トップページ  > 島根県の治験コーディネーター(CRC)の最新求人 > 島根県の臨床検査技師の治験コーディネーター(CRC)の10月最新求人

島根県の臨床検査技師の治験コーディネーター(CRC)の10月最新求人(10/15更新)

島根県

臨床検査技師島根県の臨床検査技師の治験コーディネーターの最新求人

治験求人がない

求人がない状況です。治験コーディネーター(CRC)の求人は発生していません。

近日中に求人が発生する可能性は低いようです。勤務地を広げて探すことを検討しましょう。

臨床検査技師の転職状況と心構え

臨床検査技師は有利です。

治験コーディネーター(CRC)の求人数は看護師とほとんど変わりません。稀に看護師限定の求人が発生しますが、世の中の治験コーディネーター(CRC)の約3分の1が臨床検査技師の出身ですので気にする必要はありません。

臨床検査技師は看護師より書類選考通過率・面接通過率が若干低いため、面接準備は念入りに行う必要があります。特に病院やクリニックで働いた経験がなく、検査センターでの勤務経験しかない場合は、選考が厳しくなる傾向があるため慎重な準備が必要です。

また、一部のSMOでは臨床検査技師の給与が看護師より20~30万円/年前後、低く設定されています。なぜなら、被験者のスクリーニングをできるようにするための教育が看護師よりも長くかかるためです。2~3年が経過すると給与差はほとんどなくなります。

看護師出身の治験コーディネーター(CRC)と比較すると臨床検査技師出身の治験コーディネーター(CRC)は「カルテを読めない」「患者と接する能力が低い」と言われる反面、「検査値の変動や異常値の見極めなどの検査技術に精通している」「マナーを身に付けている」「離職率が低い」とも言われます。臨床検査技師の特徴を活かした治験コーディネーター(CRC)になれるよう頑張りましょう。

マンガで分かる!臨床検査技師から治験コーディネーター(CRC)へ転職

マンガで分かる!臨床検査技師から治験コーディネーター(CRC)

島根県の治験業界の特徴

治験に積極的なエリアもあれば消極的な地域もあります。

転職できるチャンスがとても小さい転職できるチャンスがとても小さいエリアです。 治験コーディネーター(CRC)の応募者数が、求人数より多いエリアです。そのため、治験コーディネーター(CRC)へ転職するチャンスがとても小さいエリアと言えます。施設へ直行直帰する常駐型CRCの比率が高いようです。

島根県の臨床検査技師のCRCが主に担当するエリア

担当施設がいつも自宅の近くにあるとは限りません。

勤務地は松江市を中心としたエリアのようです。

松江市の臨床検査技師の求人はこちら

島根県のCRCの人数

CRCの人数が多いエリアは安心して働くことができます。

島根県の治験コーディネーター(CRC)の人数はおよそ10人前後(内訳はSMOが5人、病院・クリニックが5人)と推測され、 毎年0~1人前後の求人が発生していると予想されます。

役立つ情報あわせて読みたい臨床検査技師向けの記事や情報

CRCへ転職する際に必要な知りたい情報が満載です。

検索島根県の臨床検査技師の求人検索

勤務地と資格を選択して応募できる求人を探しましょう。
都道府県
資格・経験
 フリーワード(社名や住所の詳細など)

※複数ワードはスペース区切りで入力できます。
こだわり検索
  • 未経験OK未経験OK
  • 土日祝休み土日祝休み
  • 業界大手業界大手
  • 研修充実研修充実
  • フレックスタイムフレックスタイム

※該当する求人はありませんでした。

  • 検索条件を変更してお試し下さい。
治験コーディネーター(CRC)の掲示板
治験コーディネーター(CRC)の新着求人メール

転職サポート申し込みはこちら

ステップ1
まずは申し込み。入力は1分で終わります。
ステップ2
希望にマッチした求人情報を提供します。
ステップ3
書類選考・面接
ステップ4
内定・入社
入社後もずっとサポート!
転職相談に申込む

