株式会社クリニカルサポート
お気に入りに追加する お気に入りから削除する

治験コーディネーター(CRC)経験者【東京23区】

本社所在地:
〒141-0022 東京都品川区東五反田五丁目23番7号 五反田不二越ビル7階
資本金:
92,000,000円
設立年月日:
平成12年7月
従業員数:
86名
  • 土日休み土日休み
  • 研修充実研修充実

株式会社クリニカルサポート

株式会社クリニカルサポート

患者さんの支えとなり、ドクターをサポートする大切な仕事です。

PR1
未来の医療につながる仕事です。
PR2
大手グループならではの充実した福利厚生があります。
PR3
資格取得支援などスキルアップも全力でサポートします。

株式会社クリニカルサポートのイメージ画像

募集要項

まずは基本的な労働条件をチェックしましょう。
仕事内容
夜勤なし。土日休みの完全週休2日制で、家庭とも両立しやすい環境です。

病院、製薬メーカー、患者さんなど多くの関係者の間に立ち、治験をスムーズに進めていくことがミッションです。入社後2週間の座学や3ヶ月の実務研修を通して仕事を覚えていただけます。すべては、新しいクスリの開発を待ち望む患者さんのため。未来の医療を支えてください。

【具体的な仕事内容】
・治験協力者(治験を実施するチームのメンバー)のリスト作成
・患者さんへの説明(治験目的・内容・期間など)、同意の取得
・患者さんに対する精神面のケア
・検査や投薬時の、ドクターと患者さんとのスケジュール調整
・検査データの収集、管理
・症例報告書など、各種資料の作成

未来の医療につながる仕事です。

「新しいクスリの開発」という大きなプロジェクトに関わることができます。目の前の患者さんと向き合うだけでなく、未来の医療につながる仕事です。「自分が携わった新しいクスリが世に出て、多くの人を助けられるようになる」という喜びを感じられます。

大手グループならではの充実した福利厚生があります。

NTTグループで唯一の医療専門会社になります。NTTデータグループである安定した経営基盤のなかで働けます。

資格取得支援などスキルアップも全力でサポートします。

日本臨床薬理学会の認定資格取得について、学会の参加費などの支援制度があります。

雇用形態
正社員(試用期間6ヶ月(待遇に変更なし)、雇用期間の定めなし)
勤務地
東京都 品川区東五反田5-9-22 健康センター5階
地図
最寄り駅
JR五反田駅東口 所要時間:徒歩6分
応募条件
CRC経験を1年以上おもちの方

このような方が向いています。

新薬の開発に従事する立場として、最先端医療に携わることができます。

マンガで分かる!CRC経験者の転職
給与
年収400万~
給与備考
交通費全額支給、時間外手当(15時間を越えた場合)、役職手当、出張手当、報奨金(別途1~5万円・月3人程度)
昇給・賞与
昇給年1回(4月)、賞与年2回(3ヶ月)
勤務時間
9:00~17:30(休憩1時間)
勤務時間備考
※残業は月10時間程度です。
休日
完全週休2日
休日備考
土・日・祝、夏季休暇(4日/6月~10月の間に自由に取得が可能)、年末年始(5日)、有給、慶弔、結婚休暇(5日) ※年間休日120日以上 ※場合によっては土曜日の出勤があります。その場合は平日に代休を取得していただきます。また、勤務地によっては、宿泊を伴う出張が発生することもあります。
福利厚生
社会保険完備(健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険)、NTT健康保険組合、NTT企業年金基金、NTT健康保険組合保養施設利用可、ベネフィットステーション(入社半年後)、退職金制度(入社半年後)

企業情報

会社についてもきちんと目を通しておきましょう。
設立
平成12年7月
代表者
富田 茂
従業員数
86名
資本金
92,000,000円
事業内容
(1)治験支援事業全般
医療機関(医師)に対する治験紹介・治験事務局業務代行
(2)治験コーディネータ(CRC)業務
(3)治験コールセンター事業
NTT東京電話帳(株)と共同で実施。
(4)医療に関する情報提供、セミナー企画・開催等

