トップページ > 求人検索 > 治験コーディネーター(CRC)経験者/向日市-京都府のCRC経験者求人

株式会社アイロム 検討中リストに追加する

治験コーディネーター(CRC)経験者/向日市

本社所在地:
東京都千代田区富士見2-10-2 飯田橋グラン・ブルーム
資本金:
50,000千円
設立年月日:
2006年10月2日(現 株式会社アイロムホールディングスより承継)
従業員数:
253名(臨時従業員含む、2017年3月末現在)、 グループ全体では680名(2017年11月末) 
  • 土日休み
  • 業界大手
  • 研修充実

株式会社アイロム

株式会社アイロム

「よりよい薬をより早く患者さまのもとへ」を合言葉に新薬開発をサポートするSMO事業のパイオニア

PR1
CRCプロジェクト制により組織としての成長を目指しています。
PR2
積極的にグローバル展開を行っています。
PR3
再生医療、遺伝子治療の市場に本格的に参入します。
PR4
女性が活躍している環境です。

募集要項

まずは基本的な労働条件をチェックしましょう。
募集の背景
iPS細胞の臨床試験の治験を当社が優先的に請け負う環境を整え、業績は堅調に推移しています。海外においても、治験機関との提携を図るなど、積極的かつグローバルに市場開拓を行っています。
仕事内容
治験コーディネーターとして就業いただきます。

治験コーディネーターは治験が円滑に進むよう、ドクターや患者、製薬メーカーのサポートをする業務です。患者への試験の説明やスケジュール管理、各種データーの収集・管理を行います。

【具体的には】
治験(臨床試験)を行う医療機関において、GCPという国が定めた治験に関するルールを遵守しながら、以下のことを行います。

・治験依頼者との打ち合わせ
・治験のスケジュール管理
・治験薬の管理
・患者様にインフォームド・コンセントを行う
・患者様から同意書にサインをもらう
・治験データの収集・管理

CRCプロジェクト制により組織としての成長を目指しています。

アイロムでは、1つのプロトコールの開始から終了までを1つのプロジェクトに見立て、プロジェクトマネジメント体制をとっています。プロジェクトチームは、治験の受託決定後、プロジェクトリーダーを中心に、エリアリーダー、事務局担当者、施設担当CRCから構成されます。プロジェクトチームでは、進捗状況の一元管理及び進捗情報の共有に努め、進捗を推進するとともに、プロトコールにおける業務手順や使用するツールなどを統一し品質の管理を行います。

個々の力を伸ばしていくという環境もございますが、チーム一丸となり、組織として成長をしていくという風土を目指しています。

積極的にグローバル展開を行っています。

日本を基軸にアジア・オセアニア地域における広範囲のネットワークを構築しています。日本との時差が2時間以内で迅速な情報伝達が可能なマレーシア(1社)、オーストラリア(2社)にて高度専門医療機関及び臨床研究/臨床試験関連企業と提携し、内資の製薬会社に対する欧米進出のサポートを展開しています。

国内では提携施設が1000を越え、大学・基幹病院へと支援を拡大しています。最近ではアンメット・メディカルニーズへの積極的に取り組む一方で、プリファードベンダー指定による安定した受託拡大も行なっています。

再生医療、遺伝子治療の市場に本格的に参入します。

遺伝子創薬及びiPS細胞関連技術を基盤とした細胞治療・再生医療の技術を保有するディナベック株式会社がグループ傘下に入ったことで、「再生医療」・「遺伝子治療」の市場に本格的に参入し、最先端の医療技術に、ビジネスネットワークとノウハウを提供して実用化を促進しています。

女性が活躍している環境です。

CRCの約7割は女性社員です。女性の執行役員や部長が活躍するだけでなく、育児休業や育児短時間勤務制度などが利用しやすい環境ですので、結婚や出産などのライフイベントに応じて働くことができます。主人の地方転勤に合わせ近隣の事業所に転勤した社員や複数回産休を取得し職場復帰した社員もいます。 会社として、最大限希望に応える努力をし、 可能な限り長く活躍していただける環境を整えています。

