トップページ > 治験コーディネーター(CRC)の転職成功事例 > 営業職から治験コーディネーター(CRC)への転職

営業職から治験コーディネーター(CRC)への転職

営業職から治験コーディネーター(CRC)への転職

写真
30代後半/女性
沖縄県/2013年
臨床検査技師、CRA
応募した数
約2社
面接を受けた数
約2社
転職活動の期間
約4週間
満足度
口コミ評価4点
転職前 → 転職後
医療機器メーカー 業種 SMO
営業 職種 CRC
約800万 年収 約400万
医療機器メーカーの営業職から臨床検査技師の資格を生かして治験コーディネーター(CRC)へ転職しました。
臨床検査技師として経験を積んだ後はCRAや医療機器メーカーの営業担当として働いていました。

医療機器メーカーということもあり、年収は他の人よりももらっていたのですが、沖縄で長く働いていくことを考えた際に、治験コーディネーター(CRC)へ転職することを考えるようになりました。また、知人に治験コーディネーター(CRC)の方がおり、色々と話を聞くうちに、現在の仕事をいつまで沖縄で続けられるか分からないため、長期的に働くことを考えた際に早めに治験コーディネーター(CRC)へ転職したほうが良いと考えるようになりました。

年齢が高い点やブランクがあることが不安でしたので転職相談へ申し込みをしました。

いくつか求人をご紹介いただき、応募したところ内定をもらうことができました。コンサルタントの方に年収交渉をしてもらいましたが、未経験ということもあり、前職の年収には遠く及ばなかったため、転職するかどうか迷ったのですが、年収よりも働きやすさなどを重視して思い切って転職することにしました。

成功のポイント成功のポイント

成功のポイント
治験コーディネーター(CRC)の仕事のメリットの一つとして東京や大阪などだけではんく、地方エリアでの就業が可能であることが挙げられます。

また、治験数は増えたり減ったりしますが、治験そのものがなくなる可能性はないため、長期的に働ける仕事と言えます。

地方にお住いでも治験コーディネーター(CRC)として働ける場合が多いため、もし、地方にお住まいで治験コーディネーター(CRC)の仕事にご興味をお持ちの方がいらっしゃれば、お気軽にご相談ください。

臨床検査技師沖縄県の臨床検査技師の治験コーディネーターの最新求人

治験求人数が普通

求人数が普通の状況です。数名の治験コーディネーター(CRC)の求人が発生しています。

治験コーディネーター(CRC)への転職を成功させるためには、応募者の経歴や人柄だけでなく、応募するタイミングも大切な要素です。現在は求人数が数名と少ないため、治験コーディネーター(CRC)への転職を考えている方はすぐに募集先へ問い合わせてみましょう。

CRCばんくがオススメする沖縄県の臨床検査技師の求人

CRCばんくがオススメする求人をご紹介

役立つ情報あわせて読みたい臨床検査技師向けの記事や情報

CRCへ転職する際に必要な知りたい情報が満載です。
治験コーディネーター(CRC)の掲示板
治験コーディネーター(CRC)の新着求人メール

転職サポート申し込みはこちら

ステップ1
まずは申し込み。入力は1分で終わります。
ステップ2
希望にマッチした求人情報を提供します。
ステップ3
書類選考・面接
ステップ4
内定・入社
入社後もずっとサポート!
転職相談に申込む