株式会社クリニカルサポートは、日本電信電話会社(NTT)の社内ベンチャー提案制度を利用し、元NTT東日本関東病院(旧関東逓信病院)薬剤部長の小宅正により、NTT(持株会社)が直接運営管理を行う31社のひとつとして2000年に誕生しました。

2006年より主な株主がNTTよりNTTデータに変更。NTTデータグループとして、SMOを展開しています。

<オフィス>
東京・仙台・大阪・熊本・北九州

【提携医療機関数】
172 ※2017年3月末現在

【病院別支援施設数】
病院:140
クリニック:32

【領域別契約数】
1位:消化器、2位:癌、3位:循環器、4位:神経・筋疾患、5位:精神疾患、6位:代謝内分泌疾患 ※2017年3月末現在
本社所在地
〒141-0022 東京都品川区東五反田五丁目23番7号 五反田不二越ビル7階
ホームページ
http://www.csnt.co.jp/
会社の魅力
・大規模病院での治験に強い
国立病院機構、官公立病院、済生会、日赤、労災、健保組合、社保組合、厚生連の各病院等、大規模病院を中心に全国約100病院以上で活動しています。特に急性期疾患(心筋梗塞等)や血液内科(白血病等)、がん領域などの重症・入院治験の経験が多いです。被験者対応はもちろん、院内関連部署との折衝や医師へスタッフへの治験協力依頼等の、円滑な治験進行の調整に長けています。

・グループ内に医療機関を持っています。
グループとして全国に医療機関を持っており治験実績が豊富です。

・CRC教育に注力
じほう社からCRC業務マニュアルを出版するなど社内教育に力を入れています。

治験のデータマネジメント能力を高める教育を行っています。

マネジメント能力を高めていくために、教育・研修体制を充実させていくその一環として、治験担当医師・医療スタッフをサポートし、治験全体をマネジメントする行動マニュアルとして「株式会社じほう」より「CRCのための治験業務マニュアル(第2版)」を出版しています。また「日本臨床薬理学会認定CRC」の取得を目標に掲げ、現在までに20名以上が取得しています。

内定者の声
・臨床経験がなかったので入社当時は不安でいっぱいだったのですが、OJT研修やその後の社内研修等で少しずつ知識を増やすことができ、すんなりとCRC業務を行うことができるようになりました。(薬剤師出身のCRC)

・NTTデータグループ会社として、対外的な安心感があると思ったためクリニカルサポートへ入社しました。(臨床検査技師出身のCRC)

丁寧な研修があるので安心です

治験の知識を持ち合わせないまま入社しましたが、OJT後も月に一度の研修や、入社2年目までの方々との情報交換会などがあり、様々な角度から引き続き研修を行っています。また、疑問に思ったことなども先輩CRCに質問しやすかったり、CRCとしての業務についてもしっかりとした手順も確立されているのでとても作業しやすい環境です。(臨床検査技師出身のCRC)

社員の声
・病院内の各部署と事前の連絡調整が非常に大切であることを、治験薬の払い出し、検体採取・回収、会計などを通して実感し、ひとつひとつがデータとなって行くことにやりがいを感じます。(看護師・保健師出身のCRC)

・少しでもCRCに興味を持たれたのなら、まずはチャレンジしてみてはいかがでしょうか。専門知識はほとんどなくても、入社してから習得できますのでその点は心配いらないかと思います。やる気次第だと思います。(薬剤師出身のCRC))

・治験の規程ではない日に、調子が悪くて受診した患者さんにお会いした時、あなたの顔を見て安心したの、と言って貰えた一言が大変うれしく思いました。(看護師・保健師出身のCRC)

楽しい仕事だと思います

治験コーディネーター(CRC)は、患者さんや病院のスタッフ、製薬メーカーの潤滑油的存在だと思います。もちろん、治験が上手く進んでいく為のサポート業務ではありますが、私はすごく楽しい仕事だと思います。(臨床検査技師出身のCRC)

