トップページ > 薬剤師の治験コーディネーター(CRC)の求人募集

薬剤師の治験コーディネーター(CRC)の求人募集

薬剤師の治験コーディネーター(CRC)の求人募集
薬剤師からCRCへ転職を目指す人はこちら。
薬のスペシャリストである薬剤師は、新薬の開発に関わる治験コーディネーターへ転職する道もあります。

新着薬剤師の治験コーディネーターの新着求人(7/23更新)

新しい求人を見逃さないようにチェックしましょう。

薬剤師薬剤師の治験コーディネーターの求人募集状況

まずは状況を把握しましょう。その次は心の準備ですね。
治験求人数が普通

全国の求人数が普通の状況です。全国各地で数名の治験コーディネーター(CRC)の求人が発生しています。

治験コーディネーター(CRC)への転職を成功させるためには、応募者の経歴や人柄だけでなく、応募するタイミングも大切な要素です。現在は求人数が数名と少ないため、治験コーディネーター(CRC)への転職を考えている方はすぐに募集先へ問い合わせてみましょう。

転職状況薬剤師の転職状況

大卒の学歴・一般教養と、薬の専門知識(名称、用法、作用機序等)を合わせ持つ薬剤師は、治験コーディネーター(CRC)として最も成功するポテンシャルを持っていると言えるでしょう。また、薬剤の知識を生かして、薬剤部との調整がスムーズに行えることも有利な点になります。

特に大きな病院で数年の臨床経験を積んだ薬剤師は、治験コーディネーター(CRC)として幅広い活躍が期待できます。

心構え薬剤師の心構え

面接では薬剤師資格を持つからといって、優先して選考が進むわけではありません。給料へのこだわりが小さい理由をきちんと説明したうえで、患者様の立場に立てるホスピタリティがあること、治験へ興味を持つ理由を合わせてきちんと説明すると良いでしょう。

CRC未経験者の薬剤師が治験コーディネーターへ転職する場合、入社して数年の間は前職より給料が下がることが多いため、生活のレベルが下がっても良いかどうかを事前にシミュレーションしておきましょう。

比較薬剤師と他の資格の比較

「薬の専門知識が豊富である」「言葉遣いや立ち居振る舞い等の社会人マナーが身についている」「新しい知識を吸収するスピードが早い」「薬剤部との調整がスムーズ」といったことが有利な点として言われています。

丸バツ薬剤師がCRCへ転職をする時のメリットとデメリット

CRCへ転職した際のメリットとデメリットを確認しましょう。

メリットのベスト5

1位
新薬の開発に携われる
2位
土日に休みがとれる
3位
視野が広がる
4位
企業での経験が生かせる
5位
色々な人と話せる

デメリットのベスト5

1位
給料が下がる
2位
調剤スキルが身につかない
3位
精神的に厳しい
4位
勤務地が遠い
5位
残業が多い

薬剤師がCRCへ転職をする時のメリットとデメリット

メリットメリットについて

  • メリットの1位には、新薬の開発に携われることをあげる人が多いようです。大学で学んだ薬の知識を生かしたいと考えている人にとって、最先端の新薬開発に関われるという仕事内容は魅力を感じるようです。
  • 2位と3位は調剤薬局で働く薬剤師さんから多く聞かれる声です。調剤薬局の場合、土日出勤が避けられない場合も多いため、比較的、土日に休みやすい治験コーディネーター(CRC)の仕事は魅力的に映るようです。また、狭い空間で働くことを不満に感じる薬剤師にとって、視野が広がる治験コーディネーター(CRC)の仕事は、自身のキャリアアップにつながる業務であると感じるようです。
  • 企業で働いた経験がある人は、調剤薬局よりも馴染みのある業界で働けることをメリットとして感じる人もいるようです。

デメリットデメリットについて

  • デメリットの1位は給料が下がることでした。他を引き離しての圧倒的な1位のようです。調剤薬局の給料と比較した場合、大幅に下がるため、仕事内容には魅力を感じるが、生活のことを考えると治験コーディネーター(CRC)へ転職する選択肢はない、という方が多いようです。
  • 2位には調剤スキルが身につかないことです。調剤業務に魅力を感じない薬剤師が治験コーディネーター(CRC)へ転職する傾向が見られます。
  • 4位は自宅の近くで働いていた薬剤師にとって、場合によっては1時間前後の通勤時間がかかる医療機関への通勤を苦痛に感じる方が多いようです。

成功薬剤師のCRCの転職成功事例

他の方のCRCへの転職体験談も参考になります。

日本地図勤務地(都道府県)から薬剤師の求人を探す

地域別のページでは募集状況や特徴などが分かります。

おすすめCRCばんくが自信を持ってオススメする企業一覧

CRCばんくがオススメする会社をピックアップ!!