年収査定はこちら

  • 転職するときに、もっとも重視する条件の一つが「給料」です。

    治験コーディネーター(CRC)へ転職したときに自分のキャリアや経験がどれだけ評価されるのか、気になりますよね。

    こちらではあなたのプロフィールから、治験コーディネーター(CRC)へ転職したときの「年収」を予想します。

    転職活動の目安にしてみてはいかがでしょうか。
年収査定はこちら

合格予想はこちら

  • 「臨床経験が少ない」「転職回数が多い」など、選考に通過できる自信がなくて応募を迷っている方は意外に多いんです。

    こちらはあなたのプロフィールから、治験コーディネーター(CRC)へ応募した時の「書類選考の通過率」や「面接の合格率」を予想します。

    前もって合格率が分かると転職活動の無駄な手間が省けますよ。
合格予想はこちら

掲示板で質問をする

  • ちょっとした「悩み」や、ふとした「疑問」を気軽に掲示板で質問してみましょう。

    面倒な登録をしなくても、匿名ですぐに質問できます。分からなかったあなたの質問をみんなで解決できます。

    現役の治験コーディネーター(CRC)や人事担当者が回答してくれるかもしれませんよ。
みんなに質問をする
マンガで分かる!治験コーディネーター(CRC)
転職成功事例
履歴書・職務経歴書自動作成ツール
アンケート謝礼金のご案内

島根県の地域情報

特徴
島根県は古代より崇められてきた出雲大社があります。

臨床検査技師出身のCRCの口コミ

面接
面接時間は長かったですが雰囲気は良かったです。分業制のため、事務処理が少なく効率的に仕事ができると感じました。若い方が多く、育児休暇中の方や結婚したばかりの人もおり、長く働ける感じを受けました。(サイトサポート・インスティテュート/2012年)
退職
人間関係は極めて良好。同世代の社員が多く、気苦労が少ない。仲の良い社員もいる。他社は人間関係がピリピリしていたり、目標へのプレッシャーが大きかったりするらしいが、アイロムではそのような場面はあまり見受けられない。学生っぽい雰囲気が残っている職場である。
ただし、とにかく給料が高くない。賞与も少ない。高くないだけでなく上がらない。そのため、給料を上げるためには他社へ転職せざるをえない。また、福利厚生も弱い。産休・育休は取得しやすいがリフレッシュ休暇がなくなったり、住宅手当がカットされるなど、どんどんと福利厚生が削られている印象。そもそも退職金制度がない。少なくとも男性が30歳以降も働ける環境ではないと思われる。(株式会社アイロム/2013年)
人間関係
若い社員が多く、20代の人にとっては和気あいあいと仕事ができる環境があります。社員同士は友達的なつながりがあり、他SMOよりも仲が良いのではないかと思います。1案件に対して複数のCRCが関わる体制のため、他社SMOよりもピリピリ感が少なく仕事がしやすい環境です。(株式会社アイロム/2015年)
仕事のやりがい
代表が医師であり他のSMOよりも利益だけを追いかけない社風がです。製薬会社の意向も大事ですが、患者様の意向もきちんと考えて仕事をするCRCが多いと思います。(ノイエス株式会社/2015年)
仕事のやりがい
臨床検査技師と異なり、目標があって、それに向かって計画をたてて、努力していく仕事です。

目標が達成できればとてもうれしく、臨床検査技師よりもやりがいを感じると思います。どのように目標を達成するのか、被験者や施設の管理をどうするのかなど、色々と考えるのが楽しいです。

協力的な施設を担当している時は仕事もやりやすいのでモチベーションも上がります。(株式会社EP綜合/2018年)
仕事のやりがい
新薬の効果が実感できる時は患者様も大変喜んでくれる。また、治験がスムーズに進むと、医師や製薬会社からほめてもらえるので、やりがいはある。(株式会社アイロム/2012年)
教育研修制度
入社時に1週間ちょっとの集合研修がある。その後はCRC認定資格取得のための試験前研修 倫理研修 専門疾患研修、英語研修、医師会等主催の臨床・薬理・法改訂のためのセミナーなどが毎月ある。CRC認定資格取得後は資格手当が支給される。 (ノイエス株式会社/2016年)
治験コーディネーター(CRC)の口コミ

検討中リスト0件

最近見た求人0件

保存した条件0件

CRAばんく

PAGE
TOP