選考の流れ

内定を目指してがんばっていきましょうね。
応募方法
(「応募する」ボタン)からお問合せください。
選考プロセス
ステップ1書類選考・適性試験
 ▼
ステップ2面接(1~2回)
 ▼
ステップ3内定

(応募から内定まで約2週間~1ヶ月ほどかかります)
お気に入りに追加 お気に入りから削除

応募する

チェック条件が近い求人

別の会社の求人も忘れずにチェックしましょう。

成功CRC経験者の転職成功事例

他の方のCRCへの転職体験談も参考になります。

役立つ情報あわせて読みたいCRC経験者向けの記事や情報

CRCへ転職する際に必要な知りたい情報が満載です。

書物仕事内容&業界研究

治験業界や仕事内容についてもう少し知りたい方はこちら。

履歴書履歴書作成&面接対策

応募書類や面接対策についてもっと知りたい方はこちら
治験コーディネーター(CRC)の掲示板
治験コーディネーター(CRC)の新着求人メール

転職サポート申し込みはこちら

ステップ1
まずは申し込み。入力は1分で終わります。
ステップ2
希望にマッチした求人情報を提供します。
ステップ3
書類選考・面接
ステップ4
内定・入社
入社後もずっとサポート!
転職相談に申込む

年収査定はこちら

  • 転職するときに、もっとも重視する条件の一つが「給料」です。

    治験コーディネーター(CRC)へ転職したときに自分のキャリアや経験がどれだけ評価されるのか、気になりますよね。

    こちらではあなたのプロフィールから、治験コーディネーター(CRC)へ転職したときの「年収」を予想します。

    転職活動の目安にしてみてはいかがでしょうか。
年収査定はこちら

合格予想はこちら

  • 「臨床経験が少ない」「転職回数が多い」など、選考に通過できる自信がなくて応募を迷っている方は意外に多いんです。

    こちらはあなたのプロフィールから、治験コーディネーター(CRC)へ応募した時の「書類選考の通過率」や「面接の合格率」を予想します。

    前もって合格率が分かると転職活動の無駄な手間が省けますよ。
合格予想はこちら

掲示板で質問をする

  • ちょっとした「悩み」や、ふとした「疑問」を気軽に掲示板で質問してみましょう。

    面倒な登録をしなくても、匿名ですぐに質問できます。分からなかったあなたの質問をみんなで解決できます。

    現役の治験コーディネーター(CRC)や人事担当者が回答してくれるかもしれませんよ。
みんなに質問をする
マンガで分かる!CRC経験者の転職
治験コーディネーター(CRC)経験者の転職成功事例
履歴書・職務経歴書自動作成ツール
アンケート謝礼金のご案内

CRC経験者の転職状況と心構え

転職状況
2010年ごろまでは各SMOとも業績が右肩上がりでした。そのため、治験コーディネーター(CRC)経験者の数が不足し、治験コーディネーター(CRC)経験者に対しては給料にプレミアムの金額を上乗せして、高い給料を払ってでも働いてもらったほうが会社の利益になるため、各SMOともに活発に採用活動を行っていました。治験コーディネーター(CRC)経験者にとっては転職すると年収が50~100万円ほど上がることも珍しくないような空前の売り手市場が続いていました。

しかし、昨今はSMO市場の成長はほぼ止まっています。その結果、転職によって年収をアップさせるより、ダウンさせる方のほうが多くなってきています。

また、治験コーディネーター(CRC)経験者の数が年を追う毎に増えていることに加え、大手SMOを中心に都市部では採用を新卒へ切り替え、中途採用そのものを行わないケースが見られるようになってきました。そのため、各SMOでは治験コーディネーター(CRC)経験者の不足感はほとんどなくなっており、治験コーディネーター(CRC)経験があっても転職そのものが難しくなってきていると言えます。