また、職場の雰囲気も若く、先輩や上司に相談のしやすい環境が整っています。

雇用形態
正社員(試用期間6ヶ月(待遇に変更なし)、雇用期間の定めなし)、契約社員(雇用期間3~6ヶ月、採用3ヶ月以降に正社員(雇用期間の定めなし)への登用可能性あり)
勤務地
京都府 向日市

担当エリアについて

担当エリアはご自宅の場所を考慮し、決定します。提携医療施設に外訪します。

応募条件
・CRC経験を半年以上お持ちの方

求める人材

医師や医療スタッフ、患者さんなど大勢の人と関わるため、コミュニケーション能力が高く、人と接するのが好きな人に向いています。とくに質の高い治験を進行するためには、医療スタッフとの連携は不可欠で、快く治験に協力してもらうよう、気を配る必要があります。被験者である患者さんが安心して治験に臨めるよう誠実に対応することも大切です。

また、治験前は薬や疾患について、治験の進行スケジュールについてなど、勉強し準備すべきことも多いので、新しい知識や情報を取り入れる知的好奇心のある人材を求めています。

マンガで分かる!CRC経験者の転職
給与
月給:25万~35万円
初年度の年収イメージ:370万円~500万円

年収例

480万円/CRC経験5年 月給32万円+賞与
350万円/CRC未経験 月給24万円+賞与

給与備考
交通費全額、残業手当(1分単位)
昇給・賞与
昇給 原則年1回(4月)、賞与 月給の1.5~3ヶ月前後(原則年2回(7,12月)) ※賞与は正社員登用後となります。 
勤務時間
9:00~18:00(休憩1時間)
勤務時間備考
※残業時間は月10~20時間程度です。
休日
完全週休2日
休日備考
土・日・祝、年末年始休暇、夏季休暇、有給休暇、慶弔休暇、産前産後休暇、育児休暇、介護休暇 ※年間休日120日以上
福利厚生
社会保険完備(健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険)、従業員持株会、育児短時間勤務制度、健保提携保養所

企業情報

会社についてもきちんと目を通しておきましょう。
設立
2006年10月2日(現 株式会社アイロムホールディングスより承継)
代表者
森 豊隆
従業員数
253名(臨時従業員含む、2017年3月末現在)、 グループ全体では680名(2017年11月末) 
資本金
50,000千円
事業内容
アイロムは、治験を実施する医療機関と提携し、クリニック・病院における治験のサポートを行うなど、適正で能率的な治験の実施を支援する組織として、次のような臨床試験を受託しています。

・第1相試験 / BE試験
・第2相試験、第3相試験、製造販売後臨床試験
・食品に関する臨床試験
・化粧品に関する臨床試験
・医師主導臨床試験の支援、医師主導臨床試験事務局業務の支援 等

  ※東証一部上場のアイロムグループの子会社になります。

<オフィス>
東京・大阪・福岡・札幌・名古屋・仙台

【関連会社一覧】
・(株)アイロムグループ
・(株)エシック
・(株)アイロムCS
・(株)アイロムNA
・MCフィールズ(株)
・(株)アイクロス
・(株)アイクロスジャパン
・(株)アイロムPM
・(株)IDファーマ

【疾患別受託割合】
1位:循環器、2位:内分泌、3位:内科、4位:腫瘍、5位:整形外科 ※平成27年3月現在

【提携医療機関数】
1546施設 ※平成27年3月期

【CRC取得資格分布】
看護師10%、薬剤師11%、臨床検査技師27%、栄養士12%、その他40% ※2015年末現在

【平均年齢】
35.2歳(CRC・SMA)※2017年7月末現在

【育休取得者数】
22名(対象者22名中)※2016年実績

【女性の管理職比率】
役員28.6%、管理職16.4% ※2016年12月時点

【加盟団体】
・日本SMO協会
本社所在地
東京都千代田区富士見2-10-2 飯田橋グラン・ブルーム
ホームページ
http://www.irom.co.jp/
会社の魅力
・最先端の医療技術を追求
遺伝子創薬及びiPS細胞関連技術を基盤とした細胞治療・再生医療の技術を保有するディナベック株式会社(現社IDファーマ)がグループ傘下に入り、「再生医療」「遺伝子治療」などの最先端の医療技術に、ビジネスネットワークとノウハウを提供して実用化を促進しています。

