トップページ  > 和歌山県の治験コーディネーター(CRC)の最新求人 > 和歌山県の管理栄養士の治験コーディネーター(CRC)の求人

和歌山県の管理栄養士の治験コーディネーター(CRC)の求人(2/18更新)

和歌山県

管理栄養士和歌山県の管理栄養士の治験コーディネーターの最新求人

あなたの自宅の近くで求人は発生していますか?
治験求人がない

求人がありません。治験コーディネーター(CRC)の求人は発生していません。

近日中に求人が発生する可能性は低いようです。勤務地を広げて探すことを検討しましょう。

管理栄養士の転職状況と心構え

資格ごとの転職状況と心構えをアドバイスしています。 管理栄養士は不利です。

医療機関(病院・クリニック)での勤務経験があり、カルテを判読するスキルを身につけている管理栄養士は、治験コーディネーター(CRC)としても経験を生かして活躍できるため、積極的に採用を行っている企業もあるようです。エリアや求人状況によってはチャンスは広がっていると言えるでしょう。

管理栄養士は他の医療資格者より書類選考通過率・面接通過率が低くなっています。また、応募できる求人も限られているため、応募可能な求人を見極めたうえで、万全の準備をして選考へと進む必要があります。

看護師や臨床検査技師と比較して不利なのが管理栄養士です。看護師や薬剤師と比較して疾患や薬の知識が足りないことが多く、異常値の見極めも臨床検査技師にはかないません。そのため、治験コーディネーター(CRC)になった後に、人一倍の努力が必要であると言えます。

マンガで分かる!管理栄養士から治験コーディネーター(CRC)へ転職

資格ごとのCRCへの転職例をマンガで説明しています。
マンガで分かる!管理栄養士から治験コーディネーター(CRC)

和歌山県の治験業界の特徴

治験に積極的なエリアもあれば消極的な地域もあります。

転職できるチャンスが小さい転職できるチャンスが小さいエリアです。 治験コーディネーター(CRC)の応募者数が、求人数より多いエリアです。そのため、治験コーディネーター(CRC)へ転職するチャンスが小さいエリアと言えます。施設へ直行直帰する常駐型CRCの比率が高いようです。

治験コーディネーター(CRC)への転職を成功させるには求人が発生するタイミングを待つ根気が必要です。

和歌山県の管理栄養士のCRCが主に担当するエリア

担当施設がいつも自宅の近くにあるとは限りません。

勤務地は和歌山市内が中心となるようです。

和歌山市の管理栄養士の求人はこちら

和歌山県のCRCの人数

CRCの人数が多いエリアは安心して働くことができます。

和歌山県の治験コーディネーター(CRC)の人数はおよそ7人前後(内訳はSMOが5人、病院・クリニックが2人)と推測され、 毎年0~1人前後の求人が発生していると予想されます。

和歌山県で治験を行っている主な病院

大きな病院は、たいてい治験も盛んに行われています。

役立つ情報あわせて読みたい管理栄養士向けの記事や情報

CRCへ転職する際に必要な知りたい情報が満載です。

検索和歌山県の管理栄養士の求人検索

勤務地と資格を選択して応募できる求人を探しましょう。
都道府県
資格・経験
 フリーワード(社名や住所の詳細など)

※複数ワードはスペース区切りで入力できます。
こだわり検索
  • 未経験OK未経験OK
  • 土日祝休み土日祝休み
  • 業界大手業界大手
  • 研修充実研修充実
  • フレックスタイムフレックスタイム
  • 院内CRC院内CRC
 
 
新着のみ  

※該当する求人はありませんでした。

  • 検索条件を変更してお試し下さい。

※新着の求人はありませんでした。

  • 検索条件を変更してお試し下さい。
治験コーディネーター(CRC)の掲示板
治験コーディネーター(CRC)の新着求人メール

転職サポート申し込みはこちら

ステップ1
まずは申し込み。入力は1分で終わります。
ステップ2
希望にマッチした求人情報を提供します。
ステップ3
書類選考・面接
ステップ4
内定・入社
入社後もずっとサポート!
転職相談に申込む

年収査定はこちら

  • 転職するときに、もっとも重視する条件の一つが「給料」です。

    治験コーディネーター(CRC)へ転職したときに自分のキャリアや経験がどれだけ評価されるのか、気になりますよね。

    こちらではあなたのプロフィールから、治験コーディネーター(CRC)へ転職したときの「年収」を予想します。

    転職活動の目安にしてみてはいかがでしょうか。
年収査定はこちら

合格予想はこちら

  • 「臨床経験が少ない」「転職回数が多い」など、選考に通過できる自信がなくて応募を迷っている方は意外に多いんです。

    こちらはあなたのプロフィールから、治験コーディネーター(CRC)へ応募した時の「書類選考の通過率」や「面接の合格率」を予想します。

    前もって合格率が分かると転職活動の無駄な手間が省けますよ。
合格予想はこちら

掲示板で質問をする

  • ちょっとした「悩み」や、ふとした「疑問」を気軽に掲示板で質問してみましょう。

    面倒な登録をしなくても、匿名ですぐに質問できます。分からなかったあなたの質問をみんなで解決できます。

    現役の治験コーディネーター(CRC)や人事担当者が回答してくれるかもしれませんよ。
みんなに質問をする
マンガで分かる!治験コーディネーター(CRC)
転職成功事例
履歴書・職務経歴書自動作成ツール
アンケート謝礼金のご案内

和歌山県の地域情報

特徴
和歌山県は近畿地方の県です。

みかん・梅・柿などは生産量が日本一で、特に有田みかんは有名です。

がん診療連携拠点病院でもある日本赤十字社和歌山医療センターなどがあります。

管理栄養士出身のCRCの口コミ

仕事のやりがい
将来の医療に貢献できる点です。幅広く医療に関わっている実感があります。また、色々な患者様とも話せますし、新しいことを覚える必要もあるので飽きません。(株式会社CTS/2018年)
面接
元々SMOの大手で働いていた人が面接官だったようです。アットホームで親切な面接でした。面接は1回で終わりました。

性格や志望動機を聞かれました。治験についての専門的な質問もありました。(特定非営利活動法人大阪共同治験ネットワーク/2016年)
仕事のやりがい
栄養士の時よりも患者様の近くでサポートしているという実感が持てます。(株式会社EP綜合/2018年)
人間関係
人間関係が良いと聞いて入社しましたが、たしかに良いと思います。理由は20~30代前半の社員が多いためか、楽しい雰囲気があることや、チームで仕事をするため、個人個人に対する仕事のプレッシャーが少ないからだと思います。(株式会社アイロム/2018年)
年収・給料
年収は残業代を入れて400万ちょっとという感じです。前職よりは高くなりました。(株式会社EP綜合/2018年)
仕事のやりがい
小規模のため、症例が多く入る施設しか受託していない。従って監査経験、PMDAの対応経験を積みやすい。その対応のノウハウは、あるようである。症例集積が多い結果として、褒章で提供される海外で行われるミーティングの参加や依頼者の接待を受ける機会も多い。施設のとコミュニケーションが良好な施設が多く、患者さんから感謝され差し入れを受けた時などは、モチベーションが上がる。(株式会社プログレス/2016年)
人間関係
栄養士の時と比べると人間関係は格段に楽になったと思います。CRCは人間関係が大変だと聞きますが、病院の栄養士のほうが大変だと思います。(株式会社EP綜合/2017年)
治験コーディネーター(CRC)の口コミ

お気に入り

閲覧履歴

検索履歴

CRAばんく

PAGE
TOP