp
会社の魅力
精神科領域に特化し、国内有数の専門性の高い治験支援を実施しています。また、治験コーディネート(CRC)業務に加えて、治験事務局業務、IRB事務局業務なども実施しており、治験をトータルにサポートできる体制があります。

向精神薬の治験に特化した国内随一のSMOです。

中枢神経の専門医との密接な連携を図りながら、治験コーディネーター(CRC)支援業務で確かな実績を築いています。新薬開発支援部は、精神科の病院やクリニックをサポートするSMOです。高い専門性を持つ医師たちと共に治験コーディネーターとして診療に陪席し、被験者の症状チェックや検査依頼のフォローをすることで、より質の高い治験の遂行に貢献しています。

内定者の声
・精神科の治験に特化したノウハウがあると感じました。また、臨床心理士の仕事は、社会保障の面などで比較的不安定なことが多いですが、ここではフルタイムでしっかりと働けて、生活が安定すると思います。

精神科にも色々な治験があります。

前々職はクリニックで臨床心理士業務、前職はSMOでCRC業務をしていましたが、精神科以外の治験も担当しており、心理士の経験や資格をより活かせる仕事に就きたいと考えるようになりました。

トライアドジャパンは、精神科の治験に特化しており、精神科に精通している社員が多く、刺激を受けて自分の成長につながると思い、転職しました。一番の決め手は、精神科の治験の案件の多さと最新の治療に触れられることへの興味です。

精神科に特化している為、担当する治験もうつ病や統合失調症など狭い範囲に偏っているのかと思ってましたが、精神科でもいろいろな治験があり、そのような心配はありません。

社員の声
・「治験薬が効いてよかった」という患者さんの言葉を聞いた時に最もやりがいを感じます。臨床心理士としては、カウンセリングだけでなく数多くの治療法を見たり知ったりする中で自分の視野や治療法の選択肢が広がりました。それによって、患者さんからの相談に対してより具体的な提案をできるようになりました。

・出社時刻は比較的遅いです。定時で上がるときはさっと帰れるなど、メリハリをつけて働くことができます。裁量権や自由度が比較的あるほうだと思います。

選考の流れ

内定を目指してがんばっていきましょうね。
応募方法
(「応募する」ボタン)からお問合せください。
選考プロセス
ステップ1書類選考
  ▼
ステップ2面接、適性検査
  ▼
ステップ3内定
お気に入りに追加 お気に入りから削除

応募する

チェック条件が近い求人

別の会社の求人も忘れずにチェックしましょう。

成功臨床心理士の転職成功事例

他の方のCRCへの転職体験談も参考になります。

役立つ情報あわせて読みたい臨床心理士向けの記事や情報

CRCへ転職する際に必要な知りたい情報が満載です。

書物仕事内容&業界研究

治験業界や仕事内容についてもう少し知りたい方はこちら。

履歴書履歴書作成&面接対策

応募書類や面接対策についてもっと知りたい方はこちら
治験コーディネーター(CRC)の掲示板
治験コーディネーター(CRC)の新着求人メール

転職サポート申し込みはこちら

ステップ1
まずは申し込み。入力は1分で終わります。
ステップ2
希望にマッチした求人情報を提供します。
ステップ3
書類選考・面接
ステップ4
内定・入社
入社後もずっとサポート!
転職相談に申込む

年収査定はこちら

  • 転職するときに、もっとも重視する条件の一つが「給料」です。

    治験コーディネーター(CRC)へ転職したときに自分のキャリアや経験がどれだけ評価されるのか、気になりますよね。

    こちらではあなたのプロフィールから、治験コーディネーター(CRC)へ転職したときの「年収」を予想します。

    転職活動の目安にしてみてはいかがでしょうか。
年収査定はこちら

合格予想はこちら

  • 「臨床経験が少ない」「転職回数が多い」など、選考に通過できる自信がなくて応募を迷っている方は意外に多いんです。

    こちらはあなたのプロフィールから、治験コーディネーター(CRC)へ応募した時の「書類選考の通過率」や「面接の合格率」を予想します。

    前もって合格率が分かると転職活動の無駄な手間が省けますよ。
合格予想はこちら

掲示板で質問をする

  • ちょっとした「悩み」や、ふとした「疑問」を気軽に掲示板で質問してみましょう。

    面倒な登録をしなくても、匿名ですぐに質問できます。分からなかったあなたの質問をみんなで解決できます。

    現役の治験コーディネーター(CRC)や人事担当者が回答してくれるかもしれませんよ。
みんなに質問をする
臨床心理士の転職成功事例
履歴書・職務経歴書自動作成ツール
アンケート謝礼金のご案内

臨床心理士の転職状況と心構え

転職状況
認知症や鬱病などの中枢神経領域(CNS)の治験が増加傾向にあります。そのため、医療機関(病院・クリニック)での勤務経験があり、カルテを判読するスキルを身につけている臨床心理士は、治験コーディネーター(CRC)としても経験を生かして活躍できるため、積極的に採用を行っている企業もあるようです。

エリアや求人状況によってはチャンスは広がっていると言えるでしょう。治験コーディネーター(CRC)へと転職される臨床心理士も少しずつ増えてきています。
心構え
臨床心理士は他の医療資格者より書類選考通過率・面接通過率が低くなっています。また、応募できる求人も限られているため、応募可能な求人を見極めたうえで、万全の準備をして選考へと進む必要があります。

神奈川県の求人状況

求人数
求人数が多い状況です。
難易度
複数名の治験コーディネーター(CRC)の求人が発生しており、内定を取得しやすい状態です。
心構え
治験コーディネーター(CRC)への転職を成功させるためには、応募者の経歴や人柄だけでなく、応募するタイミングも大切な要素です。治験コーディネーター(CRC)への転職を考えている方は求人が終了する前に積極的に募集先へ問い合わせてみましょう。
特徴
治験コーディネーターの求人数が、応募者数より多いエリアです。そのため、治験コーディネーター(CRC)へ転職するチャンスが大きいエリアであると言えます。

企業数が多いため就業チャンスが多く、面接で1~2社落ちても気にする必要はありません。どんどん積極的に応募をしましょう。都内の求人も合わせて検討すると転職できる可能性はグンと広がりそうです。
治験ネットワーク
神奈川県医師会治験ネットワーク(神奈川県医師会治験促進センター)が設置され、医師会が積極的に治験の実施に取り組んでいます。
勤務地
勤務地は横浜市、もしくは川崎市のどちらかになることが多いようです。
CRCの人数
神奈川県の治験コーディネーター(CRC)の人数はおよそ170人前後(内訳はSMOが100人、病院・クリニックが70人)と推測され、毎年20人前後の求人が発生していると予想されます。

神奈川県に事務所があるSMO

神奈川県の主な病院

治験コーディネーター(CRC)の口コミ

お気に入り

閲覧履歴

検索履歴

CRAばんく

PAGE
TOP