・4つの事業のシナジーを最大限に活用
アイロムはSMO事業、CRO事業、メディカルサポート事業、先端医療事業の4つの事業体を有しています。グループ理念に掲げる、生活者のQOHL向上のために次代の統合医療の発展に貢献します。

・定評ある治験コーディネーター(CRC)の育成
アイロムは独自の研修カリキュラムとCRC認定制度を設定しています。医療や疾病、関連法規などの知識の習得だけでなく、文化的知識やコミュニケーションスキルなどにも優れたCRCの育成に加え、薬剤師や看護師、臨床検査技師などの資格を持つ社員も多数在籍しています。治験に参加する人々に満足と安心を感じていただくために、質の高い人材の育成を行っています。

・科学的根拠に基づく医療(EBM)の実践
医療の進歩とともにEBMも変容します。アイロムでは新薬開発とともに医師主導の臨床試験と臨床研究疫学調査を支援してしています。治験や患者さんのケアに際しては感覚や感情にとらわれずに医師が主導する最新の科学的な根拠に基づいてEBMを追求しています。

積極的なグローバル展開を図っています

国際化が進む業界及び市場の動向に対応するため、国内における既存体制を軸に事業領域の拡大を進め、また、並行して、アジア・オセアニア地域における高度専門疾患に対応が可能な医療機関及びCRO企業等との戦略的な提携を締結し、医薬品開発の国内及びグローバルでの支援体制の強化を図っています。

内定者の声
・現在、内科の医療機関を担当しています。医療機関での業務の大部分をこなすことができ、全体を把握することができるようになりました。今後は、異なった診療科や環境でさらにスキルアップできたらと考えています。

・2,3年目の若い社員が医療機関で先頭に立ち治験を実施している話しを聞き感銘を受けました。そのような社内の温かい雰囲気や、若い社員が多いにも関わらず切磋琢磨し、スキルアップできる環境に魅力を感じアイロムへの入社を決めました。

若い人が活躍できる会社です。

アイロムは会社内が明るくきれいで、面接官の方が若くて話しやすいというのが第一印象でした。若い方が多く働いているので、みんな積極的に後輩指導を行う活気にあふれた会社だと感じ、アイロムへの入社を決めました。

社員の声
・治験とは、遺伝子治療やiPS細胞などの先端医療を含め、開発される治療法や薬の候補物質が、本当に病気に効果を発揮できるのかどうかを研究・精査・確認していく取り組みです。人と医療や薬との間に、命の橋を架けていく治験は、非常に大きな役割を担い、貢献できることは、たくさんあります。

・若手社員でも大きなプロジェクトに参加させてもらえることや、風通しの良い社風などが特徴です。日々学ぶことが多く、生涯、研鑽していかなければいけない仕事ですが、常に新しいことにチャレンジできるこの仕事が気に入っています。

やりがいが高い仕事です。

治験が治験実施前から終了まで正しく行われるためには、治験依頼者様、医療機関のスタッフ(医師、看護師、検査技師等)等と頻繁な打ち合わせを行う必要があり、自分のコミュニュケーション能力が試されます。求められる仕事の質も高くなってきましたが、その分成長できるやりがいのある仕事と感じています。

選考の流れ

内定を目指してがんばっていきましょうね。
応募方法
(「応募する」ボタン)からお問合せください。
選考プロセス
ステップ1書類選考・筆記試験
 ▼
ステップ2面接(2回)
 ▼
ステップ3内定

