トップページ  > 山口県の治験コーディネーター(CRC)の最新求人 > 山口県のCRA経験者の未経験の治験コーディネーター(CRC)の12月最新求人

山口県のCRA経験者の未経験の治験コーディネーター(CRC)の12月最新求人(12/13更新)

山口県

CRA経験者山口県のCRA経験者の未経験の治験コーディネーターの最新求人

治験求人がない

求人数が少ない状況です。数名の治験コーディネーター(CRC)の求人が発生しています。

治験コーディネーター(CRC)への転職を成功させるためには、応募者の経歴や人柄だけでなく、応募するタイミングも大切な要素です。現在は求人数が数名と少ないため、治験コーディネーター(CRC)への転職を考えている方はすぐに募集先へ問い合わせてみましょう。

CRC未経験者募集の近年の求人傾向

CRC未経験者の採用は年々厳しくなる傾向があります。 労働環境が向上、求人数の減少

近年は治験ニーズの右肩上がりが終わり、この数年は安定的に推移しています。その結果、治験コーディネーター(CRC)未経験者の中途採用ニーズも安定していると言えるでしょう。

特にSMO各社は教育体制を充実化させており、治験コーディネーター(CRC)未経験者が安心して転職できる求人が増えていると言えます。未経験から治験コーディネーター(CRC)目指す方にとっては、自分に適したSMOを選択できる可能性が高くなっていると言えるでしょう。

ただし、この数年は新卒採用のレベルがあがり、治験コーディネーター(CRC)未経験者の中途採用は募集枠は減る傾向があり、採用のハードルも上がっています。理由はSMOが新卒採用に力を入れるようになり、看護学部や臨床検査学科の授業でSMOが取り上げられるなど、就職先としての認知が向上したからです。その結果、SMOは新卒採用で優秀な人材を多く獲得できるようになり、中途採用の募集枠は数年前より減少しています。

治験コーディネーター(CRC)未経験のCRA経験者の転職状況と心構え

資格ごとの転職状況と心構えをアドバイスしています。 CRA経験者は有利です。

治験をどのように進めるかを熟知しているCRA(臨床開発モニター)経験者は治験コーディネーター(CRC)への転職が比較的、容易であることが多いです。なぜなら、CRA(臨床開発モニター)として仕事をする際に、治験コーディネーター(CRC)と接して業務を行う機会も多く、GCPなどの治験の知識面だけでなく、実務面でも準即戦力として期待できるからです。そのため、治験コーディネーター(CRC)の選考でも高い評価を得られることが多いです。

しかしながら、治験コーディネーター(CRC)へ転職した後に業務に馴染めずに、早期に退職してしまうCRA(臨床開発モニター)の方が多く見受けられます。理由は治験コーディネーター(CRC)の労働環境が「年収」「ストレス耐性」「医療資格」「経験分野」「立場」「場所」などの多くの点でCRA(臨床開発モニター)と異なるからです。

他にも、CRA(臨床開発モニター)が治験コーディネーター(CRC)へ転職する理由の多くが「家庭の都合のため、地方で働かざるを得なくなった」「本当はCRA(臨床開発モニター)を続けたいが、地方では働く場所がない」等の後ろ向きの理由が多いことも影響していると考えられます。

そのため、CRA(臨床開発モニター)経験者が治験コーディネーター(CRC)として長く働くためには、CRA(臨床開発モニター)と治験コーディネーター(CRC)では、どのような労働環境の違いがあるかをきちんと理解したうえで、自身のキャリアをゼロからスタートさせるぐらいの謙虚な気持ちで、仕事を始める必要があると言えます。

CRA(臨床開発モニター)経験者の治験コーディネーター(CRC)への転職のしやすさは、CRA(臨床開発モニター)の経験内容・経験年数・医療資格の有無によって大きく異なります。

3年以上の企業治験の経験があり、医療資格を有しているCRA(臨床開発モニター)は治験コーディネーター(CRC)への転職が容易であることが多いですが、CRA(臨床開発モニター)としての経験が2年未満であったり、主な経験が医療機器や医師主導治験・臨床研究である場合や、医療資格がないCRA(臨床開発モニター)は治験コーディネーター(CRC)への転職に苦戦する可能性が高いです。