役立つ情報あわせて読みたい薬剤師向けの記事や情報

CRCへ転職する際に必要な知りたい情報が満載です。

検索薬剤師の求人検索

勤務地と資格を選択して応募できる求人を探しましょう。
都道府県
資格・経験
 フリーワード(社名や住所の詳細など)

※複数ワードはスペース区切りで入力できます。
こだわり検索
  • 未経験OK未経験OK
  • 土日祝休み土日祝休み
  • 業界大手業界大手
  • 研修充実研修充実
  • 産休育休あり産休育休あり
求人件数 1326 件中 1321 ~ 1326 を表示中

株式会社EP綜合

仕事内容
・治験者のスケジュール管理
・データの収集
・被験者のケア
・報告書作成
・同意取得説明補助
・その他

【直行直帰シート確認済み】
勤務地
愛知県名古屋市西区 三重県桑名市 三重県四日市市
応募条件
看護師または准看護師、薬剤師、臨床検査技師、臨...

国立大学法人鳥取大学米子地区事業場

仕事内容
医学部附属病院における治験コーディネーターとしての
業務全般
*任期:3年、任期のない職員への登用制度あり
(下記の認定資格取得が登用の条件となる)
・日本臨床薬理学会認定CRCの...
勤務地
鳥取県米子市
応募条件
薬剤師、臨床検査技師、もしくは看護師免許取得者...

株式会社アイロム

仕事内容
治験(臨床試験)を行う医療機関でGCP等の規則に従って治験が円滑に行われるように担当医師を支援する業務。
具体的には、患者様(被験者)に対しての治験の説明と同意取得補助、治験にご参加中の患者様への心...
勤務地
大阪府大阪市北区 岡山県岡山市北区 岡山県岡山市中区
応募条件
薬剤師、臨床検査技師、看護師、栄養士、臨床心理...
履歴書・職務経歴書自動作成ツール

転職サポート申し込みはこちら

ステップ1
まずは申し込み。入力は1分で終わります。
ステップ2
希望にマッチした求人情報を提供します。
ステップ3
書類選考・面接
ステップ4
内定・入社
入社後もずっとサポート!
転職相談に申込む

年収査定はこちら

  • 転職するときに、もっとも重視する条件の一つが「給料」です。

    治験コーディネーター(CRC)へ転職したときに自分のキャリアや経験がどれだけ評価されるのか、気になりますよね。

    こちらではあなたのプロフィールから、治験コーディネーター(CRC)へ転職したときの「年収」を予想します。

    転職活動の目安にしてみてはいかがでしょうか。
年収査定はこちら

合格予想はこちら

  • 「臨床経験が少ない」「転職回数が多い」など、選考に通過できる自信がなくて応募を迷っている方は意外に多いんです。

    こちらはあなたのプロフィールから、治験コーディネーター(CRC)へ応募した時の「書類選考の通過率」や「面接の合格率」を予想します。

    前もって合格率が分かると転職活動の無駄な手間が省けますよ。
合格予想はこちら

掲示板で質問をする

  • ちょっとした「悩み」や、ふとした「疑問」を気軽に掲示板で質問してみましょう。

    面倒な登録をしなくても、匿名ですぐに質問できます。分からなかったあなたの質問をみんなで解決できます。

    現役の治験コーディネーター(CRC)や人事担当者が回答してくれるかもしれませんよ。
みんなに質問をする
マンガで分かる!治験コーディネーター(CRC)
治験コーディネーター(CRC)の掲示板
転職成功事例
履歴書・職務経歴書自動作成ツール
アンケート謝礼金のご案内
治験コーディネーター(CRC)の口コミ
治験コーディネーター(CRC)の新着求人メール

検討中リスト0件

最近見た求人0件

保存した条件0件

CRAばんく

PAGE
TOP