トップページ > 治験コーディネーター(CRC)の転職成功事例 > 臨床検査技師から治験コーディネーター(CRC)へ転職して年収が大きく上がりました。

臨床検査技師から治験コーディネーター(CRC)へ転職して年収が大きく上がりました。

臨床検査技師から治験コーディネーター(CRC)へ転職して年収が大きく上がりました。

写真
20代後半/男性
埼玉県/2017年
臨床検査技師
応募した数
約6社
面接を受けた数
約3社
転職活動の期間
約9週間
満足度
口コミ評価5点
転職前 → 転職後
病院 業種 SMO
臨床検査技師 職種 CRC
約330万 年収 約400万
不採用が続き治験コーディネーター(CRC)へ転職できない不安と戦いながら無事に治験コーディネーター(CRC)へ転職できました。年収もびっくりするぐらい増えました。
治験コーディネーター(CRC)になりたい思いは新卒で就職する時から持っていました。実際に何社か応募しましたが、残念ながら全て不採用でした。

その後、病院で経験を積み、再び治験コーディネーター(CRC)になりたい思いが強くなり、転職活動を開始しました。しかし、面接までは進むのですが不採用の連続で、大手は全て不合格となってしまいました。このままでは新卒の時と同じように治験コーディネーター(CRC)になれないと考え、CRCばんくへ相談をしました。

CRCばんくの担当者からは今までの就職・転職活動の内容や、不採用になった理由を聞かれました。その後、大手以外に応募できる求人をご紹介してもらい、いくつかへ応募しました。

その後は、面接の返答の添削や練習などを行い、無事に内定をもらうことができました。

自分で準備をしていた時との違いは、明確に志望動機を話せるようになったことや、豊富な求人に出会えたことです。

特に志望動機については、担当者との会話を通じて、自分の理解が深まると同時に、今までの面接で不採用になってしまった理由も分かるようになりました。色々と教えてもらうというよりも、会話を通じて、矛盾点を修正したり、理解を深めていったりすることによって、志望動機をよりきちんと話せるようになった感じでした。また、自分が検討していなかった求人に出会えたことも大きかったです。

無事に治験コーディネーター(CRC)へなれたことも嬉しかったのですが、年収が事前に想定してたよりも高かったので驚きました。50万以上の大幅アップはやはりやる気も上がります。

もう少し早く相談していれば、もっと楽に転職できたかもしれません。

成功のポイント成功のポイント

成功のポイント
新卒の時に治験コーディネーター(CRC)になれなかった方が、病院などで経験を積んだ後に、再度、治験コーディネーター(CRC)を目指してリベンジの転職活動をされる方もいらっしゃいます。

しかしながら、社会人として経験を積んだからといって、新卒の時になれなかった治験コーディネーター(CRC)に簡単になれるわけではありません。実際に新卒の就職活動に苦戦した方は、社会人になった後の転職活動にも苦戦する傾向があります。

リベンジの転職活動で最優先することは、新卒の就職活動の反省と修正になります。そのうえで、社会人経験をプラスアルファしていくと転職活動に成功する可能性が高まるようです。

新卒の就職活動がうまくいかなかった理由をCRCばんくの担当者と一緒に考えるところから始めましょう。

臨床検査技師埼玉県の臨床検査技師の治験コーディネーターの最新求人

治験求人が多い

求人数が多い状況です。複数名の治験コーディネーター(CRC)の求人が発生しており、内定を取得しやすい状態です。

治験コーディネーター(CRC)への転職を成功させるためには、応募者の経歴や人柄だけでなく、応募するタイミングも大切な要素です。治験コーディネーター(CRC)への転職を考えている方は求人が終了する前に積極的に募集先へ問い合わせてみましょう。

CRCばんくがオススメする埼玉県の臨床検査技師の求人

CRCばんくがオススメする求人をご紹介

役立つ情報あわせて読みたい臨床検査技師向けの記事や情報

CRCへ転職する際に必要な知りたい情報が満載です。
治験コーディネーター(CRC)の掲示板
治験コーディネーター(CRC)の新着求人メール

転職サポート申し込みはこちら

ステップ1
まずは申し込み。入力は1分で終わります。
ステップ2
希望にマッチした求人情報を提供します。
ステップ3
書類選考・面接
ステップ4
内定・入社
入社後もずっとサポート!
転職相談に申込む