年収査定はこちら

  • 転職するときに、もっとも重視する条件の一つが「給料」です。

    治験コーディネーター(CRC)へ転職したときに自分のキャリアや経験がどれだけ評価されるのか、気になりますよね。

    こちらではあなたのプロフィールから、治験コーディネーター(CRC)へ転職したときの「年収」を予想します。

    転職活動の目安にしてみてはいかがでしょうか。
年収査定はこちら

合格予想はこちら

  • 「臨床経験が少ない」「転職回数が多い」など、選考に通過できる自信がなくて応募を迷っている方は意外に多いんです。

    こちらはあなたのプロフィールから、治験コーディネーター(CRC)へ応募した時の「書類選考の通過率」や「面接の合格率」を予想します。

    前もって合格率が分かると転職活動の無駄な手間が省けますよ。
合格予想はこちら

掲示板で質問をする

  • ちょっとした「悩み」や、ふとした「疑問」を気軽に掲示板で質問してみましょう。

    面倒な登録をしなくても、匿名ですぐに質問できます。分からなかったあなたの質問をみんなで解決できます。

    現役の治験コーディネーター(CRC)や人事担当者が回答してくれるかもしれませんよ。
みんなに質問をする
マンガで分かる!治験コーディネーター(CRC)
転職成功事例
履歴書・職務経歴書自動作成ツール
アンケート謝礼金のご案内

沖縄県の地域情報

特徴
沖縄県は日本最西端の県です。旧名は琉球です。県外からの転職志望者が多いのが特徴です。

沖縄県の臨床検査技師の主な出身校

  • 琉球大学 医学部 保健学科

臨床検査技師出身のCRCの口コミ

面接
最初に労働条件が書かれた紙を渡され読んでおくように言われました。その後面接が始まりました。女性のマネージャーさんの質問が厳しく、なかなかスムーズに返答できませんでした。特に前職での業務内容を厳しく聞かれ、返答につまってしまう部分がありました。コミュニケーション力に自信がない人にとっては、治験コーディネーター(CRC)は、なかなか厳しい部分があると感じました。検査技師さんは気をつけたほうが入念な準備をしてから応募されたほうが良いと思います。(サイトサポート・インスティテュート/2012年)
通勤・残業
研修がきちんとしていて、CRC未経験者でも安心して仕事を覚えられる。人間関係も良く、給料も悪くないので、ずっと続けたい仕事だと思う。(株式会社エシック/2014年)
仕事のやりがい
毎月1回、オフィスミーティングがあり、情報共有や簡単な勉強会が行われます。他の施設の成功事例が共有されるので仕事に役立てることが可能です。また、外部研修などもあります。
担当施設は上司が決めますが、案件内のスケジュールは自分で決めるため自由度が大きいです。そのため、自己の意欲次第で、色々なチャレンジが可能でキャリアアップも可能です。
中途で入社すると比較的早く、案件をメインで担当することになるため、責任ある仕事を経験できます。
結果は数字になって現れるので、病院時代よりも成果が第三者にも分かりやすいです。(株式会社EP綜合/2016年)
人間関係
比較的若い社員が多いため、社員同士の年齢が近く、風通しが良い。給料へのこだわりが少なく、仲間たちと一緒に和気あいあいと働きたい人にとってはアイロムは良い選択肢だと思う。上司も若い女性の方が多く、みなフレンドリーで話しやすい方が多い印象。(株式会社アイロム/2012年)
人間関係
下で頑張って働く人たちはみんな真面目で人間的にも良い人たちでした。(サイトサポート・インスティテュート/2017年)
仕事のやりがい
仕事を通じて、治験の専門用語、幅広い疾患の知識、パソコンスキル、事務スキル、自立した行動、問題解決能力、忍耐強さ、コミュニケーション能力、臨機応変な事柄に柔軟に対応する能力などを習得できる。特に気難しい医師と交渉をするため、コミュニケーション力は交渉力を発揮するためにタフな心を磨ける。(ノイエス株式会社/2016年)
仕事のやりがい
成果が目に見える形で表れて評価される仕事のため、検査技師時代よりも頑張りがいがある。

仕事に慣れれば自分でスケジュールを組んで、自分のペースで仕事ができる。フレックス制度も機能している。周囲の干渉も少ないので、気が楽。

コンプライアンス、倫理観は徹底している。(サイトサポート・インスティテュート/2018年)
治験コーディネーター(CRC)の口コミ

お気に入り

閲覧履歴

検索履歴

CRAばんく

PAGE
TOP