アイロムでは対話を重視した選考を行っています。分からないことは、面接で遠慮せずに聞いてください。応募から内定までおよそ2週間~1ヶ月前後かかります。

成功CRC経験者の転職成功事例

他の方のCRCへの転職体験談も参考になります。

役立つ情報あわせて読みたいCRC経験者向けの記事や情報

CRCへ転職する際に必要な知りたい情報が満載です。

書物仕事内容&業界研究

治験業界や仕事内容についてもう少し知りたい方はこちら。

履歴書履歴書作成&面接対策

応募書類や面接対策についてもっと知りたい方はこちら
治験コーディネーター(CRC)の掲示板
治験コーディネーター(CRC)の新着求人メール

転職サポート申し込みはこちら

ステップ1
まずは申し込み。入力は1分で終わります。
ステップ2
希望にマッチした求人情報を提供します。
ステップ3
書類選考・面接
ステップ4
内定・入社
入社後もずっとサポート!
転職相談に申込む

年収査定はこちら

  • 転職するときに、もっとも重視する条件の一つが「給料」です。

    治験コーディネーター(CRC)へ転職したときに自分のキャリアや経験がどれだけ評価されるのか、気になりますよね。

    こちらではあなたのプロフィールから、治験コーディネーター(CRC)へ転職したときの「年収」を予想します。

    転職活動の目安にしてみてはいかがでしょうか。
年収査定はこちら

合格予想はこちら

  • 「臨床経験が少ない」「転職回数が多い」など、選考に通過できる自信がなくて応募を迷っている方は意外に多いんです。

    こちらはあなたのプロフィールから、治験コーディネーター(CRC)へ応募した時の「書類選考の通過率」や「面接の合格率」を予想します。

    前もって合格率が分かると転職活動の無駄な手間が省けますよ。
合格予想はこちら

掲示板で質問をする

  • ちょっとした「悩み」や、ふとした「疑問」を気軽に掲示板で質問してみましょう。

    面倒な登録をしなくても、匿名ですぐに質問できます。分からなかったあなたの質問をみんなで解決できます。

    現役の治験コーディネーター(CRC)や人事担当者が回答してくれるかもしれませんよ。
みんなに質問をする
マンガで分かる!CRC経験者の転職
治験コーディネーター(CRC)経験者の転職成功事例
履歴書・職務経歴書自動作成ツール
アンケート謝礼金のご案内

CRC経験者の転職状況と心構え

転職状況
2010年ごろまでは各SMOとも業績が右肩上がりでした。そのため、治験コーディネーター(CRC)経験者の数が不足し、治験コーディネーター(CRC)経験者に対しては給料にプレミアムの金額を上乗せして、高い給料を払ってでも働いてもらったほうが会社の利益になるため、各SMOともに活発に採用活動を行っていました。治験コーディネーター(CRC)経験者にとっては転職すると年収が50~100万円ほど上がることも珍しくないような空前の売り手市場が続いていました。

しかし、昨今はSMO市場の成長はほぼ止まっています。その結果、転職によって年収をアップさせるより、ダウンさせる方のほうが多くなってきています。

また、治験コーディネーター(CRC)経験者の数が年を追う毎に増えていることに加え、大手SMOを中心に都市部では採用を新卒へ切り替え、中途採用そのものを行わないケースが見られるようになってきました。そのため、各SMOでは治験コーディネーター(CRC)経験者の不足感はほとんどなくなっており、治験コーディネーター(CRC)経験があっても転職そのものが難しくなってきていると言えます。

同様に院内CRCの求人も引き続き厳しい状態が続いています。
心構え
現在の治験コーディネーター(CRC)の転職市場は、売り手市場から買い手市場へと変化していると言えます。SMOの数自体が、再編・淘汰により減少の傾向にあり、業績が伸び悩むSMOも増加しています。また、SMO・病院のいずれも新卒採用を活発化しているため、中途採用の枠自体が大きく減っています。

治験コーディネーター(CRC)の転職市場が完全に買い手市場へと変化する前の今は、治験コーディネーター(CRC)経験者にとって長期的に働けるSMOへ転職できる最後のチャンスである可能性があります。