年収査定はこちら

  • 転職するときに、もっとも重視する条件の一つが「給料」です。

    治験コーディネーター(CRC)へ転職したときに自分のキャリアや経験がどれだけ評価されるのか、気になりますよね。

    こちらではあなたのプロフィールから、治験コーディネーター(CRC)へ転職したときの「年収」を予想します。

    転職活動の目安にしてみてはいかがでしょうか。
年収査定はこちら

合格予想はこちら

  • 「臨床経験が少ない」「転職回数が多い」など、選考に通過できる自信がなくて応募を迷っている方は意外に多いんです。

    こちらはあなたのプロフィールから、治験コーディネーター(CRC)へ応募した時の「書類選考の通過率」や「面接の合格率」を予想します。

    前もって合格率が分かると転職活動の無駄な手間が省けますよ。
合格予想はこちら

掲示板で質問をする

  • ちょっとした「悩み」や、ふとした「疑問」を気軽に掲示板で質問してみましょう。

    面倒な登録をしなくても、匿名ですぐに質問できます。分からなかったあなたの質問をみんなで解決できます。

    現役の治験コーディネーター(CRC)や人事担当者が回答してくれるかもしれませんよ。
みんなに質問をする
マンガで分かる!治験コーディネーター(CRC)
転職成功事例
履歴書・職務経歴書自動作成ツール
アンケート謝礼金のご案内

埼玉県の地域情報

特徴
埼玉県は関東中部の内陸県になります。県中央を荒川が流れており東京湾に注いでいます。別名「東京のベッドタウン」と呼ばれています。

埼玉県の臨床検査技師の主な出身校

  • 埼玉県立大学 保健医療福祉学部 健康開発学科
  • 大東文化大学 スポーツ・健康科学部 健康科学科
  • 東武医学技術専門学校 臨床検査科
  • 女子栄養大学 栄養学部 保健栄養学科
  • 西武学園医学技術専門学校 臨床検査技師科
  • 埼玉医科大学 保健医療学部 健康医療科学科

臨床検査技師出身のCRCの口コミ

福利厚生・休日
シミックグループの福利厚生が色々あり充実していると感じた。(サイトサポート・インスティテュート/2017年)
面接
最初に試験がありました。治験についても専門的な用語を確認するもので、事前に勉強をしたうえで受けたほうがよいと感じました。準備不足もあり、面接の質問では上手に返答できないところもありました。(株式会社アイロム/2015年)
通勤・残業
仕事があまり忙しくないため、残業は少ないと思います。そのため有給も取得しやすいです。(株式会社BELL24・CellProduct/2017年)
教育研修制度
導入研修や継続研修など、一定期間ごとに研修があり、知識を習得しているかを確認するために試験が行われるので、最低限の知識は必ず習得できる。若い社員が多いため、現場研修(OJT)では、分からないことを気楽に聞けたりできるため、先輩と打ち解けるのが容易である。(株式会社アイロム/2014年)
福利厚生・休日
育児と仕事の両立はなんとか可能。給料は他のSMOより比較的高いと思われる。(賞与が5ヶ月程度ある)福利厚生は家族手当など最低限のものは備えている。(株式会社医療システム研究所/2015年)
面接
治験コーディネーターの仕事の流れの説明をしてくださいと聞かれてあまり上手に返答できませんでした。やはり、事前の準備は必須だなと思いました。また、現在、勤めている病院に配属になっても対応できるかと聞かれて、動揺してしまいました。(株式会社EP綜合/2013年)
年収・給料
あらかじめ給料に20時間の見込み残業代が含まれています。そのため、残業が少ない人は得をします。
昇給や賞与は成果によって大きく変動します。頑張れば昇進しやすい仕組みです。(サイトサポート・インスティテュート/2016年)
治験コーディネーター(CRC)の口コミ

検討中リスト0件

最近見た求人0件

保存した条件0件

CRAばんく

PAGE
TOP