山口県の治験業界の特徴

治験に積極的なエリアもあれば消極的な地域もあります。

転職できるチャンスが小さい転職できるチャンスが小さいエリアです。 治験コーディネーター(CRC)の応募者数が、求人数より多いエリアです。そのため、治験コーディネーター(CRC)へ転職するチャンスが小さいエリアと言えます。

治験コーディネーター(CRC)への転職を成功させるには求人が発生するタイミングを待つ根気が必要です。会社の選択肢は少ないため1社1社を必勝体制で応募する必要があると言えます。

山口県に事務所がある主なSMOについて

あなたが希望する会社の事務所はありましたか?

株式会社EP綜合などです。山口市に事務所があります。

山口県のCRA経験者のCRCが主に担当するエリア

担当施設がいつも自宅の近くにあるとは限りません。

山口県のCRCの人数

CRCの人数が多いエリアは安心して働くことができます。

山口県の治験コーディネーター(CRC)の人数はおよそ10人前後(内訳はSMOが5人、病院・クリニックが5人)と推測され、 毎年0~1人前後の求人が発生していると予想されます。

役立つ情報あわせて読みたいCRA経験者向けの記事や情報

CRCへ転職する際に必要な知りたい情報が満載です。

検索山口県のCRA経験者の求人検索

勤務地と資格を選択して応募できる求人を探しましょう。
都道府県
資格・経験
 フリーワード(社名や住所の詳細など)

※複数ワードはスペース区切りで入力できます。
こだわり検索
  • 未経験OK未経験OK
  • 土日祝休み土日祝休み
  • 業界大手業界大手
  • 研修充実研修充実
  • フレックスタイムフレックスタイム
 
 
新着のみ  

※該当する求人はありませんでした。

  • 検索条件を変更してお試し下さい。

※新着の求人はありませんでした。

  • 検索条件を変更してお試し下さい。
治験コーディネーター(CRC)の掲示板
治験コーディネーター(CRC)の新着求人メール

転職サポート申し込みはこちら

ステップ1
まずは申し込み。入力は1分で終わります。
ステップ2
希望にマッチした求人情報を提供します。
ステップ3
書類選考・面接
ステップ4
内定・入社
入社後もずっとサポート!
転職相談に申込む

年収査定はこちら

  • 転職するときに、もっとも重視する条件の一つが「給料」です。

    治験コーディネーター(CRC)へ転職したときに自分のキャリアや経験がどれだけ評価されるのか、気になりますよね。

    こちらではあなたのプロフィールから、治験コーディネーター(CRC)へ転職したときの「年収」を予想します。

    転職活動の目安にしてみてはいかがでしょうか。
年収査定はこちら

合格予想はこちら

  • 「臨床経験が少ない」「転職回数が多い」など、選考に通過できる自信がなくて応募を迷っている方は意外に多いんです。

    こちらはあなたのプロフィールから、治験コーディネーター(CRC)へ応募した時の「書類選考の通過率」や「面接の合格率」を予想します。

    前もって合格率が分かると転職活動の無駄な手間が省けますよ。
合格予想はこちら

掲示板で質問をする

  • ちょっとした「悩み」や、ふとした「疑問」を気軽に掲示板で質問してみましょう。

    面倒な登録をしなくても、匿名ですぐに質問できます。分からなかったあなたの質問をみんなで解決できます。

    現役の治験コーディネーター(CRC)や人事担当者が回答してくれるかもしれませんよ。
みんなに質問をする
マンガで分かる!治験コーディネーター(CRC)
転職成功事例
履歴書・職務経歴書自動作成ツール
アンケート謝礼金のご案内

山口県の地域情報

特徴
山口県は明治維新の際多くの維新志士を輩出したことで有名な県です。内閣総理大臣のも多く輩出しています。

山口大学医学部附属病院、山口県立総合医療センターなどの大規模病院があります。
治験コーディネーター(CRC)の口コミ

お気に入り

閲覧履歴

検索履歴

CRAばんく

PAGE
TOP