京都府の求人状況

求人数
求人数が普通の状況です。
難易度
数名の治験コーディネーター(CRC)の求人が発生しています。
心構え
治験コーディネーター(CRC)への転職を成功させるためには、応募者の経歴や人柄だけでなく、応募するタイミングも大切な要素です。現在は求人数が数名と少ないため、治験コーディネーター(CRC)への転職を考えている方はすぐに募集先へ問い合わせてみましょう。
特徴
治験コーディネーター(CRC)の応募者数が、求人数より多いエリアです。そのため、治験コーディネーター(CRC)へ転職するチャンスが小さいエリアと言えます。

会社数は少ないため選択肢は多くありません。1社1社を必勝体制で応募する必要があります。大阪方面の求人も合わせて検討すると転職できる可能性はグンと広がりそうです。

治験各社が常駐型CRCを募集していることも多いですので見逃さないようにしましょう。
勤務地
勤務地は京都市内が多いようです。
CRCの人数
京都府の治験コーディネーター(CRC)の人数はおよそ55人前後(内訳はSMOが30人、病院・クリニックが25人)と推測され、 毎年5人前後の求人が発生していると予想されます。

京都府に事務所があるSMO

京都府の主な病院

アイロムの口コミ

面接
面接担当官の2名の方が、和やかな面接スタイルでとても好感が持てました。働きやすそうな職場環境で面接前よりも意欲が高まりました。

(聞かれた質問)
 ・簡単な治験や条件面に関しての説明
 ・自己紹介(PR・経歴紹介を含めて3分程度で)
 ・臨床検査技師を目指した理由
 ・退職理由
 ・どうしてCRCになろうと思ったのか
 ・何故アイロムなのか
 ・CRCの仕事について説明してください。
 ・CRCになった後の目標
 ・CRCにとって大切だと思うこと
 ・治験データ改ざん問題についてどう思うか
 ・健康面
 ・家族構成
 ・趣味
 ・休日の過ごし方
 ・前職年収
 ・希望年収
 ・いつから勤務できるか(2013年)
面接
聞かれた質問

・現在の職場を退職希望する理由
・看護師の仕事に未練はないか
・家族に医療関係者はいるか
・どうしてCRCになろうと思ったか
・いつ退職するか、いつから入職が可能か
・GCPについて知っているか、自分の言葉で説明して
・仕事以外に例えば英会話など、勉強をしているか
・通勤時間はどれぐらいまでなら我慢できるか
・家から最寄りの駅まで行くのにかかる時間
・東京への研修は3日間あるが大丈夫か
・CRCはどのような仕事だと思うか
・CRCとしてあなたはチームでどのような役割になると思うか
・仕事をする上で大切だと思うこと
・家族構成、夫の仕事への理解の有無、家族協力の有無
・仕事で大きなストレスを抱えたときのことを話して
・仕事でストレスができた時の解決方法
・他の企業は応募しているか
・他の企業に比べてアイロムのどこが良かったか
・どうしてアイロムに応募したのか
・残業はできるか、土曜日出勤はできるか、研修などが残業時間帯に入ることが多いが大丈夫か
・CRCとして入職後試験があり勉強が大変だが大丈夫か
・希望年収
・何か質問はありますか?(2013年)
人間関係
上司や同僚と協調しながら仕事を行える環境です。最初の研修の期間は短かったですが、現場で仕事に携わりながら丁寧に学ぶ期間がありました。その後も、上司だけでなく、同僚とも相談しながら仕事を続けられました。仕事は忙しいですが、人間関係が疎かになるほど仕事に集中する必要まではない環境でした。家庭の事情により残業ができなくなったり、フルタイムで働けなくなった時も、親身に相談にのっていただき対応いただけました。(2018年)
人間関係
人間関係が良いと聞いて入社しましたが、たしかに良いと思います。理由は20~30代前半の社員が多いためか、楽しい雰囲気があることや、チームで仕事をするため、個人個人に対する仕事のプレッシャーが少ないからだと思います。(2018年)
面接
最初に試験がありました。治験についても専門的な用語を確認するもので、事前に勉強をしたうえで受けたほうがよいと感じました。準備不足もあり、面接の質問では上手に返答できないところもありました。(2015年)
治験コーディネーター(CRC)の口コミ

検討中リスト0件

最近見た求人0件

保存した条件0件

CRAばんく

PAGE
TOP