同様に院内CRCの求人も引き続き厳しい状態が続いています。
心構え
現在の治験コーディネーター(CRC)の転職市場は、売り手市場から買い手市場へと変化していると言えます。SMOの数自体が、再編・淘汰により減少の傾向にあり、業績が伸び悩むSMOも増加しています。また、SMO・病院のいずれも新卒採用を活発化しているため、中途採用の枠自体が大きく減っています。

治験コーディネーター(CRC)の転職市場が完全に買い手市場へと変化する前の今は、治験コーディネーター(CRC)経験者にとって長期的に働けるSMOへ転職できる最後のチャンスである可能性があります。

東京都の求人状況

求人数
求人数が多い状況です。
難易度
複数名の治験コーディネーター(CRC)の求人が発生しており、内定を取得しやすい状態です。
心構え
治験コーディネーター(CRC)への転職を成功させるためには、応募者の経歴や人柄だけでなく、応募するタイミングも大切な要素です。治験コーディネーター(CRC)への転職を考えている方は求人が終了する前に積極的に募集先へ問い合わせてみましょう。
特徴
治験コーディネーターの求人数が、応募者数より多いエリアです。そのため、治験コーディネーター(CRC)へ転職するチャンスがとても大きいエリアであると言えます。

第一三共株式会社、アステラス製薬株式会社、エーザイ株式会社、ファイザー株式会社などの多くの製薬メーカーの拠点が東京に集中しているため、多くのCRO(開発業務受託機関)も東京に本社を構え、臨床開発の品質とスピードの競争が激しく行われています。また、フェーズ1の治験の最大手である墨田病院などの治験に積極的に取り組む医療機関も多く存在します。

企業数が多いため就業チャンスが多く、面接で1~2社落ちても気にする必要はありません。どんどん積極的に応募をしましょう。
治験ネットワーク
2012年に独立行政法人国立精神・神経医療研究センターが中心となり、筋ジストロフィーの臨床研究、治験を推進する目的の筋ジストロフィー臨床試験ネットワークが構築されています。また、東京大学医学部附属病院や東京医科歯科大学医学部附属病院などは大学病院臨床試験アライアンスを設置しています。
勤務地
勤務地は世田谷区や練馬区、大田区や足立区といった23区内が多いですが、八王子市や町田市などの23区外で働いている治験コーディネーター(CRC)もいらっしゃいます。
CRCの人数
東京都の治験コーディネーター(CRC)の人数はおよそ850人前後(内訳はSMOが700人、病院・クリニックが150人)と推測され、毎年100人前後の求人が発生していると予想されます。

東京都に事務所があるSMO

東京都の主な病院

クリニカルサポートの口コミ

成長性・安定性
働き先は大きな病院のみであるため、治験が途切れることはない。また、昔から複数のCRCが常駐している病院との関係性は強く、信頼関係も強固であるため、仕事量は安定している。(2018年)
人間関係
女性比率がとても高いため、女性が働くことに対する理解度は高い。SMOとしては大きくはないが、産休後の職場復帰への理解もあり、長く働きたいと思えば働き続けられる会社である(2018年)
年収・給料
特に特徴がある給与体系ではありません。残業代は給与に組み込まれているため支給されません。賞与は3ヶ月ですが、その分月額の給与が高くなっています。交通費は全額支給されます。(2015年)
面接
オフィス内での面接を行ったため、オフィスの仕事環境を垣間見ることができました。面接は東京とのTV中継によって行われました。最初なドライな感じでしたが、最後のほうは和やかな雰囲気で終わりました。聞かれた主な内容は転職理由や志望動機でした。(2012年)
面接
面接はSPIを含めて2時間かかりました。雰囲気は淡々とした感じです。
学歴や職歴、志望動機などを聞かれました。なぜ検査技師ではダメなのかを何回も聞かれました。(2012年)
治験コーディネーター(CRC)の口コミ

お気に入り

閲覧履歴

検索履歴

CRAばんく

PAGE
TOP